shinyとshiningの違い!英語で光る・輝くの使い方

shinyとshiningの違い

英語で「光る」「輝く」という
意味の形容詞shinyとshiningは、

日本語に訳すと同じ意味なので
どのように使い分けたらいいのか?
いまいち分かりにくいと思います。

 

そこで、ここでは例文を用いて
shinyとshiningの違いと使い方
について詳しく解説します。

shinyとshiningの違い

shinyとshiningは共に、
光が反射して「光る」「輝く」
と同じ意味を持つ形容詞ですが、

ニュアンスに以下のような違い
があります。

 

shinyが何かに光が反射して
常に輝いている、光っている
ということを表すのに対して、

shiningは今まさに輝いている、
光っていることを表します。

 

また、shiningのほうがshinyより
強く光っている感じになります。

shinyとshiningの違い

 

そして、shinyとshiningの発音は、
それぞれ以下になります。

・shiny

・shining

 

それでは、以下に例文を用いて
shinyとshiningの使い方の違い
についてみていきます。

 

shinyとshiningの使い方

以下はshinyを用いた例文ですが、

The diamond is shiny.
「そのダイヤは、輝いている。」

shinyを用いるといつ見ても
常にダイヤが光っているという
ニュアンスになります。

 

shinyに対して、以下の例文ように

The diamond is shining.
「そのダイヤは、(今)輝いている。」

shiningを用いるとダイヤが
今ピカピカ光っているという
ニュアンスになります。

shinyとshiningの使い方

 

shinigを用いた以下の例文は
現在進行形とも考えられるので、

The diamond is shining.

今まさにピカピカ光っていると
shinyより強く光っているという
感じを表します。

 

よって、金メダルを獲得した選手が
表彰台に立っている状況を表す時は、

以下のようにshiningを用いたほうが
首にかけている金メダルがピカピカ
光っている感じがでます。

The gold medal is shining.
「金メダルが、輝いています。」

 

この例文では、選手が首にかけている
金メダルと特定されるのでgold medal
にtheが付きます。

 

以下では、「輝く」と似た意味を持つ、
shine・shiny・bright・brilliantの違い
と使い方について解説しています。

 

以下では、「光る」と似た意味を持つ、
flash・shine・twinkle・sparkle・shimmer
の違いと使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、shinyとshiningの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート