want・hope・wishの違いと使い方を例文を用いて解説

want・hope・wishの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
want・hope・wishの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

want・hope・wishの違い

wantは「~を欲する」
という純粋な願望・欲求、

hopeは実現できるかもと
期待を含んでいる「望む」、

wishは実現できそうもないことを
「望む」という意味で用いられます。

 

この違いを理解して頂くために、
以下でwant・hope・wishそれぞれの
使い方を例文を用いて解説します。

 

wantの使い方と例文

以下に、例文を用いて
wantの使い方解説します。

 

例えば、

「私は、アメリカに行きたい。」

という純粋な願望を表す場合には
以下のようにwantを用います。

I want to go to America.

 

wantは純粋な願望なので、
とにかくアメリカに行きたいという
気持ちを表す時に用います。

 

以下の例文も、

I want something to drink.
「私は、(何か)飲み物が欲しい。」

喉が渇いていて何でもいいから
とにかく飲み物が欲しいという
ことを表します。

 

hopeの使い方と例文

wantが「~したい」と
純粋な願望を表すのに対し、

実現できるかもしれないという
期待を持って基本的に自分以外の
誰かに対する希望や望みを表します。

 

以下はhopeを用いた例文ですが、

I hope he will go to America.
「私は、彼がアメリカに行くことを望んでいる。」

彼がアメリカに行けるかもしれない
という期待を持って私が望んでいる
ことを表します。

 

wishの使い方と例文

wantはしたいという純粋な願望、

hopeはできるかもという
期待を持った願望を表しますが、

wishは「~たらいいのになあ」と
実現できそうもない願望を表します。

 

以下はwishを用いた例文ですが、

I wish I could go to America.
「(私は、)アメリカに行けたらいいのになあ。」

アメリカに行ける可能性は低いが
望んでいることを表しています。

 

wishは仮定法でよく用いられ、
以下のような形になります。

 

・I wish+仮定法過去

I wish S 動詞の過去形 ~

例文)I wish I were a bird.
「(私は、)鳥ならいいのになあ。」

I wish S 助動詞の過去形 ~

例文)I wish I could pass the test.
「(私は、)そのテストに合格できたらいいのになあ。」

 

・I wish+仮定法過去完了

I wish S had+過去分詞 ~

例文)I wish I had visited there.
「(私は、)そこを訪れたらよかった(のに)。」

I wish S 助動詞+have+過去分詞 ~

例文)I wish I could have joined the party.
「(私は、)そのパーティーに参加できたらよかった(のに)。」

 

まとめ

ここではwant・hope・wishの意味
の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

way・road・streetの違いと
使い方を例文を用いて解説