英語のリスニングを短期間で上達させるには、
細かい文法より語順感覚を身につけることが
ポイントになります。

文法より大切なこと

日本人は学校の勉強で不定詞、動名詞、
分詞、関係代名詞といった難しい英文法を
勉強しているので、これらを覚えないと
リスニングが上達しないと勘違いをしますが、
大事なのは主語→動詞という英語の語順が
リスニング力をアップさせるために重要です。

 

そして、特に最初の3単語を聞き取ることに
集中して繰り返しリスニングの練習をすると
短期間で上達します。

これは、英語は疑問文ならDo, Does, Didが
文頭に置かれてDo 主語 動詞という形になり、
否定文ならdon’t, doesn’t ,didn’tが動詞の
前に置かれて主語 don’t 動詞という形になり、
最初の3単語を聞き取ると疑問文と否定文も
分かるためです。

 

最初の3単語が聞き取れるようになると、
結論が分かるので相手が何を言いたいのか
かなり理解できるようになります。

よって、最初は細かい英文法は気にせず、
最初の3単語を集中して聴く練習をしましょう。

まずは全体を把握する

もう一つ、短期間でリスニングを上達させる
数当てという練習方法があります。

これは、英文を聴く時に意味を考えずに、
使われている英単語の数だけに集中して
何単語で構成されているかを当てる練習です。

 

この練習をすると日本語と違う英語の周波数や、
英語のスピードやリズムに脳が慣れていきます。

最初の3単語を聞き取って、
英文の意味を理解することが難しい場合は、
まず数当てから始めることをお勧めします。

 

そして、数当ての正解率が上がってきたら
英文の最初の3単語を聞き取る練習をして、
それができるようになったら英文全体の意味を
意識して聴く練習というように階段を上るように
練習するとストレスなく短期間で上達します。

これは、すでに自分が持っている教材や
CD付き書籍を使ってでき費用もかからないので、
ぜひ試して頂ければと思います。