セブ島の語学学校 NILSの評判

NILSの評判がいい理由

NILSの一番の強みは、日本人スタッフの数です。

 

他の語学学校の日本人スタッフは多くて3人位ですが、
NILSには日本人スタッフが20名以上います。

 

 

 

日本人に合わせたキメ細かいサポートが受けられるため、
他の学校と比べるとNILSの評判は凄く良いです。

 

英語以外のところでストレスを抱えると
レッスンに集中できなくなり、語力アップに支障がでるので、
初めて海外留学するといった初心者の方は、
NILSのような日本人スタッフが充実した学校がお勧めです。

 

 

フィリピンには韓国系の語学学校がたくさんありますが、
韓国系の学校だと日本人スタッフが1人もいないこともあり、
困ったことがあっても全て英語で伝えなければなりません。

 

既に英語を話すことができ、英語で困っていることや
要求を伝えることができれば英語の実践練習になるので、
海外慣れしていて英語環境に身をおきたいという方は
韓国系で日本人スタッフがいない語学学校でよいと思います。

 

 

しかし、これから留学を考えている初心者の方にとっては
難しいことだと思います。

 

日本人スタッフが少ない学校も、
1人で何十人という生徒の対応をしなければならないので、
キメ細かいサポートを受けるのは難しくなります。

 

 

私はクラークとセブ島で1ヶ月ずつ語学学校に通いましたが、
クラークの学校は日本人スタッフが1人、
セブ島の学校は日本人スタッフが2人しかいませんでした。

 

クラークに留学した時は4月〜5月で、
時期的に日本人の生徒が少なかったので良かったですが、
8月にセブ島に留学した時は夏休みの大学生がたくさんいて
スタッフ2人で100人以上の生徒をサポートしていました。

 

日本人スタッフの1人は、忙しさでよくため息をついていたり
イライラしているように感じる時もありました^^;

 

 

評判がいいもう一つの理由は、
同じ会社が学校と留学センターを運営していることです。

 

 

通常、フィリピンの学校と留学センターは別の会社です。

 

留学センターがフィリピンにある語学学校を一括管理している
というのが一般的です。

 

 

よって、学校に関して質問すると自分→留学センター→学校
と間に留学センターが入るので回答までに時間がかかったり、
学校に行ったら回答内容と違っているということがあります。

 

私が留学した時も、
部屋にテレビがあると情報に記載されていたのになかったり、
フィリピンの祝日で3日休校日があると言われていたのに、
実際は5日も休校日があったということがありました。

 

 

学校と留学センターは別会社なので、
申し込むまでは留学センターも親切にサポートしてくれましたが、
お金を払った後はほったらかしになりました。

 

その点、NILSは学校と留学センターの運営会社が同じで
連携がとれているので安心
です。

 

 

留学前に無料でセミナーに参加したり、カウンセリングを受けて
自分だけのオリジナルプランを立てられるのも魅力です。

 

遠方で会場に行けない方はスカイプで受けられます。

 

 

NILSの1週間4時間コースは、
宿泊費+食事込みで63,500円〜。

 

10時間レッスンや土日レッスンなど、.
個人に合わせたマンツーマンレッスンで
効率的に弱点を克服できます。

 

フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

 

 

≫NILSの英会話レッスンの内容へ

 

sponsored link