英語のスピーキングを留学中に学校で上達・
留学後に維持するコツを紹介します。

留学すれば英語を話せるようになると思って
海外で英会話学校へ通っても多くの日本人は
英語を話せるようになりません。

留学で上達しない理由

それは、英語を話せないまま留学すると、
外国人と話すことができないので必然的に
クラスにいる日本人と日本語で話をします。

そして、一度仲良くなってしまうと、
休み時間も、昼休みも、放課後も、休日も
一緒に過ごしてしまい、海外にいるのの
日本語環境での生活になってしまうからです。

 

私は他の人と違って英語しか話さないつもり
だから大丈夫という方がいるかもしれませんが、
英語での会話がままならず誰とも話せないと
孤独感やストレスを感じます。

そして、そんな時に周りに日本人がいたら
ほぼ確実に日本語で話してしまいます。

 

なぜこのように言いきれるかと言うと、
私が留学している時にこのような日本人を
本当にたくさん見かけたからです。

私は英語しか話さないと決めていたので、
学校で日本人に日本語で話しかけられても
英語で答えていました。

 

そうしたら、英語を話すチャンスなのに、
ほとんどの日本人は他の日本人のところへ行き、
日本語で会話していました。

お金と時間を無駄にしている日本人が本当に多い、
と留学中に思いました。

留学中に上達するために

海外留学するメリットは英語環境を作れるからで、
日本人と日本語で話しているなら日本にいるのと
ほとんど変わりません。

海外留学で英語のスピーキングを伸ばすコツは、
日本人の誘惑に負けず、外国人の友達を作って
できるだけ英語を話すことです。

 

そのためにも、留学してからがんばろうではなく、
留学する前に少しでも英語で会話できるようにする
ことがポイントです。

そうすれば学校へ通い始めた時にクラスにいる
外国人と英語で話すことができるので友達になり、
英語環境で過ごすことができます。

 

この日本人と友達になるのか、
外国人の友達を作るのかという最初がすごく大事で、
ここで全てが決まるといっても過言でありません。

せっかくお金と時間を使って海外へ留学するなら、
留学中にできるだけ英会話を上達させたいと思うので
ここまでにお伝えしたことは気をつけて下さい。

 

そして、留学中に英語を話せるようになれば、
留学後はスカイプの英会話レッスンなどを使えば
格安で英会話力の維持や上達させることができます。

留学前に日本で英会話を上達させたい場合は、
脳の特性に沿った英会話習得法が書かれている
以下の書籍がお勧めです。

90分で身につける!英会話マスター脳