1日短時間でできる大人にお勧めの簡単で
効率的な英単語の覚え方を紹介します。

大人の脳の特性を知る

丸覚えができるのは12才くらいまでで、
左脳が発達しきる13才くらいからは物事を
論理的に理解して記憶するようになります。

丸覚えができない大人の脳は、
英単語の丸暗記できないので
英単語帳を使うことはお勧めできません。

 

また、脳は複数の物事を関連づけて
インプットすると記憶しやすくなります。

よって、関連性のない英単語がランダムに
並んでいる単語帳だと丸暗記できる子供でも
英単語を覚えることが大変です。

 

あと、脳は感情とセットで入ってきた
情報は1回でも記憶することがあります。

この理由は、危険な目にあったりして
「危ない!」と感情が動いた時に、
その情報を1回で記憶することで何度も
危険な目にあうことを回避できるためです。

 

これは生存本能に関わる機能なので、
英単語も感情とセットで脳に入れると
少ない繰り返しで記憶することができます。

これらの脳の特性をふまえると、
大人の脳は複数の情報を関連付けて、
感情とセットで英単語をインプットすると
短時間で覚えることができます。

大人の英単語の覚え方

そこで、好きなアニメ、ドラマ、
映画を観ると感情が大きく動き、
これらは映像、ストーリー、英単語などが
関連づいて脳に入るのでお勧めです。

さらに、音読すると黙読の時と比べて
学習効果が5倍~10倍になるので、
覚えたい英文を声に出して言う練習をすると
さらに早く英単語を覚えることができます。

 

あと、新しい情報を記憶するには1ヶ月に
平均7回(7日)のインプットが必要なので、
同じ英文を1週間繰り返し練習することで
1日の練習が短時間でも英単語を覚えられます。

そして、脳には急激な変化を嫌う
安定化指向という特性があるので、
1日に長い時間練習すると脳が嫌がります。

 

逆に、1日10分くらい短時間の練習を
毎日行ったほうが脳の特性にあっています。

複数の情報を関連付け、感情とセットで
インプットすると7回繰り返す前に覚えて
しまうこともあるのでぜひ試してみて下さい。