supportiveとassistanceの違い!英語で援助&支援するの使い方

supportiveとassistanceの違い

supportiveは、「支援する」や
「援助する」という意味の形容詞で、

assistanceは、「支援」や「援助」
という意味の名詞です。

 

脳は複数の情報を関連付けて
覚えると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
supportiveとassistanceの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

supportiveとassistanceの違い

supportiveは、「支援する」や
「援助する」という意味の形容詞で、

supportive action「支援する活動」
=「支援活動」と名詞を修飾したり、

英文の中で補語として用いられます。

 

assistanceは、「支援」や「援助」
という意味の名詞なので、文中で
主語、補語、目的語になります。

supportiveとassistanceの違い

 

supportiveとassistanceの発音は、
それぞれ以下になります。

・supportive

・assistance

 

それでは、以下に例文を用いて
supportiveとassistanceの違いと
使い方についてみていきます。

 

supportiveを用いた例文

以下はsupportiveを用いた例文ですが、

He is supportive of me.
「彼は、私を支援してくれている。」

S:He、V:is、C:supportiveという
第2文型の文で、supportiveは補語
として用いられています。

 

また、supportive action「支援活動」
というように名詞を修飾して、

以下のように主語、補語、目的語として
文中で用いられます。

 

・主語になる場合

The supportive action is helpful.
「その支援活動は、助けになります。」

 

・補語になる場合

It’s a nice supportive action.
「それは、素晴らしい支援活動です。」

 

・目的語になる場合

We help the supportive action.
「私達は、その支援活動を手伝っています。」

 

assistanceを用いた例文

assistanceは名詞なので、
文中で主語、補語、目的語
として用いられます。

 

以下はassistanceを用いた例文ですが、

Financial assistance is needed for them.
「彼らにとって、経済的な援助は必要です。」

assistanceはfinancial「経済的な」
という形容詞に修飾されて、

Financial assistance「経済的な援助」
となり主語として用いられています。

 

以下のassistanceを用いた例文では、

What our company needs is technological assistance.
「我が社が必要としているのは、技術的な援助です。」

assistanceはtechnological「技術的な」
という形容詞に修飾されて、

technological assistance「技術的な援助」
となり補語として用いられています。

 

以下のassistanceを用いた例文では、

Our country offers economic assistance to the country. 
「我が国は、その国に経済的な援助を提供している。」

assistanceはeconomic「経済的な」
という形容詞に修飾されて、

economic assistance「経済的な援助」
となり目的語として用いられています。

 

以下では、「手伝う」「支援する」と
似た意味を持つaid・help・assist・support
の違いと使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
supportiveとassistanceの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート