船を英語で!ship・boat・ferry・vessel・craftの違いと使い方

ship・boat・ferry・vessel・craftの違い

「船」を英語で表す時、
ship・boat・ferry・vessel・
craftが用いられます。

しかし、それぞれ表す意味は
少しずつ異なります。

 

そこで、ここでは似た意味を持つ
ship・boat・ferry・vessel・craftの違い
と使い方を例文を用いて解説します。

shipとboatの違い

shipとboatは共に
「船」という意味ですが、

shipは海や湖を運行する
比較的大きな船を表し、

boatは小型エンジンや
オールを漕いで進む
小型の船を表します。

boatの例文と使い方

 

辞書を引くと、

shipは海洋を航海する大型の船や
3本マスト以上の横帆船を指す、

boatは川や湖用の船やボート

と記載されています。

 

それでは、以下に例文を用いて
shipとboatの使い方を解説します。

 

shipの例文と使い方

以下はshipを用いた例文ですが、

A ship arrived in the port.
「船が、港に到着した。」

海や湖を運行する大きな船が
港に着いたことを表します。

 

また、船のような面に「乗る」
イメージの乗り物に乗る時は、
以下のようにget onを用います。

Fishermen got on the ship.
「漁師達は、その船に乗った。」

 

他には、busやtrainがあります。

馬やバイクなどまたいで「乗る」
場合は、rideが用いられます。

 

この例文は、海に漁に出るために
漁師達が大きな船に乗ったという
ことを表します。

shipの例文と使い方

 

shipの発音は、以下になります。

 

boatの例文と使い方

以下はboatを用いた例文ですが、

We went to the island by boat.
「私達は、船でその島へ行った。」

オールを漕いで進む小さな船や
小型エンジンが付いたボートで
島へ行ったことを表します。

 

by shipやby boatで、「船で」
という意味になります。

他に、by car、by bus、by taxi、
by trainなど、by+交通手段は
よく用いられます。

 

そして、「歩いて」と言う時は、
on footになるので注意しましょう。

 

以下の例文のように、

They rowed down a river.
「彼らは、(ボートを漕いで)川を下った。」

「ボートを漕いで川を下る」は、
row down a riverを用います。

 

この場合、by boatを付けなくても
意味は通じます。

 

boatの発音は、以下になります。

 

boatとferryの違い

ferryは、人や荷物、自動車などを
輸送する「船」という意味です。

ferryの例文と使い方

 

boatも人を運ぶ時に用いられますが、
ferryは人以外の荷物や自動車も運ぶ
boatより大きな船にも用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
ferryの使い方について解説します。

 

ferryの例文と使い方

以下はferryを用いた例文ですが、

I will go to the island by ferry.
「私は、フェリーでその島へ行くつもりです。」

自動車も乗るような大きな船で
その島へ行くことを表します。

 

人だけを輸送する場合も
大きな船にはferryが用いられ、
人だけが乗れる小型船で行く時は
以下のようにboatを用います。

I will go to the island by boat.
「私は、ボートでその島へ行くつもりです。」

 

ferryの発音は、以下になります。

 

shipとvesselの違い

vesselは「大型船」という意味で、
shipも比較的大きな船を表しますが
vesselはshipより硬い表現です。

vesselの例文と使い方

 

それでは、以下に例文を用いて
vesselの使い方について解説します。

 

vesselの例文と使い方

以下はvesselを用いた例文ですが、

The merchant vessel carry the products of our company.
「その商船は、我が社の製品を運びます。」

我が社の製品が大型船によって
運ばれていることを表します。

 

また、merchant vesselで、
「商船」という意味になります。

このように、vesselは貨物船のような
大型船に用いれられ、shipより硬い
ニュアンスになります。

 

vesselの発音は、以下になります。

 

craftとwatercraftの違い

ship・boat・ferry・vesselと違い、
craftは「航空機」や「宇宙船」など
空を飛ぶ船を表す時に用いられます。

 

そして、watercraftとwaterを付けると
「船」や「船舶」という意味になり、
ship・boat・ferry・vesselなど水上を
移動する乗り物の総称になります。

watercraftの例文と使い方

 

それでは、以下に例文を用いて
craftとwatercraftの使い方について
解説していきます。

 

craftの例文と使い方

以下は、craftを用いた例文です。

I have been on a craft.
「私は、宇宙船に乗ったことがあります。」

 

spaceshipにも、「宇宙船」
という意味があります。

I have been on a spaceship.
「私は、宇宙船に乗ったことがあります。」

 

craftの発音は、以下になります。

 

watercraftの例文と使い方

以下は、watercraftを用いた例文です。

Watercraft represents ship, boat, ferry, vessel and so on.
「Watercraftは、ship、boat、ferry、vesselなどを表します。」

 

英語で3つ以上の人や物を並べる時、
最後の前にだけandが付きます。

and so onは、「~など」という意味です。

 

watercraftの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ship・boat・ferry・vessel・craftの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート