英会話上達法・英語習得のコツ

英語習得の秘訣は脳にある

無料メルマガ

 

毎日5分!英文法で英会話トレーニングという
無料メルマガを発行しているTomoと申します。

 

私は英会話学校に通ったり英語教材を買い続け、
ストレスなく英会話ができるようになるまでに
10年かかり、約300万円使ってしまいました…

 

 

私と同じような日本人は多いと思いますが、
どうしてこのようなことになってしまうのか?
脳科学と心理学を学びその理由が分かったので、
以下で解説しています。

 

英会話学校は効果がない
聞き流し教材は効果がない
大人の脳に英文法は必要
英語の発音の上達方法
英単語の覚え方・記憶方法
英語のスピーキング上達法
シャドーイングのやり方・コツ

 

毎日英語に触れるコツ

 

英会話を習得する上で大切なことの一つは、
毎日英語に触れることです。

 

しかし、毎日英語に触れることが大切だと
分かっていてもできない方も多いと思いますが、
毎日英語に触れる習慣が身につかないうちに
努力してもなかなか上達しません

 

それだけならまだ良いのですが、
努力して結果が出ないと自信を無くしてしまい、
英語ができないというイメージが脳に刷り込まれて
さらに上達しにくい状態になってしまいます。

 

 

私は毎日1つ新しい英語表現を覚えていく
という無料メルマガを以前読んでいましたが、
1週間で読むのが苦痛になって挫折しました

 

最初はやる気もあって継続できていましたが、
毎日新しい表現が届くと覚えられる気がせず
モチベーションが下がって読まなくなりました。

 

 

これは脳に記憶させるには繰り返しが必要で、
脳は1回で覚えられないようにできているので
毎日新しいことを覚えるのは無理がある
ためです。

 

そこで、毎日英語に触れる習慣をつけるには
一度学んでいることを復習するのが良いと思い、
中学と高校ですでに学んだ英文法を復習しながら
毎日英語に触れられるメルマガを発行しています。

 

 

脳には急な変化を嫌う安定化指向という特性があり、
最初から大量に勉強をすると脳が拒否反応を起こし、
できたとしても一時的で元に戻ってしまいます

 

ダイエットや禁煙に失敗する方が多いのも、
一気に痩せようとしたり、吸わないようにすると
脳が拒否反応を起こすためです。

 

 

逆に、少しずつなら変化できる可塑性(かそせい)
という特性があるので、少量から始めたほうがよく、
メルマガは1日5分程度で読めるようになっています

 

以下の無料レポートをダウンロードして頂くと
英文法の無料メルマガが毎日届くようになりますが、
好きな時に解除できるので是非一度お試し下さい^^

 

無料レポート&無料メルマガはこちら

 

勉強で英会話は上達しない

 

日本人は学校で6年間も勉強しているのに
英語を話せるようになっていないということは、
勉強では話せるようにならないということでです。

 

よって、違うことをやらないといけません。

 

語学の習得はスポーツに似ています

 

 

例えば、テニスができるようになりたかったら
まずテニスのルールやボールの打ち方を覚えて、
その後練習します。

 

英語も同じで、話せるようになりたかったら、
まずは英語のルールである英文法を覚えて
その後、英文法を使って英文を組み立てて話す
練習をする必要があります。

 

 

スポーツだと練習するのは当たりですが、
英語だと参考書を読んだりして勉強ばかりして
練習をしていない方がたくさんいます

 

英語の勉強ばかりしている方は、
意識して英語を話す練習を行ってみて下さい

 

上達する正しい練習の順番

 

英語の習得はスポーツに似ているので
勉強ではなく練習が必要ということを書きましたが、
練習の順番も大事です。

 

例えば、野球のピッチャーは速球を投げるために、
筋トレをしたり、走り込みをして下半身を強化したり、
投げ込みをして肩をつくったりします。

 

 

英語もこれだけやればよいということはなく、
リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングと
バランスよく練習する必要があります

 

しかし、いきなり全部やろうとすると
盛りだくさんすぎて脳が拒否反応を起こします

 

 

そこで、お勧めは受け身の技能と言われている
リーディングとリスニングから始めることです。

 

これは、インプットから入るという
言語習得のプロセスにも自然に当てはまります。

 

 

野球のピッチャーで言うと、まずは筋トレ、走り込み、
投げ込みをして体つくりをする部分と似ています。

 

それができたら試合形式の練習をして、
チーム内で紅白戦をして最後に体外試合をします。

 

 

英語でいきなり英会話をするのは、
対外試合をするようなものなので撃沈します

 

読む・聴くインプット(筋トレなどの体つくり)から入り、
それを音読して話す練習(試合形式の練習)をして
最後に会話をする(対外試合)という順番が大切です。

 

 

筋トレや走り込み(リーディングやリスニング)から始め、
体ができあがったらピッチング(スピーキング)の練習と、
英語も読んで聴いた文を正しい発音で話す練習をして
最後に会話の練習という順番がポイント
です。

 

初心者が英会話学校へ行くことをお勧めしないのは、
いきなり対外試合をしても上達しないから
です。

 

 

教材をお持ちでしたら、テキストを読み、CDを聴き、
音読する練習を繰り返すと良いと思います。

 

教材を持っていない方は、NHK講座のテキストや
CD付きの書籍などを利用すれば安くすみます。

 

カンボジア人の日本語上達法

 

2013年の10月〜11月と2014年の12月に
カンボジアで日本語教師のボランティアをした時、
「あいうえお」を覚えるところから始めて約3ヶ月で
日本語で会話できようになっている生徒がいました。

 

そして、1年くらいで日常会話ができるようになり
2年目は敬語や漢字を勉強していました。

 

 

カンボジアにはCD付きの日本語教材などはなく、
みんなの日本語という本で単語や文法を学び、
日本語を書いたり話す練習をしているだけ
です。

 

これを見て、日本人は英会話学校や英語教材の
宣伝に惑わされて、脳の特性に反した方法で
努力しているために上達が遅い
と確信しました。

 

 

英語は日本語よりずっと簡単な言語であり、
アルファベットも書け、英単語も知っているので、
私達日本人は脳の特性に沿った形で練習すれば
もっと早く英語を話せるようになるはずなんです。

 

英語習得の近道は脳を正しく使うこと

 

ストレスなく英語を話せるようになるまでに
私は約10年もかかってしまいましたが、
脳の特性に沿って行えば誰でも1年くらいで
ストレスなく英語を話せるようになると思います

 

また、私は英語を話せるようになって世界中を旅し、
外国人の友達を作りたいという夢を持っていましたが、
脳の仕組みと使い方を知り、それを実践することで、
その夢も叶えられるようになりました

 

 

2013年から2014年にかけて以下の国に滞在しました。
(各ページに体験談と写真をアップしています。)

 

タイフィリピンマレーシアカンボジアベトナムカナダ

 

 

夢を叶えるために行動することも大切ですが、
脳の特性に沿って行動しないと膨大な時間がかかったり、
達成できないということがあります

 

逆に脳の特性を知ってその通り行動すれば、
早く英語を話せるようになるだけでなく
その先に描いている夢も叶えることができます

 

 

そこで、私が海外留学やボランティアをした経験と
脳科学や心理学を組み合わせ、脳を正しく使って
夢も叶えることができる英会話上達法を作りました。

 

脳科学と心理学を応用した10倍速!英会話マスタープログラム

 

 

自宅でできる英会話上達法トップへ