recall・recollect・remember・remindの違いを例文を用いて解説

recall・recollect・remember・remindの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
recall・recollect・remember・
remindの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

recallとrecollectの違い

recallは「思い出す」
という意味ですが、

「呼び戻す」「取り戻す」
という意味もあるように、

過去の出来事を意識的に
思い出す時に用いられます。

 

recollectはrecallより努力して
忘れていたことを頭の中から
思い出す時に用いられます。

recollectは、記憶をだどって
頭の中から思い出したい情報を
探し出すイメージになります。

recallの例文と使い方

 

それでは、recallとrecollectの使い方
を例文を用いて以下に解説します。

 

recallの例文と使い方

以下はrecallを用いた例文ですが、

She likes to recall the trip.
「彼女は、その旅行のことを
思い出すのが好きです。」

彼女が過去にした旅行のことを
意識的に思い出すことが好きで
あるということを表しています。

 

以下のように否定文でも用いられます。

I can’t recall anything about it.
「私は、それについて何も思い出す
ことができません。」

 

この例文は、意識してそれについて
思い出そうとしても思い出すことが
できないということを表しています。

 

recollectの例文と使い方

以下はrecollectを用いた例文ですが、

He recollected his childhood.
「彼は、子供の頃のことを思い出した。」

なかなか思い出せない
子供の頃のことを努力して思い出した
ということを表します。

 

この例文は以下のように
recallを用いることもできますが、

He recalled his childhood.
「彼は、子供の頃のことを思い出した。」

recallは意識すれば思い出せる時に
recollectは一生懸命思い出そうとして
思い出せるような時に用いられます。

recollectの例文と使い方

 

また、recallとrecollectは以下のように
動名詞を目的語に置き「~したことを
思い出す」という意味になります。

He recalled meeting the president.
He recollected meeting the president.
「彼は、大統領に会ったことを思い出した。」

 

過去の出来事を思い出すという意味なので、
rememberのように不定詞を目的語として
用いることはできません。

×He recalled to meet the president.
×He recollected to meet the president.

 

recallとrecollectに対してrememberは
目的語に不定詞を置くことができますが、
recallとrecollectの意味の違いと合わせて
以下で詳しく解説します。

 

rememberとrecall・recollectの違い

rememberにも「思い出す」
という意味がありますが、

recallのように意識的にや
recollectのように努力して
思い出すということではなく、

覚えていることを単に思い出す
というニュアンスになります。

 

よって、「思い出す」という意味では
rememberが一番よく用いられます。

また、rememberには「覚えている」
「覚えておく」といった意味もあります。

 

それでは、以下に例文を用いて
rememberの使い方を解説します。

 

rememberの例文と使い方

以下はrememberを用いた例文ですが、

I remember what he said.
「私は、彼が言ったことを思い出した。」

彼が言ったことを覚えていて
それを記憶をたどって思い出した
ということを表しています。

 

rememberの「思い出す」は、
思い出す時にrecallやrecollect
のように努力は必要ありません。

 

また、以下のように否定文は、
「思い出せない」という直訳から
「覚えてない」という意味になります。

I don’t remember what he said.
「私は、彼が言ったことを思い出せない。」

rememberの例文と使い方

 

日本人はよく「忘れた」と言うので
以下のようにforgotをよく用いますが、

I forgot what he said.
「私は、彼が言ったことを忘れた。」

 

厳密には、一旦脳に記憶されたことは
完全に記憶から消えることはないので
I don’t remember「思い出せない」と
言うのが自然です。

 

remember+不定詞

rememberは目的語に不定詞を
置いて「~することを覚えている」
という直訳から「忘れずに~する」
という意味で用いられます。

 

以下は、例文です。

I’ll remember to call him today.
「私は、今日忘れずに彼に
電話をするつもりです。」

He remembered to do the work.
「彼は、忘れずにその仕事をした。」

 

remember+動名詞

また、rememberは目的語に動名詞を
置いて「~したことを覚えている」
という意味になります。

 

以下は、例文です。

I remember playing with her
in my childhood.
「私は子供の頃、
彼女と遊んだことを覚えています。」

He remembered meeting us.
「彼は、私達に会ったことを覚えていた。」

 

remindの意味と使い方

remindはこれまで解説してきた
recall・recollect・rememberと違い、

remind 人 of ~という形で
「人に~を思い出させる」という
意味になります。

 

以下は、remindを用いた例文です。

The photo reminds me of the trip.
「その写真は、私にその旅行を思い出させる。」

The scenery of the town reminded him of his hometown.
「その町の景色は、彼に彼の故郷を思い出させた。」

remindの例文と使い方

 

効率の良い英単語の覚え方

recall・recollect・remember・remindの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。