view・sight・scene・scenery・landscapeの違いを例文を用いて解説

view・sight・scene・scenery・landscapeの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
view・sight・scene・scenery・
landscapeの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

viewとsightの違い

viewは、限定された特定の場所
から見える「景色」を表します。

viewとsightの違い

 

例えば、ocean view
「オーシャンビュー」
という言葉がありますが、

これはホテルの部屋など限定された
場所から見える海の景色を表します。

 

また、viewは全体的な光景を表し、
比較的遠くの景色に用いられます。

 

sightにも「景色」という
意味がありますが、

viewのように限定的な景色ではなく
目に入ってくる光景という意味で
用いられることが多いです。

 

それでは、viewとsightの使い方を
以下に例文を用いてみていきます。

 

viewの例文と使い方

以下はviewを用いた例文ですが、

I saw a nice view of the sunset
from the top of the mountain.
「私は、その山の頂上から
素晴らしい夕日の景色を見ました。」

山の頂上という特定の場所から
素晴らしい夕日の景色が見れた
ということを表しています。

viewの例文と使い方

 

以下のviewを用いた例文では、

You can see a beautiful ocean view
from the room of the hotel.
「あなたは、そのホテルの部屋から美しい
オーシャンビューを見ることができます。」

ホテルの部屋という限定された
場所から美しいオーシャンビュー
が見れることを表しています。

 

また、これらの例文のように
viewを用いると比較的遠くの
全体的な景色を表します。

 

sightの例文と使い方

以下はsightを用いた例文ですが、

The sight of the garden is beautiful.
「その庭の景色は、美しい。」

日常的に見れる庭の景色が美しい
ということを表しています。

 

viewが限定されたり特定の場所
から見える景色を表すのに対し、
sightは普段目に入ってくる景色や
ありふれた景色によく用いられます。

sightの例文と使い方

 

また、sightsと複数形になると
以下の例文のように観光の「名所」
という意味になります。

I will visit the sights of the country.
「私は、その国の名所を訪れるつもりです。」

 

viewとsceneの違い

viewがある特定の場所から
見える景色を表すのに対し、

sceneは舞台や映画のシーンなど
特定の条件下かつ限られた範囲の
光景や眺めに対して用いられます。

 

viewは比較的遠くの全体的な
広い範囲の景色を表しますが、
sceneは限られた範囲の比較的
近くの景色を表します。

それでは、viewとsceneの使い方を
以下に例文を用いてみていきます。

 

sceneの例文と使い方

以下はsceneを用いた例文ですが、

I like the scene of the movie.
「私は、その映画のそのシーンが好きです。」

このsceneはその映画を見るという
条件下で見れる限られた範囲の風景
を表しています。

sceneの例文と使い方

 

以下の例文のsceneは、

The picture is the scene from the window of the train.
「その絵は、その列車の窓からの風景です。」

その列車に乗るという条件下で
窓からという限られた範囲の景色
を表しています。

 

これらの例文のように、
sceneは特定の条件下かつ
限られた範囲の景色を表しますが、

viewは特定の条件下ではなく
特定の場所から見える比較的遠くの
全体的な景色になります。

The view from the top of the hill is magnificent.
「その丘の頂からの眺めは、壮大です。」

 

sceneryとlandscapeの違い

sceneryは比較的広い範囲の
自然の風景を表す時に用いられ、
美しい景色というニュアンスが
含まれることが多いです。

 

landscapeは大自然のように、
一目で見渡すことができる広い
範囲の景色に用いられます。

sceneryとlandscapeは似ていて、
どちらも使える場合が多いです。

 

それでは、以下に例文を用いて
sceneryとlandscapeの使い方を
みていきます。

sceneryの例文と使い方

 

sceneryの例文と使い方

以下はsceneryを用いて例文ですが、

I saw a lot of awesome scenery of nature in Australia.
「私は、オーストラリアでたくさんの
自然の素晴らしい景色を見ました。」

オーストラリアで広大な自然の
景色を見たことを表しています。

 

また、sceneryは不可算名詞で
複数形にならないので使う時に
注意が必要です。

 

以下は、sceneryを用いた
もう一つの例文です。

We can see beautiful scenery
around the Rocky Mountains.
「私達は、ロッキー山脈の周りにで
美しい景色を見ることができます。」

 

このように、sceneryは美しい景色
の時に用いられることが多いです。

 

landscapeの例文と使い方

以下はlandscapeを用いた例文ですが、

She painted the landscapes around Mt.Fuji.
「彼女は、富士山の周りの
風景(画)を描いた。」

富士山の周りの大自然の景色の絵を
描いたということを表しています。

landscapeの例文と使い方

 

以下のlandscapeを用いた例文は、

He took photos of the landscapes.
「彼は、その風景写真を撮った。」

その広大な景色の写真を撮った
ということを表します。

 

sceneryとlandscapeは広大な自然
風景という意味で似ていますが、

以下のようにsceneryを用いると、

He took photos of the scenery.
「彼は、その風景写真を撮った。」

landscapeより美しい風景という
ニュアンスが含まれます。

 

効率の良い英単語の覚え方

view・sight・scene・
scenery・landscapeの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。