annoy・bother・disturb・trouble・worryの違いを例文を用いて解説

annoy・bother・disturb・trouble・worryの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
annoy・bother・disturb・trouble・
worryの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

annoyとbotherの違い

annoyは、うるさくするなど、
ある行為を繰り返し行うことで
相手をイライラさせることです。

これより、annoyは「イライラ
させる」という意味になります。

annoyの例文と使い方

 

botherは、嫌な思いをさせたり、
迷惑をかけることで相手の心を
乱すことです。

そして、botherは「困らせる」
という意味になります。

それでは、annoyとbotherの違いを
例文を用いてさらに見ていきます。

 

annoyの例文と使い方

以下はannoyを用いた例文ですが、

It annoyed her that her baby didn’t stop crying.
「赤ちゃんが泣き止まないことは、彼女をイライラさせた。」
→「赤ちゃんが泣き止まないので、彼女はイライラした。」

 

赤ちゃんが泣くことを繰り返し、
(または泣き続けることで)

彼女がイライラさせられたことを
表しています。

 

botherの例文と使い方

以下のbotherを用いた例文だと、

It bothered her that her baby didn’t stop crying.
「赤ちゃんが泣きやまなくて、彼女は困った。」

彼女はイライラしているのではなく
ただ困っていることを表しています。

botherの例文と使い方

 

そこから赤ちゃんが泣くことを
繰り返して彼女がイライラした場合、
以下のようにannoyを用います。

It annoyed her that her baby didn’t stop crying.
「赤ちゃんが泣き止まないので、彼女はイライラした。」

 

また、この文の主語は以下ですが、

that her baby didn’t stop crying

長いので仮主語Itを用いて
真主語(本当の主語)のthat以下は
文の最後に置かれます。

 

botherとdisturbの違い

botherとdisturbには
「邪魔をする」という意味があり、

botherは普通に「邪魔をする」感じで、

disturbは勉強や仕事など何かに集中して
いる時に「邪魔をする」感じになります。

 

それでは、botherとdisturbの違いを
例文を用いてさらに見ていきます。

 

botherの例文と使い方

以下はbotherを用いた例文ですが、

I don’t want to bother you.
「私は、あなたの邪魔をしたくない。」

 

特に何かに集中している時ではなく、
普通にあなたの邪魔をしたくないと
気を使って言うような時に用います。

 

例えば、このフレーズの後に
以下のようにお願いをしたりします。

I don’t want to bother you, 
but do you have time to help me?
「私はあなたの邪魔をしたくないけど、
私を手伝う時間はありますか。」

 

disturbの例文と使い方

以下はdisturbを用いた例文ですが、

Please don’t disturb me.
「私の邪魔をしないで下さい。」

 

これは何かに集中しているで
邪魔して欲しくないということを
表しています。

 

例えば、このフレーズの前に
以下のように状況を付けたりします。

I’m working now, 
so please don’t disturb me.
「私は今仕事中です。
だから、邪魔をしないで下さい。」

disturbの例文と使い方

 

botherとtroubleの違い

botherとtroubleは「悩ます」
という意味を持っていますが、

 

botherは心を乱すことから

「邪魔する」「困らせる」

という意味があり、

 

troubleは時間的・物理的
に手を煩わせることから

「煩わす」「悩ます」
「迷惑をかける」

という意味があります。

 

それでは、botherとtroubleの違いを
例文を用いてさらに見ていきます。

 

botherの例文と使い方

以下はbotherを用いた例文ですが、

The problem bothers him.
「その問題は、彼を困らせている。」

その問題が精神的に乱して彼を
困らせていることを表しています。

 

troubleの例文と使い方

以下はtroubleを用いた例文ですが、

His illness troubles him.
「彼の病気は、彼を悩ましている。」

彼の病気が時間的・物理的に彼の手を
煩わせているということを表します。

troubleの例文と使い方

 

troubleとworryの違い

troubleとworryに「悩ます」
という意味がありますが、

troubleは時間的・物理的に
手を煩わせることベースで、

worryは「心配させる」という
意味がベースになっています。

 

それでは、troubleとworryの違いを
例文を用いてさらに見ていきます。

 

troubleの例文と使い方

以下のようにtroubleを用いると、

The problems trouble her.
「その問題は、彼女を悩ましている。」
=「その問題は、彼女の手を煩わせている。」

 

時間的・物理的に複数の問題が
彼女の手を煩わせていることを
表しています。

 

worryの例文と使い方

以下のようにworryを用いると、

The problems worry her.
「その問題は、彼女を悩ましている。」
=「その問題は、彼女を心配させている。」

 

複数の問題が彼女を心配させている
ということを表しています。

worryの例文と使い方

 

まとめ

botherは邪魔や迷惑をかけて
相手の心を乱すことです。

botherを英英辞典で調べると、
誰かをわずかに心配させたり
動揺させるという記載があります。

 

troubleは厄介な事が起きて、
悩まされることです。

そして、troubleはbotherより
面倒なニュアンスが強いです。

 

annoyはやかましくしたりして
相手をイライラさせることです。

worryは、相手を不安にさせたり
苦労をかけて心配させることです。

 

よって、心配させたらworry、
軽く迷惑をかけた場合はbother、
借金など大きな問題にはtrouble、
煩わせてイライラさせたらannoy、
集中している時に邪魔した場合は
disturbを用います。

 

脳は関連した情報をセットで
インプットすると記憶しやすいので、
このように類義語を一緒に覚えると
効率よく記憶することができます。

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。