英語が聞き取れない5つの理由とリスニング上達のコツとは?

英語が聞き取れない理由とリスニング上達のコツ

英語のリスニングが上達しない
日本人はたくさんいます

日本人である僕も、以前は英語が
聞き取れないことでイライラしたり
悔しい思いをしてきました。

 

しかし、英語が聞き取れない理由
を理解し、それに対策することで、

短時間の練習で英語のリスニングが
上達するようになりました

 

そこで、ここでは、多くの日本人の
英語のリスニングが上達しない理由と、

短時間の練習でリスニングが上達する
コツや練習法
についてご紹介します。

英語が聞き取れない理由

日本人が英語が聞き取れない理由を知り
その原因を解決する練習をすることで、

やみくもにリスニングの練習をするより
効率よくリスニングは上達します。

 

そこで、まずは多くの日本人が、
英語が聞き取れない5つの理由について
以下にご説明します。

英語が聞き取れない理由

 

日本語と英語の形の違い

以下の例文のように

「私は、そこへ行きました。」

日本語は主語が最初で
動詞が最後にきますが、

 

以下の例文のように、

I went there.

英語の形は主語の次に
動詞がきます。

 

このように、日本語と英語は
文の形が全く異なります。

 

そして、日本語は文末に結論がくるので、
日本人は文の最後を集中して聞く習慣を
無意識に持っています

しかし、英語の結論は動詞のすぐ後ろで、
日本語を聞いている感覚で英語を聞くと
結論を聞き逃してしまいます。

 

I went there.くらいの短い文なら
文の形の違いも気になりませんが、

以下のように文が長くなればなるほど
日本語との形の違いから結論を聞き逃し
英語が聞き取りにくくなっていきます。

I went there with my friends yesterday.
「私は、そこへ行きました。」

I went there with my friends after I finished my work.
「私は仕事を終えた後、友達とそこへ行きました。」

 

これが、多くの日本人が
英語が聞き取れない理由の一つで、

英語のリスニングを上達させるためには
結論がある文の最初を集中して聞き取る
練習をすることがコツ
になります。

 

周波数とスピードの違い

日本人が英語を聞き取れない2つ目の
理由
は、周波数とスピードの違いです。

 

まず、英語の話されるスピードが
日本語より速いことは明らかです。

なので、英語のリスニングを上達
させるには英語のスピードに慣れる
練習をする必要があります。

 

スピードの違いに加えて、
周波数の違いも多くの日本人が
英語が聞き取れない理由です。

 

日本語の周波数帯は低くて狭く
英語の周波数帯は高くて広い上に
周波数が交わっていないので、

日本人が英語を聞き取るには
英語の周波数帯の音を聞き取れる
ようにすることが必要です。

 

そして、それにはたくさん英語を
聞く練習をすることが大切ですが、

やみくもに英語をたくさん聞けば
いいという訳ではありません。

 

英語のまま理解できない

聞いた英語を日本語に訳さず
英語のまま理解することを推奨
している方がたまにいますが、

10年などの長い間、海外で生活したり、
日本でも外資系企業に勤めていたりして

毎日英語に長時間触れられる英語環境で
英語を習得した方がほとんどです。

 

海外に住んでいたりして
自然に英語に触れられるならまだしも、

外資系企業に勤めたりしていないのに
日本に住みながら英語環境を作るのは
よほど意志が強くないと挫折します。

 

日本語環境で大人になると、
英語ネイティブやバイリンガルのように
英語のまま理解することができないので、

脳内で英語から日本語に訳して理解する
というプロセスが必要になります。

 

日本語にたくさん触れる日本語環境で
限られた時間しか英語に触れずに英語
のリスニングを上達させたい場合には、

英語環境で習得した人達とは全く違う
アプローチが必要になります

 

間違った聞き取り練習法

英語が聞き取れない大人が多いのは、
間違った方法で練習していることも
大きな原因です。

このことを理解していただくために、
子供と大人の脳の違いから解説します。

 

右脳しか動いていない3才位までは、
聞き流していれば英語を聞き取れる
ようになります。

ただ、4才位から左脳が発達し始めると、
聞き流しでは言葉を覚えることが難しく
なっていきます。

 

そして、4才位から左脳が発達しきる
12才位までは言葉を丸覚えして理解
できるようになります。

これより、ただ聞いているだけで
英語の聞き取りが上達していくのは
小学生位までということになります。

 

最後に、13才位で左脳が発達しきると、
丸覚えもできなくなり、物事を論理的に
理解して覚えるようになります。

よって、大人は英語を聞いているだけで
聞き取りが上達することはありません。

 

日本には、聞き流しや聞いているだけで
英語のリスニングやスピーキングが上達
すると宣伝されている教材があります。

しかし、大人に効果はありません。

 

大人の脳は論理的に物事を理解するので、

まず英文の内容(日本語の意味)を理解し
その英文を集中して聴くという練習をする
ことが必要になります。

 

聞き取れないというイメージ

ここまでに、日本語と英語の違いや
間違った練習法が原因となっている、

日本人が英語が聞き取れない理由
ご説明しました。

 

そして、これらの理由を知らずに
間違ったやり方で練習をし続けて
英語のリスニングが上達しないと、

自分は英語が聞き取れないという
イメージが強くなってしまいます。

 

そして、英語のリスニングに対して
マイナスのイメージが強くなると、

そのマイナスイメージがが原因となり
さらにリスニングが上達しないという
負のスパイラルに陥ります。

 

それは、人間の脳はイメージしたことを
実現させるようにできているからです。

 

意識には、顕在意識(けんざいいしき)と
潜在意識(せんざいいしき)がありますが、

顕在意識は普段、使っている意識のことで、
潜在意識は無意識(むいしき)のことです。

 

そして、潜在意識は顕在意識より
はるかに大きな力を持っています。

 

例えば、僕達の心臓は無意識
によって動かされていますが、

意識で心臓を止めようとしても
止まりません。

 

このくらい無意識のほうが力が強いので、
何でも無意識に思っていたり、無意識に
イメージしていることが実現するのです。

 

英語のリスニングでも同じことが起こり、

潜在意識にマイナスイメージが蓄積されて
無意識の中で聞き取れないと思っていると、

意識してリスニングの練習を頑張っても
無意識が英語が聞き取れないという現実を
作り出してしまいます。

 

そこで、リスニングが上達しないという
マイナスイメージを強く持っている場合、

そのマイナスイメージを持ったまま練習
しても努力している割に上達しないので、

自分は英語が聞き取れるようになるなど、
プラスのイメージを持って正しい方法で
練習する必要があります。

 

マイナスイメージが出た時に
プラスに変える方法は簡単で、

練習する前に目を閉じて深呼吸をして
英語を聞き取れるようになった自分を
イメージをするだけでOKです。

 

そして、正しい方法で練習することで
上達を感じれば、リスニングに対して
プラスのイメージが持てるようになり、

プラスのイメージを持って練習することで
さらにリスニングが上達するというように、
どんどん上達が加速していきます。

 

ここで言う正しい方法とは、

日本語環境で、日本人の大人が
英語のリスニングを上達させるための
脳の特性沿った練習法です。

 

具体的なリスニングの練習法については、
このページの最後でご紹介します。

その前に、脳科学的なリスニング上達の
コツについてお伝えします。

 

リスニングを上達させるコツ

脳の特性はみんな同じなので、

ここまでに解説したリスニングが
上達しない理由をおさえた上で、

脳の特性に沿って練習すれば誰でも
必ず英語のリスニングは上達します。

 

そこで、ここからは脳の特性に沿って
効率よくリスニングを上達させるコツ
についてお伝えしていきます。

リスニングを上達させるコツ

 

少しずつ自信をつけていく

脳には急激な変化を嫌う
安定化指向(あんていかしこう)
という特性があるので、

何事も一気に変化させようとすると
脳は元の状態に戻そうとします。

 

これが、短期間で急激に痩せる
ダイエットをするとリバウンド
しやすい理由です。

 

英語も同じで早く上達したくて
急に長い時間練習したりすると、

上達しても続けるのが嫌になって
元の状態に戻りやすくなります。

 

そこで、脳には少しずつなら変化できる
可塑性(かそせい)という特性もあるので、

最初は毎日少しずつ練習するようにすると
ストレスなく練習を続けることができて、

早くて3ヶ月、遅くても1年くらい経つと
大きな上達を感じるようになります。

 

できるだけ早くリスニングを上達させて
プラスのイメージを持てるようにしたい
という気持ちの方が多いと思いますが、

焦って練習しても効果は得られにくいので
脳の特性に沿って少しずつ毎日練習をして
自信をつけていくことがコツです。

 

リスニングの教材の選び方

ここでは、リスニングの練習に使う
教材の選び方について解説します。

まず、自分のレベルに合ったものにし、
それが聞き取れるようになったら少しずつ
難しい英文に挑戦していきましょう。

 

この少しずつ難しい英文にするのも、
脳の可塑性に沿っているので続ける上で
非常に大切なコツになります。

 

また、脳は楽しいと感じている時に
良いパフォーマンスをすることと、

楽しいといったように感情が動くと
それと一緒に脳にインプットされた
英単語などを記憶しやすくなるので、

楽しいと感じる題材を選びましょう。

 

例えば、ディズニーが好きな方なら
ディズニーのアニメやCD付きの絵本
などから始めましょう。

 

絵本が聞き取れるようになったら、
少しずつレベルを上げていき最後は
映画に挑戦してもいいと思いますが、

映画は1本観るのに時間がかかるので、
5分位ずつパートに区切って練習すると
ストレスなく続けられると思います。

 

そして、上級者になったらニュースに
挑戦してみるのもよいと思います。

 

僕は環境問題にすごく興味があるので、
環境関連の英語ニュースが集められた
題材でリスニングの練習をしましたが、

興味があり内容が面白いと感じるので
難しい英単語があっても嫌にならずに
毎日継続することができています。

 

何より練習を継続することが大事なので、
自分のレベルに合っていて楽しいと感じる
題材を選ぶようにしましょう。

 

日本語で意味を理解して聞く

リスニングの練習をする題材を選んだら、
英文の日本語の意味を理解してから聞く
練習をすることが3つ目のコツです。

 

3才位までは聞き流しで言語を習得し、
4才から12才位までの子供は言葉を
丸覚えで習得できます。

よって、日本語で意味を理解しなくても
英語を聞けばリスニングは上達します。

 

しかし、13才位で左脳が発達しきると、
丸覚えすることができなくなります。

逆に13才以降は論理的思考能力が発達し、
左脳で内容を理解して言葉を覚えます。

 

よって、英文の内容を日本語で理解した後、
集中してその英文を聞く練習をすることで
リスニング力はアップします。

2ステップで大変だと思うかもしれませんが、
大人の脳の特性に合っているので上達します。

 

ナチュラルスピードで聞く

リスニングが上達しない理由で、
日本語より英語のスピードが速い
ということをお伝えしましたが、

英語のスピードに慣れるために
ナチュラルスピードで短い英文を聞く
ことが4つ目のコツになります。

 

長文がスロースピードで流れるものが、
高額教材によくあります。

長い英文をスロースピードで聞いても、
実際にネイティブが話す英語を理解する
ことはできません。

 

さらに、脳には安定化指向があるので、
耳がスロースピードに慣れてしまうと
そこから抜け出すのが大変になります。

 

これは僕の体験談ですが、教材を使って
長い英文をスロースピードで聞いていたら、

遅いスピードに脳が慣れて通常スピードの
英語を聞き取れるようになるまでにすごく
時間がかかってしまいました…。

 

よって、短い英文でいいので最初から
ナチュラルスピードで練習することで、

英語のスピードに脳が慣れていき、
少しずつ長い英文で練習するようすると
早くリスニングが上達します。

 

腕立てを100回できるようになりたい時に
まずは5回できるように繰り返し練習をして、
できるようになったら回数を10回に増やし、

その後も、20回、30回と腕立ての回数を
増やしていけば最終的に100回できるよう
になるのと似ています。

 

ナチュラルスピードの速い英語の文章を
最初は5単語くらいまでの英文で練習して
できるようになったら7単語→10単語と、

少しずつ長い英文にして練習していけば
長い英文でもネイティブが話すスピードで
聞き取れるようになります。

 

聞き取れない時は目を閉じる

脳は視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の
5つの感覚から情報を取り入れますが、

1度に一つの感覚からの情報しか脳に
送られないようになっています。

 

例えば、何かを見ている時には視覚
(目)から入ってきている情報だけが
神経を通って脳に伝達されています。

この時、聴覚(耳)、嗅覚(鼻)、
味覚(口)、触覚(肌)からの情報は
脳に伝達されていません。

 

また、日常の中で人間は80%の情報を
視覚から取り入れていると言われており、

目を閉じて視覚からの情報を遮断すると
より聴覚から入ってくる情報に集中する
ことができると思われます。

 

目を閉じてリスニングの練習をすると、
英語が聞き取りやすいと感じる方は多い
のではないでしょうか?

よって、リスニングの練習をしていて、
英語を聞き取れない時は、目を閉じて
聞いてみましょう。

 

ただ、脳は複数の情報を関連づけて
インプットしたほうが記憶しやすいので、

英単語などを覚えることを考えると
目を開けて視覚と聴覚から情報を入れて
練習したほうがいいです。

 

目を閉じて聞く練習をするのは
どうしても聞き取れない場合にし、

目を閉じて聞き取れるようになったら
目を開けて聞く練習をしましょう。

 

効果的なリスニングの練習法

ここまでお伝えしたコツをおさえて、
正しい方法でリスニングの練習をすれば
英語は聞き取れるようになります。

 

そこで、以下では初心者でも簡単にできる
英語のリスニング上達に効果的な練習方法
について紹介しています。

主要英文法を27ページにまとめた