seminarとworkshopの違いを例文を用いて解説

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
seminarとworkshopの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

seminarとworkshopの違い

seminarは日本語で
「セミナー」という意味ですが、

講義を聞いたり、議論することで
何かを学ぶ勉強会をを表します。

 

また、seminarは専門的な知識を
どちらかというと少人数で学ぶ
スタイルになります。

少人数なので、講師は積極的に
参加者からの質問を受け付ける
傾向があるのもseminarの特徴です。

 

seminarに対し、workshopは日本語で
「ワークショップ」という意味ですが、

何か技術を身につけたり改善するために
参加者同士で助け合って手や体を動かす
ワークを行う勉強会を表します。

 

workshopには講師による講義があり、
質疑応答の時間もあることが多いので、

ワークショップは体験型セミナーと
言うこともできます。

 

seminarの例文と使い方

以下はseminarを用いた例文ですが、

I joined a seminar about management.
「私は、経営についてのセミナーに参加しました。」

経営についての講義を聞いたり、
参加者同士で議論するスタイルで
経営について学んだことを表します。

 

a seminar about ~ で、
「~についてのセミナー」
という意味になりますが、

前置詞onを用いた
a seminar on ~ という形で
「~に関するセミナー」と
言うこともできます。

 

I joined a seminar on management.
「私は、経営に関するセミナーに参加しました。」

 

多くの方は参加する側だと思いますが、
以下のようにholdを用いて「開催する」
と言う場合もあります。

He’s going to hold a seminar next month.
「彼は、来月セミナーを開催する予定です。」

 

workshopの例文と使い方

以下はworkshopを用いた例文ですが、

I joined a workshop about gardening.
「私は、ガーデニングについての
ワークショップに参加しました。」

実際に体を動かしてワークをしながら、
参加者同士で助け合ってガーデニング
のやり方を学んだことを表します。

 

まとめ

ここでは、seminarとworkshopの
意味の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。