Weblio英会話で初心者にお勧めの教材と効果的な使い方

Weblio英会話で初心者にお勧めの教材と効果的な使い方

オンライン英会話の中でも安い、
Weblio英会話はオンライン辞書の
Weblio運営なので安心感もあります。

よって、私は約2年Weblio英会話で
英会話レッスンを受けていました。

 

そこで、その経験から初心者に
お勧めの教材と脳科学的な観点から
効果的な使い方を紹介します。

初心者が上達した時のために、
中級者や上級者の効果的な使い方
についても解説しています。

Weblio英会話の教材

Weblio英会話では、

入門(Entry)
初心者向け(Beginner)
中級者向け(intermediate)
上級者向け(Expert)と、

以下のようにレベル分けされた
無料教材が用意されています。

weblio英会話の教材

 

初心者にお勧めの教材

入門教材のEntryの内容は、
以下のようにI amやWe areなど、
中学1年生で学ぶ内容です。

よって、すごく英語が苦手な方や、
中学で学んだことを完全に忘れて
しまっている方向けになります。

 

以下は入門レベルの教材の項目ですが、
I am、He is、It’sなどは分かるという方は
レベル2~レベル3の初心者向け教材で
レッスンを受けることをお勧めします。

weblio英会話の入門教材

 

教材はWeblioのHPで見れるので、
中身を見て簡単すぎると思ったら
初心者向けの教材から始めましょう。

おそらく、ほとんど初心者の方には、
Beginnerの教材がお勧めです。

 

以下のように、初心者向けの教材では、
家族、食べ物、友達、音楽、旅行など、
日常の会話で使う英語表現を学びます。

weblio英会話の初級者向け教材

 

そして、入門や初心者向け教材は、
以下のように全ての英文に対して
日本語の意味も書かれているので

英会話を始めたばかりの初心者も
安心して学ぶことができます。

weblio英会話の教材

 

月3000円以下で利用できるほど安いのに、
Weblio英会話は無料教材が充実しています。

しかし、いくら教材が充実していても
正しい使い方をしないと上達しないので、
初心者向けの脳の特性に沿った効果的な
Weblio英会話の使い方を紹介します。

 

初心者の効果的な使い方

脳に新しい情報を記憶すためには、
1ヶ月に平均7日のインプットが必要なので、
毎日プランはお得ですが毎日レッスンを受けて
新しい内容を学習してもあまり上達しません。

 

英会話の上達は言えないことを
言えるようにすることなので、
新しい内容を学んだら繰り返し復習して
言えるようにしていく必要があります。

そこで、最初は月4回レッスンを受ける
お試しプランで週1回レッスンを受けて、
そのレッスンで学んだことを次のレッスン
までの6日間復習するようにしましょう。

 

そして、音読すると黙読の時と比べ学習効果が
5倍から10倍になることが分かっているので、
復習する時に英文を声に出して言うようにすると
短い時間で高い学習効果を得ることができます。

 

レッスンを受けるペースが週1回だと、
と少ないと感じるかもしれません。

しかし、脳には安定化指向といって
急激な変化を嫌うという特性があるので、
今まで英語に触れてこなかった方がいきなり
たくさん英語に触れると脳が嫌がります。

その結果、継続できないということが
怒りやすくなります。

 

逆に、脳には可塑性(かそせい)という
少しずつなら変化できる特性があるので、
英会話の練習量も少しずつ増やしていくと
ストレスなく続けることができます。

英会話の上達は少しずつでも
毎日継続することが大事なので、
焦らず脳の可塑性に合わせて行うことが
効率よく上達させるポイントです。

 

中級者の効果的な使い方

次に、週1回レッスンを受けて6日復習する
というサイクルを継続できるようになったら、
週2回レッスンを受けて復習する量を増やす
ようにすればスムーズに上達していきます。

 

脳には既に記憶されている情報に関連づけて
新しい情報を記憶するという特性もあるので、

脳に記憶されている英語の情報が増えるほど、

新しい英単語や英語表現などを記憶している
情報に関連づけて記憶できるようになるため、
少ない繰り返しで記憶できるようになります。

 

よって、最初は6日復習が必要だったのが、
5日→4日と少なくて済むようになります。

そして、復習するのが3日位でよくなったら
月8回プランにして週2回レッスンを受けて、
レッスンとレッスンの間の3~4日復習する
というサイクルにすれば上達が加速します。

 

このように、初心者は週1回レッスン
を受けて6日復習するというサイクル、

中級者は週2回プランで1回レッスンを
受けたら3~4日復習するというように、
レッスンの回数を増やしましょう。

 

使う教材は、健康や病気、介護など、
日常会話でも専門的な英語表現を学習
できる中級者向け教材がお勧めです。

weblio英会話の中級者向け教材

 

上級者の効果的な使い方

上級者は、外国人と英語で話す機会を
できるだけ増やすことが上達の鍵です。

そこで、週2ペースでレッスンを受けて
ほどんど復習をする必要がなくなったら、
毎日プランでたくさんレッスンを受ける
ことをお勧めします。

 

このようにレッスンの回数を増やしていくと、
お金と時間を無駄にすることなくスムーズに
英会話を上達させることができます。

脳の安定化指向に逆らわず可塑性に沿って、
少しずつステップアップしていって下さい。

 

上級者には、Weblioの上級者向け教材か
ニュース記事のレッスンがお勧めです。

 

Weblio英会話の体験談

以下では、Weblio英会話の利用者の口コミや、
私がニュース記事を使ったレッスンを受けた
体験談を紹介しています。

 

初心者は学校で上達しない

英会話学校は魅力的な広告で、
通えば英語が話せるようになると
私達を錯覚させてます。

 

しかし、英会話学校に通って
週1回レッスンを受けたとしても、
そこで学んだ内容を復習しないと
英会話は上達しません。

通う前は一生懸命、勧誘しますが、
通い始めたらほったらかしという
英会話学校も多いと思います。

 

結局、脳の特性に沿った正しい方法、
正しい順番で練習を続けていくかが
効率よく英会話を上達させる鍵です。

マレーシア人やカンボジア人の多くは
高校や大学を卒業すると英語を話せますが、
マレーシアやカンボジアに日本にあるような
英会話学校や英語教材はありません。

 

彼らは、脳科学などは学んでいませんが、
自然に脳の特性に沿った上達する方法で
学習と練習をしているだけです。

当サイトでは、脳の特性に沿った
英単語の覚え方やリスニングの上達法など、
英会話習得に役立つ情報を公開しているので
ぜひ参考にして頂ければと思います。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート