catchとcaptureの違い!使い方と覚え方を例文を用いて解説

catchとcaptureの違い

英語で「捕らえる」と似た意味の
catchとcaptureは、以下のような
違いがあります。

catch

動いている物を
「捕らえる」「捕まえる」

capture

捕まえるのが困難な動物などを
「捕らえる」「捕獲する」

 

関連した英単語をセットで覚えるのが、
脳科学的に記憶しやすい覚え方
です。

そこで、ここでは似た意味を持っている
catchとcaptureの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

catchとcaptureの違い

catchとcaptureは共に
「捕らえる」「捕まえる」
という意味を持っていますが、

catchは動いている物を「捕らえる」
「捕まえる」という意味で用いられ、

captureは捕まえるのが困難な
動物などを「捕らえる」「捕獲する」
という意味で用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
catchとcaptureの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

catchの例文と使い方

以下はcatchを用いた例文ですが、

He caught the ball.
「彼は、そのボールをキャッチした。」

catchはボールのように動いている物を
「捕らえる」という意味で用いられます。

 

ちなみに「キャッチボールをする」は、
以下のようにplay catchとなります。

We played catch.
「私達は、キャッチボールをした。」

catchの例文と使い方

 

catchの過去形と過去分詞はcaughtで、
それぞれ発音は以下になります。

 

「風邪をひく」は以下のように
catch a coldが用いられますが、

I caught a cold.
「私は、風邪をひいた。」

 

風邪は動いている菌が体内に入り
簡単にひくので、以下のように
captureは用いません。

✖I captured a cold.

 

また、以下の例文のように、

Cats catch rats.
「猫は、ネズミを捕まえる。」

catchは動いている動物を「捕まえる」
という意味もあります。

 

これが、捕まえるのが困難な動物
などを「捕らえる」という意味だと、
captureが用いられます。

 

captureの例文と使い方

以下はcaptureを用いた例文ですが、

They captured the lion.
「彼らは、そのライオンを捕獲した。」

captureは捕まえるのが困難な動物などを
「捕らえる」という意味で用いられます。

captureの例文と使い方

 

ライオンは簡単に捕まえれないので、
以下のようにcatchだと不自然です。

△They caught the lion.

 

captureの過去形と過去分詞はcapturedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

また、以下の例文のように、

The y captured the soldiers of their enemy.
「彼らは、敵の兵士達を捕らえた。」

captureは捕まえるのが困難な人を
「捕らえる」時にも用いられます。

 

この場合も、戦っている敵の兵士を
捕まえることは難しいのでcaptureを用い、
以下のようにcatchは不自然になります。

△They caught the soldiers of their enemy.

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、catchとcaptureの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート