tough・strong・powerfulの違い!英語で強いの使い方

tough・strong・powerfulの違い

英語で「強い」を表す
tough・strong・powerfulには、
以下のような違いがあります。

  • tough:肉体的・精神的に「強い」
  • strong:肉体的・精神的に「強い」
  • powerful:「力強い」「影響力がある」

 

※一般的に、strongのほうが
toughよりよく用いられます。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
tough・strong・powerfulの違い
と使い方
についてを例文を用いて
詳しく解説します。

tough・strong・powerfulの違い

toughは日本語でもあるタフ
という言葉のイメージ通りに、

肉体的に「屈強な」
精神的に「たくましい」

という意味で用いられます。

 

strongは、「強い」という意味で
一般的に最も用いられる英単語で、

肉体的・精神的な強さどちらにも
用いることができます。

 

powerfulは「力」という意味のpowerと
「いっぱい」という意味のfulがくっつき、
「力強い」という意味で用いられます。

powerfulは力が強いという意味の他、
国や組織が「影響力のある」という
意味も持っています。

 

まとめると、toughとstrongは肉体的・
精神的に「強い」という意味ですが、
一般的にstrongがよく用いられます。

toughは、肉体的に「屈強」、
精神的に「たくましい」という時に
用いられます。

 

powerfulは「力強い」という意味で、
「力持ち」「影響力が強い」という
場合に用いられます。

tough・strong・powerfulの違い

 

tough・strong・powerfulの発音は、
それぞれ以下になります。

・tough

・strong

・powerful

 

それでは、以下に例文を用いて
tough・strong・powerfulの違いと
使い方についてみていきます。

 

toughの例文と使い方

以下はtoughを用いた例文ですが、

He has got tough through the experience.
「彼は、その経験を通してたくましくなった。」

その経験を通して肉体的または
精神的に強くなったことを表します。

 

toughは、辛い経験や苦しい状況に
耐えられるほど肉体や精神面が強い、
たくましいことを表します。

よって、toughは「たくましい」と
訳されることが多いです。

 

strongの例文と使い方

以下はstrongを用いた例文ですが、

He is strong.「彼は、強いです。」

彼の力が強いこととを表します。

strongの例文と使い方

 

strongは精神的に強いという
意味も持っていますが、

上の例文だと一般的に力が強い
というニュアンスになることが
多いように思われます。

 

精神的に強いと言う場合は、
以下のようにmentally「精神的に」
といったような言葉を付けます。

He is strong mentally.
「彼は、精神的に強い。」

 

または、以下のように
言ったりもします。

He has a strong heart.
「彼は、強い心を持っています。」
=「彼は、精神的に強い。」

 

powerfulの例文と使い方

以下はpowerfulを用いた例文ですが、

His speech was powerful.
「彼のスピーチは、力強かった。」

影響力のあるという意味で力強かった
ということを表しています。

 

もちろん、以下の例文ように、
powerfulは「力持ち」と力が強い
という意味でも用いられます。

He is powerful.「彼は、力持ちです。」

 

強いを表すその他の英単語

ここでは、tough・strong・
powerful以外の「強い」という
意味を持つ英単語を紹介します。

hardとstillの意味と使い方

 

・hard「(お酒が)強い」

hardは、以下の例文のように、
アルコール度数が高いという意味で
お酒が強いということを表します。

The liquor is hard.
「そのお酒は、強い(アルコール度数が高い)。」

 

hardの発音は、以下になります。

 

・stiff「(薬の効力が)強い」

stiffは、以下の例文のように、
薬の効力が強いという意味で
用いられます。

The cold medicine is stiff.
「その風邪薬は、効力が強い。」

 

stiffの発音は、以下になります。

 

・thick「(なまりが)強い」

thickは、以下の例文のように、
なまりが強いことを表します。

She has a thick accent.
「彼女は、強いなまりを持っている。」
=「彼女は、なまりが強い。」

 

thickの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
tough・strong・powerfulの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート