英会話ができない人が、できるようになるには?学び方のコツ

英会話ができるようになる学び方のコツ

僕も以前そうでしたが、
日本には英会話ができない人が
本当にたくさんいます

 

英会話ができるようにならない
日本人がたくさんいるのは、

英語の能力が低いのではなく、
効率よく英会話をマスターする
学び方を知らないからです

 

これは、日本には成果のでない
学び方がいかにも効果があるように
宣伝されていることが原因です。

 

そこで、日本人の大人が
英会話ができるようになるには
どのようにしたらよいのか

ここでは学び方のコツについて
解説していきます。

英会話ができない理由

効率よく英会話をマスターする
学び方のコツをお伝えする前に、

これ以上、成果の出ない方法に
ムダな時間とお金を使わないように、

多くの日本人が英会話ができない
理由についてまずはご説明します。

英会話ができない理由

 

脳の特性に反して学習している

12才くらいまでの子供のうちは
丸覚えて覚えることができるので、

英単語や英語のフレーズを丸覚えして
英語を話せるようになります。

 

しかし、13才くらいからは
丸覚えができなくなるので、

英語を話せるようになるために
大人が英単語や英語のフレーズを
丸覚えするような学習をしても、

なかなか覚えられずいつになっても
英語を話せるようになりません。

 

これも多くの日本人が陥っていますが、

これは聞いているだけでフレーズが
覚えられて英語を話せるようになる

といった英会話教材の宣伝のせいです。

 

また、英会話学校やオンライン英会話も、

外国人のレッスンを受ければ英会話が
上達すると錯覚する宣伝をしていますが、

外国人の先生から英単語やフレーズを
教えてもらっても丸覚えできない大人は
覚えられずなかなか上達しません。

 

13才くらいで左脳が発達しきると
論理的に物事を理解して覚えるので、

まずは英文法を理解し、それを使って
英文を理解してから英語を聞く練習と
英文を組み立てて話す練習が必要です。

 

ただ、英文法といっても学校で学んだ
難しい英文法は英会話では使いません。

これは、次の英会話ができない理由で
詳しく解説します。

 

学校の勉強の延長線上の学び方

日本では中学校で3年間、
高校にも通うとさらに3年間、

合わせると6年間も
英語の勉強をしますが、

英会話ができるようになる人は
ほとんどいません。

 

これは、学校の勉強の延長線上で
英会話に取り組んでもでマスター
できないことを表していますが、

大人になってから英会話を始めると
多くの方が学校の勉強の延長線上で
英会話に取り組んでいます。

 

僕もそうでした…。

 

英会話に必要なのは英語を
聞く&話す能力であるのに対し、

学校の英語は読み書き中心なので、
学校の勉強の延長線上で努力しても
英会話が上達しないのです。

 

特に、高校で学んだ難しい英文法の
ほとんどは読み書きのための英文法で、
英会話ではほとんど使いません。

 

英検やTOEICも学校の勉強の
延長線上のようなものなので、

英語力はアップしても
英会話はできないまま
ということが起こります。

 

TOEICスコアが700点以上あっても
英語を話せない方が多いということを
聞いたことがあるかもしれませんが、

英会話ができるようになるためには
英検やTOEICは遠回りになるのです。

 

これは、多くの日本人が陥っている
英会話ができない原因なので、

当てはまっている方は今すぐやめて
英会話に必要な学習&練習を始める
必要があります。

 

それでは、英会話ができるようになるには
何をしたらよいのか?以下にご説明します。

 

英会話ができるようになるには?

日本人の大人が、日本語環境で
英会話ができるようになるには?

正しい方法だけでなく正しい順番で
学習や練習をすることが大切です。

英会話ができるようになる学び方のコツ

 

そこで、効率よく英会話ができる
ようになる学び方のコツについて
以下に解説していきます。

 

学び方のコツ1:英文法

上でお伝えした通り、

大人は丸覚えができない代わりに
論理的に物事を理解して覚えるので、

大人が英会話をマスターするには
まずは英文法の知識を身につける
必要があります。

 

ただ、高校で学んだ難しい文法ではなく、
英会話で使うシンプルな英文法を学べば
大丈夫です。

 

以下では、英会話で使う英文法と、
英語を話す時の英文の作り方について
解説していますので参考にして下さい。

 

学び方のコツ2:リスニング

英会話で使う英文法を身につけたら、
次にリスニングの練習をします。

 

しかし、ただ英語を聞いていれば、
リスニング力がアップすることは
ありません。

 

子供は英語を聞くだけで上達しますが、

大人がリスニングを上達させる時には
大人の脳の特性に沿って練習すること
が大切です。

 

しかも、大人になると仕事をしていたり、
家事や子育てをしていて練習をする時間を
確保するのが大変だと思います。

なので、1時間や2時間も練習しないと
上達しない方法では続けられません。

 

そこで、大人の脳の特性に沿って、
リスニングを上達させながら英単語も
自然に覚えられる練習法を開発しました。

さらに、スピーキングが上達する土台作り
にもなる1日10分でできる練習法です。

 

以下では、その練習法と練習に使う題材の
選び方について解説しています。

 

学び方のコツ3:スピーキング

学び方のコツ1のところでお伝えした
英会話で使う英文法を理解したら、

それを使って英文を組み立てて英語で
言いたいことを言う練習をします。

 

その時に、学校の勉強で行っていた
英作文のような長い英文を作っても、

会話の最中に、なかなか英文を瞬時に
作って言えるようにはなりません。

 

そこで、英語を話す時の英文の作り方
にはコツがありますが、それについては
練習法と合わせて以下で解説しています。

 

学び方のコツ4:同時に発音改善

発音できない音は聞き取れないので、
正しい英語の発音を身につけることは
話す時だけでなく聞く時にも大切です。

 

しかし、英語の全ての発音をマスター
するには膨大な時間がかかります。

そこで、日本語にない英語特有の音を
まず身につけることをお勧めします。

 

そして、それを可能にするうってつけの
練習法があります。

この練習は、学び方のコツ2で紹介した
リスニングの練習の前に行うことで発音と
リスニング上達の相乗効果が得られます。

 

以下で、英語の発音改善におすすめの
無料の練習法について解説しています。

 

学び方のコツ5:英会話の実践練習

学び方4でお伝えした発音の練習、
学び方2でお伝えしたリスニングの練習、
学び方3でお伝えしたスピーキングの練習

という順番で行うと合計1日10分程度で
英語の発音が改善し、英単語を覚えながら
リスニングとスピーキングも上達します。

 

そして、英会話をするための
英語を聞く&話す基礎が身についたら、
英会話の実践練習をします。

 

その時にお勧めなのが低価格で
外国人と英会話の練習ができる
オンライン英会話ですが、

安いからといってただ毎日レッスンを
受けても上達しません。

 

以下では、英会話の上達に効果的な
レベル別のレッスンを受ける頻度について
解説していますので参考にして下さい。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を