effect・influence・impact・impressの違い!影響を英語で

effect・influence・impact・impressの違い

英語で「影響」を表す名詞の
effect・influence・impactは、
以下のような違いがあります。

effect:何らかの原因からくる「影響」

influence:じわじわ効く間接的な「影響」

impact:直接的にのしかかる強い「影響」

 

impressは、「印象を与える」や
「感動させる」という意味から
「影響」という意味を持っていますが、
動詞として用いられることが多いです。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
effect・influence・impact・impressの違い
と使い方について例文を用いて解説します。

effectとinfluenceの違い

effectは、結果を引き起こす「効果」や
原因から直接引き起こされる結果という
意味での「影響」を表します。

 

effectが直接的な影響であるのに対し、
influenceはじわじわ結果や効果が出る
間接的な「影響」を表します。

effectとinfluenceの違い

 

effectとinfluenceの発音は、
それぞれ以下になります。

・effect

・influence

 

それでは、以下に例文を用いて
effectとinfluenceの違いや使い方
について詳しくみてみます。

 

effectの例文と使い方

以下はeffectを用いた例文ですが、

The method had a positive effect on our study. 
「その方法は、私達の学習に良い影響を与えた。」

その方法を実践したら
良い結果が出たというように、
その方法が私達の学習に直接的に
良い影響をもたらしたことを表します。

 

have an effect on ~ で、
「~に影響を持つ」という直訳から
「~に(直接的に)影響を与える」
という意味になります。

 

以下では、「影響する」という意味の
affectとeffectの違いを解説しています。

 

influenceの例文と使い方

以下はinfluenceを用いた例文ですが、

Smoking has a bad influence on our bodies. 
「喫煙は、私達の体に悪い影響を与える。」

タバコを吸うことは私達の体に
直接的に悪い影響を与えるという
ことを表します。

 

そして、have an influence on ~ で、
「~に(じわじわ)影響を与える」
という意味になります。

 

また、以下ようにinfluenceが用いると、

They study the influence of yoga on our body and mind.
「彼らは、肉体と精神に及ぼすヨガの影響を研究している。」

ヨガをすることによる間接的な肉体と
精神への影響という意味になりますが、

 

以下のようにeffectを用いると、

They study the effect of yoga on our body and mind.
「彼らは、肉体と精神に及ぼすヨガの影響を研究している。」

日本語の意味は同じでも
肉体と精神への“直接的な”影響
という意味になります。

 

effectとimpactの違い

impactは「衝撃」や「衝突」
という意味もあることから、

effectより強い直接的な「影響」
という意味で用いられます。

impactの例文と使い方

 

impactの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
effectやinfluenceとの違いと合わせて
impactの使い方をみてみます。

 

impactの例文と使い方

以下はimpactを用いた例文ですが、

The singer had an impact on my life.
「その歌手は、私の人生に影響を与えた。」

その歌手が私の人生を変えるような
大きな影響を与えたことを表します。

 

have an impact on ~ で、
「~に(大きな)影響を与える」
という意味になります。

 

人生を変える直接的な影響ではなく、
間接的に影響を与えたという場合は
以下のようにinfluenceを用います。

The singer had an influence on my life.

 

また、強い影響ではなく、
直接的な普通の影響という場合は
以下のようにeffectを用います。

Efforts has effect on results.
「努力は、結果に影響する。」

 

この例文は、努力は結果に
直接的に影響を与えるという
普通の影響を表しています。

 

impressの意味と使い方

impressは、人を「感動させる」
人に「強い影響・印象を与える」
という動詞としても意味から、

「影響」や「印象」という意味の
名詞としても用いられます。

 

ただ、impressは名詞としてより、
以下の例文のように動詞として
用いられることが多いです。

His boss impresses him.
「彼の上司は、彼に強い影響を与えている。」

 

以下はimpressを用いた例文ですが、

She was impressed by his behavior.
「彼女は、彼の振る舞いに感動した。」

be impressedと受動態の形で
「感動させられる」という直訳から
「感動する」という意味になります。

 

impressの過去形と
過去分詞は共にimpressedで、
発音はそれぞれ以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、effect・influence・
impact・impressの違いと使い方
について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ