英語が聞き取れない理由と社会人にいいリスニング勉強法

社会人におすすめの英語のリスニング勉強法

英語が聞き取れないという
日本人はたくさんいますが、

それは脳の特性に沿っていない
効果の出にくい勉強法や練習法
を行っているから
です。

 

脳の特性はみんな同じなので、

それに沿って勉強や練習をすれば
誰でもスムーズに英語のリスニング
能力を向上させることは可能です。

 

僕は英語が聞き取れない理由を理解し、
脳の特性に沿った勉強法を知ることで、

短い時間の練習で英語のリスニングが
上達するようになりました

 

そこで、英語が聞き取れない理由
社会人におすすめの英語のリスニング
勉強法
などについて以下に解説します。

英語が聞き取れない理由

英語のリスニングを上達させるには、
日本人が英語のリスニングが苦手な
理由を知っておくことも大切です。

そこで、まずは多くの日本人が、
英語が聞き取れない5つの理由から
説明するので把握しておきましょう。

英語が聞き取れない理由

 

日本語と英語の形の違い

以下の例文のように

「私は、そこへ行きました。」

日本語は主語が最初で
動詞が最後にきますが、

 

以下の例文のように、

I went there.

英語の形は主語の次に
動詞がきます。

 

このように、日本語と英語は
文の形が全く異なります。

 

そして、日本語は文末に結論がくるので、
日本人は文の最後を集中して聞く習慣を
無意識に持っています

しかし、英語の結論は動詞のすぐ後ろで、
日本語を聞いている感覚で英語を聞くと
結論を聞き逃してしまいます。

 

I went there.くらいの短い文章なら
文の形の違いも気になりませんが、

以下のように長文になればなるほど、
日本語との形の違いから結論を聞き逃し
英語が聞き取りにくくなっていきます。

I went there with my friends yesterday.
「私は、そこへ行きました。」

I went there with my friends after I finished my work.
「私は仕事を終えた後、友達とそこへ行きました。」

 

これが、多くの日本人が
英語が聞き取れない理由の一つで、

英語のリスニングを上達させるためには
結論がある文の最初を集中して聞き取る
練習をすることがコツ
になります。

 

周波数とスピードの違い

日本人が英語を聞き取れない2つ目の
理由
は、周波数とスピードの違いです。

 

まず、英語の話されるスピードが
日本語より速いことは明らかです。

なので、英語のリスニングを上達
させるには英語のスピードに慣れる
練習をする必要があります。

 

スピードの違いに加えて、
周波数の違いも多くの日本人が
英語が聞き取れない理由です。

 

日本語の周波数帯は低くて狭く
英語の周波数帯は高くて広い上に
周波数が交わっていないので、

日本人が英語を聞き取るには
英語の周波数帯の音を聞き取れる
ようにすることが必要です。

 

そして、それにはたくさん英語を
聞く練習をすることが大切ですが、

やみくもに英語をたくさん聞いても
聞こえるようになることはありません。

 

英語のまま理解できない

聞いた英語を日本語に訳さず
英語のまま理解することを推奨
している方がたまにいますが、

10年などの長い間、海外で生活したり、
日本でも外資系企業に勤めていたりして

毎日英語に長時間触れられる英語環境で
英語を習得した方がほとんどです。

 

海外に住んでいたりして
自然に英語に触れられるならまだしも、

外資系企業に勤めたりしていないのに
日本に住みながら英語環境を作るのは
よほど意志が強くないと挫折します。

 

日本語環境で大人になると、
英語ネイティブやバイリンガルのように
英語のまま理解することができないので、

脳内で英語から日本語に訳して理解する
というプロセスが最初は必要になります。

英語が聞き取れない理由

 

日本語にたくさん触れる日本語環境で
限られた時間しか英語に触れずに英語
のリスニングを上達させたい場合には、

英文法の基礎を学ぶ必要があったり、
英語環境で習得した人達とは全く違う
アプローチが必要になります

 

間違ったリスニングの練習法

英語のリスニングが上達しない
という相談をよく受けますが、

英語が聞き取れない大人が多いのは、
脳の特性に沿っていない間違った方法で
練習していることも大きな原因です。

 

このことを理解していただくために、
子供と大人の脳の違いから解説します。

 

右脳しか動いていない3才位までは、
聞き流していれば英語を聞き取れる
ようになります。

ただ、左脳が発達し始める4才位から
聞き流すだけでは言葉を覚えることが
難しくなっていきます。

 

そして、4才位から左脳が発達しきる
12才位までは言葉を丸覚えして理解
できるようになります。

これより、ただ聞いているだけで
英語の聞き取りが上達していくのは
小学生位までということになります。

 

最後に、13才位で左脳が発達しきると、
丸覚えもできなくなり、物事を論理的に
理解して覚えるようになります。

よって、大人は英語を聞いているだけで
聞き取りが上達することはありません。

 

日本には、聞き流しや聞いているだけで
英語のリスニングやスピーキングが上達
すると宣伝されている教材があります。

しかし、大人に効果はありません。

 

聞き流しで言語を覚えられるのは
3才位までで、聞いているだけで
覚えられるのは12才位までです。

 

今は脳科学の研究が進み、大人は
聞き流しで英語のリスニング力は
アップしないと分かっていますが、

僕が英会話の練習を始めた頃は
聞き流しで英語は話せるようになる
といった宣伝をよく見かけました。

 

そして、その宣伝を信じて実際に
聞き流しを約1年していましたが、
全く上達しませんでした…。

 

左脳が発達しきる13才(中学生)
くらいからは物の覚え方が変わり、

英語のリスニングを上達させるには
練習法に工夫が必要です。

 

大人の脳は論理的に物事を理解するので、

まず英文の内容(日本語の意味)を理解し
その英文を集中して聴くという練習をする
ことが必要になります。

 

中学生から社会人までに効果的な
練習法については後で解説しますが、

まずは中学生以上が英語を聞き流し
てもリスニングが上達しない理由と、

練習を始めてから上達を感じるまでの
期間について以下をお読みください。

 

聞き取れないというイメージ

ここまでに、日本語と英語の違いや
間違った練習法が原因となっている、

日本人が英語が聞き取れない理由
ご説明しました。

 

そして、これらの理由を知らずに
間違ったやり方で練習をし続けて
英語のリスニングが上達しないと、

自信を失い自分は英語が聞き取れない
というイメージが強くなっていきます。

間違った英語のリスニング勉強法

 

そして、英語のリスニングに対して
マイナスのイメージが強い状態だと、

そのマイナスイメージがが原因となり
さらにリスニングが上達しないという
負のスパイラルに陥ります。

 

それは、人間の脳はイメージしたことを
実現させるようにできているからです。

 

意識には、顕在意識(けんざいいしき)と
潜在意識(せんざいいしき)がありますが、

顕在意識は普段、使っている意識のことで、
潜在意識は無意識(むいしき)のことです。

 

そして、潜在意識は顕在意識より
はるかに大きな力を持っています。

 

例えば、僕達の心臓は無意識
によって動かされていますが、

意識で心臓を止めようとしても
止まりません。

 

このくらい無意識のほうが力が強いので、
何でも無意識に思っていたり、無意識に
イメージしていることが実現するのです。

 

英語のリスニングでも同じことが起こり、

潜在意識にマイナスイメージが蓄積されて
無意識の中で聞き取れないと思っていると、

意識してリスニングの練習を頑張っても
無意識が英語が聞き取れないという現実を
作り出してしまいます。

 

そこで、リスニングが上達しないという
マイナスイメージを強く持っている場合、

そのマイナスイメージを持ったまま練習
しても努力している割に上達しないので、

自分は英語が聞き取れるようになるなど、
プラスのイメージを持って正しい方法で
練習する必要があります。

 

マイナスイメージが出た時に
プラスに変える方法は簡単で、
わからないというイメージが出たら、

目を閉じて深呼吸をして聞いた英語が
聞き取れてわかるようになった自分を
イメージをするだけでOKです。

 

そして、正しい方法で練習することで
上達を感じれば、リスニングに対して
プラスのイメージが持てるようになり、

プラスのイメージを持って練習することで
さらにリスニングが上達するというように、
どんどん上達が加速していきます。

 

ここで言う正しい方法とは、

日本語環境で、日本人の大人が
英語のリスニングを上達させるための
脳の特性沿った練習法です。

 

以下に、リスニングを上達させるコツや
具体的な勉強法についてお伝えします。

 

効果的な英語のリスニング勉強法

脳の特性はみんな同じなので、
脳の特性に沿って練習すれば誰でも
必ず英語のリスニングは上達します。

そこで、ここからは脳の特性に沿って、
効率よくリスニングを上達させるコツや
具体的な勉強法についてお伝えします。

リスニングを上達させるコツ

 

以下を全てお読みいただくと、
英語のリスニングに対する悩みは
解決するでしょう。

 

大きな上達を感じるまでの期間は?

効果的な英語のリスニング
の勉強法をお伝えする前に、

まずは上達を感じるまでの
期間を知っておきましょう。

 

その理由は、大きな効果を感じる
までの期間を知っておかないと、

目先の結果にとらされて1ヵ月で
リスニング力が劇的にアップする
といった高額教材を買ってしまい、

脳の特性に反した正しくない練習
を続けてリスニングが上達しない
ということが起きやすいからです。

 

正しい勉強法や練習法を行っても、
ある程度の上達を感じるまでには
一定の期間が必要になります。

また、一定期間の間に繰り返し
何回復習すると効率よく記憶する
ことができるかも分かっています。

 

リスニングの上達を感じるまでに
どのくらいの期間が必要であるか?

研究により分かっていているので
以下を読んで知っておきましょう。

 

リスニングの上達におすすめの教材

リスニングの練習を始める前に
もう一つ知っておきたいことは、

英語のリスニングの練習に使う
教材の選び方です。

 

それは、どの教材を活用するかで、
リスニングの上達スピードが大きく
変わるからです。

特に、初心者や初級者は日常会話で
使う英文から始めるなど練習に使う
教材選びが大切になります。

 

効果的でない教材で練習しても
努力の割に成果はでにくくなり、

記憶にプラスになる教材を選ぶと、
リスニングの練習をしながら同時に
英単語やフレーズも覚えられます。

 

よって、目的やレベルを考慮して
教材を選ぶことは非常に重要です。

高額のCDやDVD教材のほとんどは、
中学生から社会人が使っても効果が
得られにくいので注意しましょう。

 

以下では、リスニング上達だけでなく
英単語なども覚えやすくなるお勧めの
無料アプリやサイトを紹介しています。

 

以下では、英語力が高い中級者から
上級者向けの英語ニュースが聞ける
無料ネットラジオを紹介しています。

 

英語のリスニングを上達させるコツ

英語のリスニングの上達に
効果的な教材を選んだら、

いよいよ練習に入りますが
できるだけ効率よくスムーズに
上達させたいですよね?

 

それには英語の音声を聞くだけでなく、
音読を取り入れたりおすすめのコツが
幾つかあります。

 

そこで、以下では英語のリスニングを
上達させるコツについて解説しいます。

具体的な練習法も紹介していますので、
ぜひチェックしてください☆

 

以下は、補足で右耳で聞くのと
左耳で聞くのとどちらが英語の
リスニングに効果的であるか?

について説明していますので、
上達のコツと合わせて参考にして
頂ければと思います。

 

英検・TOEIC対策のリスニング勉強法

英検合格やTOEICのスコアアップの
ためにリスニングの勉強をしている
という方もいると思います。

 

ここでは、学習塾で英語を教えて
いた時の経験と脳科学の観点から、

英検やTOEICのリスニングパートの
点数が伸びる試験対策におすすめの
リスニングの勉強法をご紹介します。

 

初心者で英検とTOEICのどちらから
始めるといいのか迷っている場合の
試験の選び方も解説しています。

 

中高生が英検の勉強をすることで
英語の基本的な知識が身につくので、

単に授業の成績がよくなるだけでなく
高校や大学受験にも役立つと思います。

 

以下では、TOEICで600点をとるコツや、
おすすめの参考書や全パート対策できる
問題集などを紹介しています。

 

英語のリスニング&スピーキング上達法

独学で英語のリスニングだけでなく、
同時にスピーキング力もアップする
おすすめの練習法があります。

 

さらに、この練習法を行うと、
同時に英語の発音を改善したり、
英単語を覚えることもできます。

ディクテーションのように難しい
ことをする必要はありません。

 

英単語を覚えながら発音を改善し、
英語のリスニング、スピーキングを
効率よく上達させたいという場合は、

このトレーニングに使うと効果的な
無料コンテンツも紹介しているので
ぜひ以下を確認してください。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


2ヵ月で海外旅行や日常英会話を
マスターしたい方におすすめ!

観るだけで英語が上手くなる
無料番組の詳細はこちら

イングリッシュブレイクスルー