英語が喋れないまま留学すると英会話が上達しない訳とは?

英語が喋れないまま留学してはダメ

留学すれば英語を話せる
ようになると勘違いして、

英語が喋れないまま留学すると
ほとんどの場合失敗します

 

英語が喋れないまま留学すると
なぜ英会話が上達しないのか?

また、留学で英会話を上達させるには
何から始めたらよいのか?について、

英会話という側面からだけでなく、
日本人の性質や心理学の観点からも

以下で解説しています。

留学で英会話が上達しない理由

私が留学中に通っていた学校では、
8割以上の日本人が英語が上達せず
留学を無駄にしていると感じました。

理由は単純で、日本人の友達を作り、
いつも日本人の友達と一緒に行動し、
ずっと日本語を話しているからです。

 

イングランドに留学した時も、
タイやフィリピンに留学した時も
同じ光景を見ました。

息抜きでたまに日本人と一緒に過ごし、
日本語で会話するのは良いと思いますが、
いつも日本人と日本語を話している方が
本当にたくさんいます。

 

これでは英語を話せるようになりません。

留学で英会話が上達しない理由

 

例えばサッカーが上手くなりたければ、

サッカーの練習をしないと上達しない
のと同じように、英語も練習しないと
上手に話せるようになりません。

 

海外留学して日本語を話しているのは、
サッカー上達のために海外留学したのに
野球ばかりしているようなものです。

海外留学すれば英語を話せるようになる
と思っている方は間違っています

 

私は英語を話せるようになりたくて
お金と時間を使って海外に来たのに、

なぜ日本人は常に日本人と一緒にいて
日本語ばかり話す人が多いのだろう?

とずっと疑問に思っていました。

 

しかし、以下のような理由で、
海外に留学しても多くの日本人が
日本人と一緒に過ごし日本語ばかり
話してしまうことが分かりました。

 

英語が喋れないで留学すると…

英語が喋れないまま留学すると、

学校で外国人のクラスメイトと
英語で会話することができず、

授業中に先生に質問することも
できないので孤独感を感じます。

英語が喋れないで留学すると孤独

 

そんな時に同じ学校に日本人がいると、

日本人と仲良くなり居心地がいいので
ずっと一緒にいて日本語ばかり話して
しまうというパターンが一番多いです。

 

そして、日本人は仲間意識が強いので、

一度日本人のグループに入ってしまうと
途中でこのままではダメだと気づいても
なかなか抜け出せなくなってしまいます。

 

海外に留学する一番のメリットは、
たくさん英語に触れられる環境で
生活できることです。

しかし、日本人と一緒に過ごして
日本語ばかり話して生活するなら、
日本にいるのとあまり変わりません。

 

そして、日本語ばかり話していれば、
当たり前ですが英会話は上達しない
という結果になってしまいます。

よって、海外へ英語留学するなら、
ペラペラに喋れなくてもいいので
外国人と英語で簡単な会話はできる
英会話力をつけてから行きましょう。

 

日本人の結びつきは非常に強い

それでは日本にいる間にある程度、

英語で会話できるようになってから
留学すれば大丈夫という訳ではなく、

新たに以下の問題にぶつかります。

 

それは、海外で出会う日本人同士の
結びつきは非常に強いことです。

英語が喋れないで留学すると失敗

 

私がフィリピンのセブ島で
全寮制の学校に留学した時に

留学する前は日本語は話さず
英語だけ話すつもりだったが、

寮に入ったら日本人が相部屋で
初日から日本語を話してしまい
抜け出せなくなったと言っていた
日本人の生徒がいました。

 

この生徒は私とは英語で会話しましたが、
他の日本人とは日本語で話していました。

よって、英語で会話する力はあるのに、
周りに日本人がたくさんいると流されて
日本語ばかり話してしまっていました。

 

私がセブ島で通っていた語学学校は、
授業が行われる校舎内は英語オンリーの
決まりがあったにも関わらずほとんどの
日本人は日本語で会話していました^^;

自分は大丈夫と思うかもしれませんが、
そのくらい日本人の結びつきは強いです。

 

私はというと少し料金は高くなりますが、
学校の前にあるホテルの個室に滞在して
学校では外国人の友達と過ごすようにし、
英会話は激的に上達しました。

当たり前のことですが英語環境を作れば、
自然に英会話は上達します。

 

そして、日本語で話しかけられても、
私は学校の英語オンリーのルールに従い
英語で答えるようにしていました。

ただ、日本語を話さないようにすると、
日本人同士でつるんでいる日本人からは
避けられたりすることもありました。

 

日本人がたくさんいる中で英語環境
を作るのは非常に難しいことですが、

あなたは、そのような状況の中でも
日本語を話さず英語を話せますか?

 

留学で英会話を習得した先に…

英語を喋れないまま留学すると
日本人と日本語を話してしまい、
英会話が上達しないと分かっていても、

留学前に英会話を上達させたり
留学後に外国人の友達を作るといった
行動を起こせない方がたくさんいます。

英語が喋れないで留学してはダメ

 

英会話を習得したくて留学しても
日本語ばかり話してしまうのは、

日本語を話せないまま留学してしまう、
日本人同士の強い結びつきの他に、

英会話を習得した先のゴールが不明確
ということも原因の一つです。

 

なぜなら、留学で英会話を習得した
先のゴールが明確になっている方は、

外国人の友達を作るなどの行動をして
英語環境を作って英会話を上達させる
ことができているからです。

 

私も、イギリスに留学した時に、
英会話習得して帰国後は英語に関わる
仕事をするとゴールが明確だったので、

無理してがんばっている訳でもなく
自然に外国人の友達を作って英語を
話すという行動ができていました。

 

そして、たった3ヶ月で英会話を
激的に上達させることができました。

 

その反面、最終ゴールが不明確なまま、
英語を話せるようになったらいいなあと
なんとなく留学していた日本人の多くは、

半年や1年留学していても英語を話せる
ようになっていませんでした。

 

最終ゴールを明確にすることは、
行動や結果に影響するということは
心理学の研究で解明されており、

それについては以下で解説します。

 

留学で英会話を上達させるために

留学中に英会話を上達さるために
まず何から始めるべきかと言うと、

それは、ずばり!
留学して英会話を習得した先の
最終ゴールを明確にすることです。

留学で英会話を上達させるために

 

は!?

そんなことをして意味があるの?

英会話を上達させたいんだから、
英会話を上達させる方法を教えてよ!

と思いましたか?

 

既に、英会話を習得した先の
ゴールが人にスラスラ言えるくらい
明確になっている方はここから先は
読む必要がないでしょう。

 

しかし、留学すれば英会話は上達すると
なんとなく思っている方は要注意です!

留学に失敗する可能性が極めて高いので、
必ず以下をお読み下さい!!

 

英会話を習得した先のゴールなど、
最終的なゴールは心理学の用語で
ヴィジョンと呼ばれます。

そして、ヴィジョンの力は、
環境、行動、能力より強いことが
心理学の研究で分かっています。

 

例えば、野球やサッカーのスポーツで、
足が遅いなど、能力は他の選手と比べて
劣っているのに成績がよく、年俸が高い
選手がいますがこれはヴィジョンの力です。

 

プロサッカーの本田選手も、
自分は日本代表の中で技術的には
一番下手だと言っていました。

正直、足も遅いほうだと思います。

しかし、出している結果や年俸は
日本人でもトップレベルです。

 

これは、彼は世界一の選手になる、
日本をワールドカップで優勝させると
ヴィジョンを明確にしていたからです。

雑誌やテレビのインタビューでも、
他の人に批判されても自分はブレない
ということをよく言っていました。

 

歌やダンスが日本で一番上手い
という訳ではないアイドルのCDが
日本で一番売れたりするのも、

彼女達が歌やダンスでファンや
日本を元気にするという明確な
ヴィジョンを持っているからです。

 

ヴィジョンが全てではありませんが、
環境・行動・能力より結果に影響する
ということは分かっているので、

英語でも留学前に英会話を習得した
先のゴール(ヴィジョン)を明確にして
行動すると結果は変わります。

 

私自身ヴィジョンについて
まだ知りませんでしたが、

最初にイングランドに留学した時、

会社も辞めて留学していたので
英会話を必ず習得して帰国後は
英語を使った仕事に就くという
ヴィジョンを持っていました。

 

そうしたら行動もそれに伴い、
他の日本人達が集まって遊んでいても
全く気にならず自分は外国人の友達と
過ごし英語環境を作っていました。

そのおかげでたった3ヶ月で
激的に英会話が上達しました。

 

そして、フィリピンに留学した時も、

海外で環境問題を解決するための
事業を行うためにビジネスで通用する
英語力を身につける

というヴィジョンを持っていたので、
他の日本人が日本語ばかり話していても
そのグループには入らず英語環境を作り
英会話を上達させることができました。

 

他にも1割~2割くらいですが、
英語を話せるようになった先の
ヴィジョンが明確になっている留学生は、

日本人グループに入らず英語環境を作り
英会話も上達していました。

 

よって、留学する時はその前に、

なぜ留学するのか?留学して
英会話を習得した先に何をしたいのか?

ということを人にスラスラ言えるくらい
明確にしてから留学しましょう!

 

ヴィジョンと聞くと難しそうに
感じる方もいるかもしれませんが、

なぜ留学をして英会話を学ぶのかという
留学の目的を明確にするだけです。

 

ただ、目標は目的とは違うので、
その違いは知っておいて下さい。

以下で、留学の目的を明確にする方法と
目的と目標の違いについて解説しています。

 

留学前に英会話を上達させる方法

私は留学中に英会話が上達しない
日本人を本当にたくさん見ました。

日本人の英会話が上達しない理由は
これまでにお伝えした通りですが、
お金と時間を使って海外まで行くのに
本当にもったいないと思います。

 

ヴィジョンを明確にすることは、

留学する時だけではなく、
日本で英会話を上達させたい時も
非常に効果があります。

よって、これを軽く考えないで、
ぜひ最初に行うようにして下さい。

 

そして、留学の目的を明確にすると
無意識に浸透させると行動が変わり、

ここで初めて英会話の練習をすると
加速的に英会話が上達します。

 

しかし、留学にお金を使っているので、
日本で英会話の上達にお金を使うのは
大変だと思います。

そこで、お金をかけずに自分でできる
英会話上達法の無料講座があります。

 

メールアドレスを入力するだけで
受講できますので無料講座の内容は
以下をお読み頂ければと思います。

日本語環境で英会話を習得したい
日本人の大人の脳の特性に沿った
英会話上達法の無料講座