英単語の覚え方!英会話のために大人が効率よく記憶する方法

英会話のために単語帳などで
英単語を覚えようとしても、
なかなか英単語を覚えられず
苦しんでいませんか?

 

これは、関連性のない英単語が
並んでいる単語帳やアプリなどは、
脳科学的に特に大人にとって効率
の悪い英単語の覚え方だから
です。

また、単語帳やアプリで英単語と
意味を覚えても使い方が分からず、
英会話にはそれほど役立ちません。

 

英単語を効率よく覚えたいなら、
まずは脳の特性を知りそれに沿った
覚え方をすることが大切
です。

そこで、ここでは大人の
脳の特性に沿った英会話に役立つ
英単語の覚え方を紹介します。

まずは脳の特性を知る

単語帳や英単語アプリを使っても
英単語を覚えられないという方は、
多いと思います。

これは単語帳や英単語アプリが、
特に大人の脳の特性にあっていない
覚え方だからです。

 

子供と大人で脳が変わるので、
年齢によって物事の覚え方が変わる
脳の特性についてまずは解説します。

子供と大人で覚え方が変わる

 

子供は丸覚えができる

物事の覚え方は年齢によって変わり、
12才くらいまでは丸覚えができます。

 

なので、小学校の時に呪文のように
唱えているだけで九九を丸覚えしたり、

書き取りをしているだけで漢字を覚える
といったことが可能になります。

 

これは左脳が発達しきっていない、
子供だからできる覚え方です。

 

大人は丸覚えができない

13才くらいで左脳が発達しきると、
丸覚えができなくなります。

なので、中学2年生くらいから単語帳で
英単語を丸覚えするのが苦痛になります。

 

私自身もそうでしたが、
中学2年生くらいから英単語のテストで
苦しんだ方は多いのではないでしょうか?

 

13才くらいからは物事を論理的に理解して
記憶するようになります。

よって、丸覚えができない大人の脳は、
英単語を丸暗記することができないので
単語帳は効率の悪い覚え方になります。

 

効率よく記憶する方法

子供の脳は丸覚えできるが
大人の脳は丸覚えができず、

その代わりに物事を論理的に理解して
記憶することは既にお伝えしました。

 

よって、大人は単語帳で英単語を
丸覚えするような覚え方をやめて、
別の方法で覚える必要があります。

そこで、ここからは大人が、
しかも英会話に役立つ形で、
英単語を効率よく記憶できる方法
について解説していきます。

 

感情とセットでインプット

感情とセットでインプットすると、
英単語を早く記憶することができます。

これは命を守るために備わっており、
非常に強い脳の特性です。

 

例えば、車にひかれそうになったりして
危険な目にあって「怖い」と感じた時に、

その状況を1回で記憶しておかないと
同じ危険な目に何度もあってしまうため、
感情とセットで入ってきた情報を少ない
繰り返しで記憶するようになっています。

 

昨日の朝何を食べたのか思い出せなくても、
1年前に開催された誕生日パーティーなどで
何を食べたか覚えている方は多いと思います。

これは、誕生日パーティーの時に
「楽しい」や「嬉しい」と感情が動き、
その感情とセットで食事の情報などが
脳にインプットされたからです。

 

よって、英単語を感情と組み合わせて
脳にインプットすると少ない繰り返しで
効率よく英単語を記憶することができます。

感情とセットは記憶しやすい

 

単語帳で覚えることは丸覚えができない
大人の脳の特性に合っていないことに加え、

感情も動かないので何度見ても覚えらない
効率の悪い英単語の覚え方になります。

 

それでは、何を使って覚えると
効率よく英単語を記憶できるかというと、

自分が楽しいと感じる絵本を読んだり
アニメ、ドラマなどを観ると感情が動き、
英単語を覚えやすくなります。

 

ただ、楽しいと感じるからといって
初心者の方が映画で覚えようとすると、
難しすぎて嫌になってしまいます。

よって、自分のレベルにあったもので
英単語を覚えることも大切です。

 

そして、英単語を覚えたと思っても
すぐ忘れてしまうと悩んでいる方を
よく見かけます。

しかし、これも気にする必要はなく、
むしろそれは記憶にいいことであると
教えている方もいます。

 

例えば、一度覚えたと思った英単語を
次見た時に意味が分からなかった場合、

「あれ、前に覚えたのに忘れてる><」
「なんで、すぐ忘れてしまうんだ><」

といったように感情が動きます。

 

また、その英単語の意味を確認すると、

「そうだった!○○という意味だった!」

といったようにまた感情が動きます。

 

このように、覚えたつもりの
英単語を忘れてしまっても、

再度見た時に感情が動くので
その時に覚えてしまうことが
よくあるためです。

 

実際に英語で会話していて間違えた時も
「間違えちゃった!」と感情が動くので、

間違えたら英単語を覚えやすくなって
ラッキーと思ったほうがよいです^^

 

物事を関連付けてインプット

感情とセットに加えて、

複数の情報を関連づけて
脳にインプットすると効率よく
記憶することができます。

 

よって、この点からも関連性のない
英単語が並んでいる単語帳やアプリを
使う方法は効率の悪い覚え方です。

関連性のない英単語が
ランダムに並んでいる単語帳だと、
丸覚えすることができる子供でも
英単語を覚えることは大変です。

 

子供が単語帳を使うとしても、
動物シリーズや食べ物シリーズなど、
関連性のある英単語がまとめられている
ものを使うと効率よく記憶できます。

関連付けると記憶しやすい

 

しかし、子供も大人ももっと効率よく
英単語を記憶する方法があります。

それは、絵、ストーリー、英単語の
情報がセットで脳にインプットされる
英語の絵本などで覚えることです。

 

単語帳だと英単語の日本語の情報しか
脳に入ってこないので関連情報が少なく、
英単語を覚えるのに時間がかかりますが、

絵本なら絵やストーリーと英単語が
関連付いて脳にインプットされるので、
効率よく記憶することができます。

 

最近ではディズニーの英語の絵本など、
色々な英語の本が販売されているので、
自分のレベルに合っていて楽しいと感じる
もので覚えるようにしましょう。

しかも、古本屋さんなら500円くらいで
なので教材を買うよりずっと安いです☆

 

記憶に必要な繰り返しの回数

脳に新しい情報を記憶するには、
1ヶ月に平均7日インプットする
必要があると言われています。

 

よって、絵本で覚える場合は、
同じ絵本を最低1週間は繰り返し
読む必要があります。

 

大人の脳は丸覚えができないので
いきなり英文を読むのではなく、

最初に日本語訳を確認しながら
英文の意味を理解してから繰り返し
絵本を読むようにしましょう。

 

よって、日本語訳が付いている
絵本などを選ぶと自分で英文を
訳さなくていいのでより効率的です。

これが、論理的に理解してから
物事を理解する大人の脳の特性に沿った
英単語の覚え方になります。

 

繰り返しの回数を減らすために

脳に新しい情報を記憶するには
1ヶ月に平均7日インプットする
必要があると言われていますが、

感情とセットでインプットするや
複数の情報を関連付けてインプット
するといったポイントを押さえると、

少ない繰り返しで効率よく英単語を
記憶することができます。

 

さらに、脳は既に記憶されている
情報と関連付けて新しい情報を記憶する
という特性を持っています。

 

私達の脳には漢字の情報が
さくさん記憶されているので、

新しい漢字を見た時に少ない
繰り返しで覚えることができます。

 

よって、脳に英語の情報が少ない
最初の頃は何度も英単語を繰り返し
インプットする必要がありますが、

脳に記憶されている英単語の情報が
増えれば増えるほど新しい英単語を
早く記憶できるようになります。

 

最初は少し大変ですが、

英単語を覚えれば覚えるほど
覚えるのが楽になりますので、

脳の特性に沿って確実に記憶する
英単語を増やしていきましょう。

 

英会話に繋がる英単語の覚え方

英単語を絵本などで覚えるメリットは、
効率よく覚えること以外にもあります。

それは、英会話に繋がりやすいことです。

効率的な英単語の覚え方

 

単語帳で英単語を覚えたとしても、
英単語の意味が分かるようになるだけで
使い方までは分かりません。

しかし、絵本などは英文を読むため、
その英単語を使った英文の作り方まで
同時に覚えることができます。

 

単語帳で英単語を覚えられたとしても、

その英単語を使って英文を作る方法を
さらに覚える必要がありますが、

絵本などで覚えれば同時に英単語を使った
英文の作り方まで覚えることができます。

 

記憶術などで短時間にたくさんの
英単語を覚える方法がありますが、

英単語の意味さえ分かれば解ける
学校やTOEICの試験などには有効ですが
英会話にはあまり役に立たない覚え方です。

 

もし、英会話で使えるようになるために
英単語を覚えたい場合は、洋画やドラマ、
英語の絵本などで覚えたほうが効率的です。

ただ、洋画やドラマを選ぶ時には
SFや法廷ものではなく、恋愛ものなど、
日常英会話が多いものにしましょう。

 

1日5分を継続することが大事

脳には安定化指向といって
急激な変化を嫌う特性があるので、

正しい覚え方を知ったからといって
いきなり1日1時間行ったりすると
反動でやりたくなくなります。

 

これは、3日坊主になる原因です。

 

逆に、脳のは少しずつなら変化できる
可塑性(可塑性)という特性があるので、

最初は1日5分など短い時間行うことが
繰り返すコツです。

 

よって、先ほど自分のレベルにあった
題材を選ぶことをお勧めしましたが、

初心者の方は最初は1日5分くらいで
読める絵本から始めることをお勧めします。

 

また、1冊のページ数が多い場合は、
最初の10ページを1週間繰り返し読み、

2週目は次の10ページというように
1日5分くらいで読み終わる量に区切って
1週間ずつ繰り返すようにしましょう。

 

そして、1日の量を増やす場合も、

1日5分続けられるようになったら
1日10分に増やすというように、

少しずつ増やしていきましょう。

 

最終的にどのくらいまで増やすかは
お仕事などご自身の都合によりますが、

引退して時間がたくさんある方以外は
最大でも1日30分くらいにしたほうが
無理なく継続できると思います。

 

これまでお伝えした
脳の特性に沿って行えば、
1日5分でも効果は得られますので、

毎日無理なく続けられる範囲で
量を増やして頂ければと思います。

 

英単語を覚えながらリスニング上達

これまでに、大人の脳の特性に沿って、
英会話に使えるように大人が効率よく
英単語を記憶する方法を解説しましたが、

リスニングを上達させる練習をしながら
英単語を覚える方法があります。

 

スピーキングの土台作りにもなるので、
この方法なら英単語力、リスニング力、
スピーキング力を同時にアップさせて
効率よく英会話を上達できます。

以下の無料講座で、動画で分かりやすく、
その練習方法を解説しています。

日本人の大人の脳の特性に沿った
英会話習得法の無料動画講座