cancel・call off・stop・halt・ceaseの違いを例文を用いて解説

cancel・call off・stop・halt・ceaseの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
cancel・call off・stop・halt・
ceaseの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

cancel・call offの違い

cancelとcall offには共に、
予定や計画を「中止する」
という意味があります。

 

call offはスポーツの大会や
結婚式などの行事のみに用いられ、

cancelはレストランの予約の中止、
つまり「キャンセルする」という
意味でも用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
cancelとcall offの使い方を解説します。

 

cancelの例文と使い方

以下はcancelを用いた例文ですが、

They will cancel the wedding.
「彼らは、結婚式を中止するでしょう。」

予約した結婚式場をキャンセルして
結婚式を中止することを表します。

cancelの例文と使い方

 

以下の例文のように、
cancelは予約したホテルの部屋を
キャンセルする場合にも用いられます。

He canceled the reservation of the hotel.
「彼は、ホテルの予約をキャンセルした。」

 

call offは行事を中止する
場合のみに用いられるので、
ホテルの部屋をキャンセルする
という場合には用いません。

×He called off the reservation of the hotel.

 

以下では、call offの使い方を
例文を用いてみていきます。

 

call offの例文と使い方

以下はcancelを用いた例文ですが、

We called off the event.
「私達は、そのイベントを中止した。」

台風などがきたためそのイベントを
中止したことを表します。

 

このように、call offは行事を
中止する場合に用いられます。

call offの例文と使い方

 

結婚式も行事なので、
cancelのところで用いた
以下の例文のcancelは、

They will cancel the wedding.

 

以下のようにcall offに置き換える
ことができます。

They will call off the wedding.
「彼らは、結婚式を中止するでしょう。」

 

また、スポーツの大会が中止された
という場合にもcall offは用いられます。

The soccer tournament was called off.
because of heavy snow.
「大雪のため、
そのサッカー大会は中止された。」

 

be called off「~は中止される」と、
受動態で用いられることも多いです。

 

stop・halt・ceaseの違い

cancelとcall offは予定や計画を
何らかの事情によって”事前“に
「中止する」という意味ですが、

stopは”進行中“の行動や活動を
「止める」「中止する」という
意味になります。

stop・halt・ceaseの違い

 

ceaseは進行中の行動や活動を
「中止する」という意味ですが、
stopより硬い表現になります。

ceaseは、スィースと読みます。

 

haltも進行中の行動や活動を
止めることを表しますが、
stopと違い「唐突に停止する」
という意味になります。

haltは、ホールトと読みます。

 

それでは、stop・halt・cease
の使い方について例文を用いて
以下でみていきます。

 

stopの例文と使い方

以下はstopを用いた例文ですが、

He stop smoking.
「彼は、煙草を吸うことを止めた。」

煙草を吸うという活動を止めた
ということを表しています。

 

stopの後ろに不定詞がくると、
「~するために立ち止まる」という
意味になるので注意が必要です。

以下は、例文です。

He stopped to smoke.
「彼は、煙草を吸うために立ち止まった。」

stopの例文と使い方

 

haltの例文と使い方

以下はhaltを用いた例文ですが、

She halted at the entrance of the building.
「彼女は、その建物の入り口で急に立ち止まった。」

その建物の中に入ろうと
入り口に向かって歩いていた彼女が
突然立ち止まったことを表します。

 

以下のように、haltの代わりに
stopを用いることもできますが、

She stopped at the entrance of the building.
「彼女は、その建物の入り口で立ち止まった。」

stopを用いると”唐突に”という
ニュアンスはなくなります。

 

stopを用いて「急に」と言いたい時は、
以下のようにsuddenlyを付けます。

Suddenly, she stopped at the entrance of the building.
「突然、彼女はその建物の入り口で立ち止まった。」

 

台風のような自然災害が起きて、
突然道路が通行止めになる時も
以下のようにhaltが用いられます。

The road was halted because of the typhoon.
「台風のため、その道路は(突然)通行止めになった。」

 

道路は「通行止めにされた」ので、
be haltedと受動態の形を用います。

 

ceaseの例文と使い方

以下はceaseを用いた例文ですが、

The factory ceased the production of the product.
「その工場は、その製品の生産を中止した。」

毎日製造していた製品の生産(活動)
を中止したことを表します。

ceaseの例文と使い方

 

上の例文のceaseは、以下のように
stopに置き換えることができます。

The factory stopped the production of the product.
「その工場は、その製品の生産を中止した。」

 

ceaseを用いると、
stopより硬い表現になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

cancel・call off・stop・halt・ceaseの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。