留学の目的が英語力向上に最も大切な理由&目標との違い

留学中の英語力向上と目的

留学しても英会話を習得できない
日本人がたくさんいる事実からも、

どの国へ留学するのか?
留学中にどの学校へ通うのか?
留学中にどういった勉強をするのか?

といったことより
留学中の英語力向上のためにもっと
重要なことがあることは明らかです

 

それは、留学して英会話を習得した
先に何をやりたいのかという目的を
明確にすることです

そこで、ここでは留学しても英会話を
習得できない日本人が多いいる理由と、
留学の目的を明確にする重要性について
心理学の観点から解説します。

留学に失敗する理由

海外へ留学すれば英語漬けの生活で、
自然に英会話を習得できるというのは
幻想です^^;

多くの日本人はこんな幻想を抱いて、
留学すれば英語を話せるようになると
なんとなく留学するので失敗します。

留学中の英語力向上に失敗

 

私も留学していたことがありますが、
時間とお金を使って海外留学をしても

いつも日本人と一緒に行動していて、
日本語ばかり話して英会話が上達せず
「こんなはずじゃなかった」と言って
帰国する日本人をたくさん見ました。

 

最近ではネットで情報も得られるので
このような失敗談を事前に知っていて、

自分は留学したら外国人の友達を作って
英語をできるだけ話して上達できるから
大丈夫と思って留学する方も多いです。

 

しかし、分かっていても海外に行くと、
日本人と友達になり学校でも休みの日も
日本語を話してしまう方が後を絶ちません。

ダメだと分かっているのに、
どうしてこのようなことになってしまう
のでしょうか?

 

これは、アメリカで開発されたNLP
という心理学の理論で説明できます。

NLPのニューロロジカルレベルでは、
ヴィジョンが環境・行動・能力より強く
結果に影響することが分かっています。

 

そして、ヴィジョンとは最終的に
何をしたいのかという目的のことで、

留学の場合は英会話を習得して留学後に
やりたいこと(留学の目的)です。

 

例えば、留学中に英会話を習得して
海外の○○大学で□□の勉強をしたいなど、

留学の目的を明確にしている生徒は
外国人の友達を作るって英語で話したり
英語環境を作るように無意識に行動し、
どんどん英会話が上達していきます。

 

留学の目的を明確にすることで、
意識しなくてもそれを達成するための
行動をするようになるのです。

 

逆に、英語を話せるようになった先に
描いている留学の目的を明確にしないで、

なんとなく海外に留学するというように
環境を変えてみたり、行動したとしても、

留学後に行動がぶれてしまい、
日本人と接して日本語ばかり話してしまい
海外留学という環境を活かすことができず
英会話が上達しないという結果になります。

 

留学で成功するために

これまでにお伝えしたように、
留学の目的を明確にすることで

留学中の行動が無意識レベルで
英会話が上達するように変わります。

留学中の英語力向上に成功

 

何のために留学するのかという目的は
環境や行動や能力より影響が強いので、

周りに日本人がたくさんいても流されず
外国人の友達を作って英語に触れるなど
自然に行動が変わり、能力もアップします。

 

実際に、私が海外にいた時に見ていると
なんとなく留学してきた日本人は流されて
日本人とずっと過ごして英会話が上達せず、

人に言えるくらい留学後のゴールが明確に
なっている日本人は流されずに英語環境を
活かして英会話が上達していました。

 

よって、留学後になんとかするのではなく、
留学してから英会話が上達するかは留学前に
決まっていると言っても過言ではありません。

 

英会話を習得したくて留学するからには、

必ず英会話ができるようになった先に何か
やりたいこと(目的)があるはずなので、

留学する前にヴィジョンを明確にすることが
留学後に英会話を上達させるために重要です。

 

目的を明確にする方法

ヴィジョンを明確にすると聞くと、

何かすごく難しいことをすると
思われてしまうかもしれませんが、

やることはすごくシンプルです。

 

1枚の紙を用意して頂き、

それに留学後になっていたい状態が
達成されている絵と文章を書いて、

それを毎日見続けるだけです。

留学の目的を明確にする方法

 

絵は、例えばアメリカで働きたい
というヴィジョンも持っているなら、

アメリカに住んでいてやりたい仕事を
している絵を描けばいいのです。

 

自分で絵を描くのが苦手な場合は、
写真などを張り付けても大丈夫です。

 

次に、その状態について
日本語で文章も書いていきます。

 

ただ、文章を書く時は注意点があり、
「~したい」や「~するつもり」など
今実現していないという言葉ではなく、

「~です」「~している」など、
現在形や現在進行形を使って今それが
実現している状態を書いていきます。

 

例えば、箇条書きで構わないので、
以下のようにできるだけたくさん
書いていきます。

「私は、英語を流暢に話せます。」
「そして、私はアメリカで働いています。」

「アメリカで外国人の友達もたくさんでき、
英語で会話して色々な話をしています。」

 

そして、絵と文章をかき終えたら、
毎日目に入ってくる場所に紙を貼って
毎日見るようにします。

そうすると、潜在意識に浸透していき、
ヴィジョンの達成に向けて意識しなくても
無意識レベルで行動が変わっていきます。

 

また、ヴィジョンの達成に必要が情報が
調べなくても入ってくるようになったり、

そういう情報を持った人に出会ったりと
不思議なことが起き始めたりもします。

 

これは、意識には普段意識している
顕在意識(けんざいいしき)と無意識に
当たる潜在意識(せんざいいしき)があり、

顕在意識より遥かに大きな潜在意識の力が
働き始めるからです。

 

目的と目標の違いに注意

ヴィジョン(留学の目的)を紙にかいて
見続けることで明確になればなるほど、
行動も変わり結果がでるようになります。

しかし、留学の目的を明確にする時に
目的と目標の違いに注意が必要です。

 

目的とは留学して英会話を習得した先に
何をやりたいのかというゴールですが、

目的やゴールを明確にするというと
TOEICで700点や英検2級を取るなどの
数値的な設定をする方がいます。

 

しかし、TOEIC700点や英検2級取得は、
目標であり目的ではありません。

このような目標だけを設定して努力し、
すぐ達成できない場合に心が折れます。

 

車の営業で月の売り上げ目標を立てても
達成できない月が数ヶ月続けば心が折れ、

仕事が嫌になったり、ひどと鬱病などの
精神的な病気になってしまう方もいます。

 

もちろん目標設定も大事ですが、
目標を設定しただけでは足りないのです。

 

例えば、車の営業ならその目標を達成し、
今までより多くのお客様に喜んでもらい
給料も増えて家族と幸せに暮らすなど、

目標を達成した先のヴィジョン(目的)
を明確にすることが大切なのです。

 

英語でもTOEIC700点や英検2級を取り
何をしたいのかという目的を明確にして、
はじめて大きな力が働きます。

 

まずは目的であるヴィジョンを明確にし、

その達成のために短期的な目標を設定して
目標を一つずつクリアしながらヴィジョン
の達成に向かっていきましょう。

 

英語の海外留学の体験談

以下に私がタイとフィリピンに留学し
英語の語学学校に通った時の体験談や、

カナダでホームステイして語学学校を
調査した時の様子を紹介していますので、

留学の目的と短期目標を設定した上で
留学先を選ぶ際に参考にして下さい。

タイで英語留学

フィリピンで英語留学

カナダでホームステイ留学