評価を英語で!evaluation・assessment・reputationの違い

英語で「評価」「評判」という意味の
evaluation・assessment・reputationは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳は関連した情報をセットで
覚えると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
evaluation・assessment・reputationの
違いと使い方を例文を用いて解説します。

evaluationとassessmentの違い

evaluationとassessmentは、
共に「評価」という意味で
置き換えが可能です。

 

ただ、assessmentのほうが
試験やテスト的な「評価」と、

evaluationより軽い感じの
ニュアンスになるようです。

 

そして、evaluationのほうが、
最終的な「評価」というように
硬いニュアンスになります。

evaluationとassessmentの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
evaluationとassessmentの違いと
使い方についてみていきます。

 

evaluationの例文と使い方

以下はevaluationを用いた例文ですが、

The final evaluation was released yesterday.
「最終的な評価が、昨日発表された。」

最終的な評価を表す場合には、
evaluationが用いられます。

 

また、evaluationは、
数値で表すことができなくても
グラフなどで表すことができる
評価についても用いられます。

 

evaluationの発音は、以下になります。

 

assessmentの例文と使い方

以下はassessmentを用いた例文ですが、

According to the assessment, 
the environment is getting worse. 
「その評価によると、
環境は悪くなっている。」

 

assessmentは、数値的な評価の他、
景気や人物、教育の評価などを含む
アナログ的なデータに基づく評価を
表す時にも用いられます。

 

assessmentの発音は、以下になります。

 

reputationの意味と使い方

reputationは、人や会社、商品
などの「評判」という意味です。

reputationの意味と使い方

 

それでは、以下に例文を用いて
reputationの使い方をみてみます。

 

以下はreputationを用いた例文ですが、

The reputation of the company is good.
「その会社の評判は、良い。」

このように、reputationは世間の評判
という意味で用いられます。

 

以下のように、reputationは、

He got a good reputation.
「彼は、良い評判を得た。」

人の「評判」という意味でも
用いられます。

 

reputationの発音は、以下になります。

 

「評価する」を表す英単語

以下では、英語で「評価する」
という意味を持つ英単語の違いと
使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

evaluation・assessment・
reputationの違いと使い方
について解説しましたが、

脳は複数の情報を関連付けて覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

このように類義語をまとめて覚えると
英単語を記憶しやすいのでお勧めです。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ