英語のリスニングは右耳、
ヒアリングは左耳で行うと効果的です。

リスニングとヒアリングは同じではなく、
リスニング(listening)は集中して聴く、
ヒアリング(hearing)はなんとなく聞く
聞き流しのような意味があります。

右脳と左脳の違い

そして、右耳は左脳と、
左耳は右脳と繋がっており、
言語処理は左脳で行われているので、
集中して聴くリスニングの練習をする時は
右耳で行ったほうが効果的です。

大人になると分からない英文を
聞き流しても効果は得られませんが、
完全に理解した英文を聞き流して
復習するのは効果があります。

 

完全に理解した英文は潜在意識
(せんざいいしき)に蓄積されますが、
右脳=潜在意識なので聞き流す時は
左耳で聞くと効果的かもしれません。

しかし、リスニングの練習をする時に
片耳だけ使うほうが面倒だと思うので、
理屈は説明しましたが両耳から聞いて
練習すればよいと思います。

大人は左脳を使う

それより大事なのは、
日本では聞き流し教材が効果があるように
宣伝されていますが、聞き流しで言葉を
覚えられるのは3才までです。

3才までは右脳しか動いておらず、
聞いている言葉を左脳で理解せずに
そのまま右脳に入っていきます。

 

そして、潜在意識に溜まっていった言葉が
「パパ」「ママ」というように口から飛び出して
突然話せるようになります。

しかし、4才から左脳が発達し始めると
聞き流しでは言葉を覚えられなくなります。

 

4才から12才くらいまでは聞いた言葉を
丸覚えして覚えていきます。

そして、13才になると左脳が発達しきって
英文を丸覚えすることができなくなるため、
英文の意味を一度日本語で理解してから
集中して聴く練習をする必要があります。

 

効果が出ない間違った方法で努力すると、
上達しないので自信をなくしていまいます。

よって、最初の段階から脳の特性に沿った
正しい方法で練習することが大切です。

 

以下の書籍で大人の脳の特性に沿った
英会話の上達ほうが解説されているので、
努力のわりに上達していないという方は
一度お読み頂ければと思います。

90分で身につける!英会話マスター脳