中学生から中高年まで誰でも
英語のスピーキング速度が速くなる
早口言葉の練習法を紹介します。

早口言葉が効果的な訳

英語の発音は日本語と大きく異なり、
口の形や舌の動かし方が違うので
日本人が英語のスピーキングをする時に
速く話すことができません。

英語のスピーキング速度を上げるには、
英語を話す時の口の形や舌の動きに
慣れる必要があります。

 

そして、その方法は幾つかありますが、
早口言葉を使った練習は子供から大人まで
誰でも簡単にできるのでお勧めです。

早口言葉は自分で考える必要はなく、
すでにあるものを声に出して言うだけでよく、
インターネットで「英語 早口言葉」などと
検索すればたくさん出てきます。

Youtubeの動画で練習

しかし、音読する時に発音も意識して、
正しい発音で言えるようになるとリスニングも
上達するのでYoutubeの動画がお勧めです。

Youtubeで検索すると早口言葉だけでなく、
英語のネイティブスピーカーやバイリンガルが
早口言葉を言っている動画があります。

 

その動画の発音をまねて言うようにすると、
英語のスピーキング速度が上がると同時に、
リスニング力もアップさせることができます。

動画を観た後、最初から速く言うのではなく、
最初は正しい発音を意識してゆっくり練習し、
少しずつ速く言うようにしましょう。

脳の特性に沿って練習

最初から速く言おうとして雑に言ってしまうと、
繰り返し練習して速く言えるようになっても
相手が理解できない発音になってしまいます。

最初はゆっくりでも繰り返し練習すれば必ず
速いスピードで言えるようになっていくので、
最初はゆっくり丁寧に言うことを心掛けましょう。

 

同じ早口言葉を繰り返す回数ですが、
1ヶ月に7回くらい同じ情報をインプット
すると脳は記憶するようにできているので、
1つの早口言葉は最低1週間は練習すると
その早口言葉の英文に使われている
英単語なども覚えることができます。

あと、脳には安定化指向といって
急激な変化を嫌うという特性もあるので、
短い早口言葉から練習してスラスラ言える
ようになったら少しずつ長い早口言葉で
練習するようにすると継続しやすくなります。