affectとeffectの違い!英語で影響する・もらたすの使い方

affectとeffectの違い

英語でaffectは「影響する」、
effectは「もたらす」と意味は
似ていますが使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
affectとeffectの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

affectとeffectの違い

affectは、「影響する」という
意味の動詞として用いられます。

 

affectとスペルは似ていますが、
effectは「効果」という名詞として
用いられることが多いです。

ただ、effectは「もたらす」や、
目的・計画を「成し遂げる」という
動詞としても用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
affectとeffectの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

affectの例文と使い方

以下はaffectを用いた例文ですが、

The climate affects my health condition.
「その気候は、私の健康状態に影響する。」

その気候が私の健康に影響を及ぼす
ということを表します。

affectの例文と使い方

 

そして、affectの過去形と
過去分詞は共にaffectedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

以下は、affectの過去形を用いた例文です。

This book affected his future.
「この本は、彼の将来に影響を及ぼした。」

 

affectは、以下の例文のように、

We were affected by her speech.
「私達は、彼女のスピーチに感動した。」

be affected(過去分詞)という
受動態の形でもよく用いられます。

 

be affectedの直訳は
「影響された」となりますが、
そこから「感動した」という
意味になります。

 

effectの例文と使い方

以下はeffectを用いた例文ですが、

He effected the reform.
「彼は、その改革を成し遂げた。」

effectは目的や計画を「成し遂げる」
という意味の動詞として用いられます。

effectの例文と使い方

 

そして、effectの過去形と
過去分詞は共にeffectedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

effectには「もたらす」という
動詞としての意味もありますが、
ほとんど見かけません。

また、effectは「効果」や「影響」
という意味の名詞として用いられる
ことが多いです。

 

以下では、影響という意味を持つ、
effect・influence・impact・impressの
違いと使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、affectとeffectの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ