work at・work in・work forの違い!英語で「~で働く」の使い方

英語で「~で働く」と似た意味の
work at・work in・work forには、
以下のような違いがあります。

  • work at:特定の場所「で働く」
  • work in:特定の業界「で働く」
  • work for:特定の会社「で働く」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
work at・work in・work forの違いと
使い方
について例文を用いて解説します。

work at・work in・work forの違い

work at・work in・work forは
「~で働く」という意味ですが、

それぞれ異なる文脈で使用され
微妙な違いがあります。

work at・work in・work forの違い

 

work atは、特定の場所や施設で
働いていることを表します。

atの後ろには、オフィス、店舗、
学校など、具体的な場所や建物
が置かれることが一般的です。

 

work inは、特定の業界や専門分野
で働いていることを表します。

inの後ろには、職業のカテゴリーや
専門領域、産業などが置かれます。

 

work forは、特定の会社や組織、
または人のために働いていることを
表します。

forの後ろには雇用主(会社や個人)
やクライアントが置かれます。

 

work forは雇用の関係を強調しており、
働く人がその組織や人に雇われている
ことを意味します。

 

例えば、レストラン(場所)で働いている
ことを伝えたい場合は以下になります。

I work at a restaurant.
「私は、レストランで働いています。」

 

しかし、飲食業界で働いていることを
伝えたい場合は以下になります。

I work in the restaurant business.
「私は、飲食業界で働いています。」

 

そして、特定の会社に雇われていることを
伝えたい場合は以下になります。

I work for the ABC Restaurant Group.
「私は、the ABC Restaurant Groupで働いています。」

the ABC Restaurant Groupは会社組織の名称で、
その会社のために働いていることを表します。

 

work at・work in・work forの発音は、
それぞれ以下になります。

・work at

・work in

・work for

 

それでは、以下に例文を用いて
work at・work in・work forの違いと
使い方について詳しく解説します。

 

work at・work in・work forの使い方

ここからは、例文を用いて
work at・work in・work forの
使い方について解説します。

work at・work in・work forの使い方

 

場所で働くwork atの例文と使い方

以下はwork atを用いた例文ですが、

 I work at a cafe in Tokyo.
「私は、東京のカフェで働いています。」

work atは特定の場所で働くという
ことを表します。

 

以下もwork atを用いた例文ですが、

He works at the university.
「彼は、大学で働いています。」

I work at the design studio on the new project.
「私は新しいプロジェクトで、デザインスタジオで働いています。」

atの後ろには店舗、学校、オフィスなど、
具体的な場所や建物が置かれます。

 

業界で働くwork inの例文と使い方

以下はwork inを用いた例文ですが、

He works in the IT industry.
「彼は、IT業界で働いています。」

work inは特定の業界や専門分野で
働いていることを表します。

 

以下もwork inを用いた例文ですが、

I work in the technology industry.
「私は、テクノロジー業界で働いています。」

She works in the field of healthcare.
「彼女は、医療の分野で働いています。」

inの後ろには職業のカテゴリーや
専門領域、産業などが置かれます。

 

会社で働くwork forの例文と使い方

以下はwork forを用いた例文ですが、

I work for Sony.
「私はソニーで働いています。」

work forは特定の会社や組織または人
のために働いていることを表します。

 

以下もwork forを用いた例文ですが、

He works for a major corporation.
「彼は、大手企業で働いています。」

I work for him as an assistant on this project.
「私はこのプロジェクトで彼のアシスタントとして働いています。」

forの後ろには雇用主(会社や個人)
が置かれます。

 

ここまでが、work at・work in・work for
の違いと使い方の説明になります。

 

work at・work in・work forのまとめ

work at・work in・work forは
「~で働く」と似た意味ですが、

atの後ろは場所、inの後ろは分野、
forは後ろに置く会社との雇用関係
を表すという違いがあります。

 

ここでは、似たた意味を持っている
work at・work in・work forの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

e-book 無料プレゼント