英語が聞き取れるようになる期間・おすすめの方法とは?

英語が聞き取れるようになるまでの期間

高額な英会話教材を購入しなくても、
無料動画で英語が聞き取れるように
なることは可能
です。

 

ただし、やみくもに英語学習や
リスニングの練習をしてもダメで、

脳科学的なポイントを押えてしっかり
学習や練習をする必要があります

 

そこで、ここでは英語のリスニングが
上達する脳科学的におすすめの方法や

英語が聞き取れるようになるまでの期間
おすすめの無料動画サイトを解説します。

英語が聞き取れるようになる期間

ここではまず、英語が聞き取れるよう
になるまでの期間について解説します。

英語が聞き取れるようになるまでの期間

 

生存本能に関わる変化は3ヵ月

アメリカで行われているダイエット
や禁煙プログラムを開発する研究で、

成功者の統計をとると3ヵ月で成功
している人数が圧倒的に多いことから

生存本能に関わる変化には約3ヵ月
必要であると言われています。

 

そこで、言語能力であるリスニング、
英語が聞き取れるようになるまでの
期間も最低3ヵ月はかかると考えて、

最初の2ヵ月くらいまではあせらず
正しい方法で練習に取り組みましょう。

 

そして、3ヵ月で大きく上達しても、

ダイエットで体重が大きく減っても
定着せずリバウンドしてしまうように、

英語のリスニングも3ヵ月くらいだと
完全にそのリスニング能力が定着する
とは言い切れません。

 

これは、脳には急な変化を嫌う
安定化指向という特性があるため、

短期間で急激に変化すると脳が元の
状態に戻そうとすることが原因です。

 

逆に、脳には可塑性(かそせい)という
少しずつなら変化できる特性があるので、

半年から1年かけて少しずつ変化すると
元に戻らない上達(変化)が得られます。

 

よって、長く感じると思いますが、
半年から1年くらいじっくり取り組む
ことをおすすめします。

 

1ヵ月続けて習慣を身につける

生存本能に関わる変化には
3ヵ月くらい必要ですが、

簡単な習慣は3週間から
4週間で身につきます。

 

そこで、練習を一ヶ月続けることで
英語に触れる習慣が身につきます。

大きな上達を感じるには早くて3ヶ月、
定着させるには半年~1年かかりますが、
それは毎日練習を継続してこそです。

 

毎日歯を磨く・顔を洗うなどの習慣は
3週間~4週間で身につけられるので、

英語の聞き取りの練習も1ヶ月続けると
習慣になりやすいです。

 

正しい方法で練習を続けるようになれば、
英語のリスニング力は確実に向上します。

よって、最初は1日5分からでいいので、
1ヶ月リスニングの練習を続けることを
まずは目標にしましょう。

 

最初のうちはゆるやかに上達する

何かを始めると努力に比例して
スムーズに上達するのではなく、

成功曲線と呼ばれる以下の曲線のように
最初はゆるやかに上達し、ある時大きな
上達を感じるという伸び方をします。

成功曲線

 

そして、正しい方法で練習をして早いと
3ヵ月くらいで大きな上達を感じるので、

最初の1~2ヵ月は成果に一喜一憂せず
練習を続けることで早いと3ヵ月くらいで
英語が聞き取れるようになってきます。

 

ただ、大人は丸覚えで暗記できないので、
コツを押えて練習する必要があります。

それでは、以下は1日5分~10分で、
英語を聞き取れるようになる練習方法と
脳科学的ポイントについてご説明します。

 

英語が聞き取れるようになる方法

ここでは、脳の特性に沿って効率よく
英語が聞き取れるようになる練習方法と
練習をする時のコツについて解説します。

英語が聞き取れるようになる方法

 

同じ動画を1週間繰り返す

脳は新しい情報を記憶するのに
1ヵ月に平均7日のインプットが
必要なことが分かっているので、

同じ動画を1週間繰り返し練習すると
英文に使われている英単語やフレーズを
自然に覚えることができます。

 

これは、英語力に関係なくみんなが
同じように持っている脳の特性なので、
おさえておくべきポイントです。

 

ナチュラルスピードで聴く

初心者はスロースピードで聴くこと
から始めたほうがよい感じがしますが、

スロースピードに耳が慣れてしまうと
その後、ナチュラルスピードに慣れる
のが大変になってしまいます。

 

これは私自身が体験したことですが、

昔買った教材のスロースピードの
CDを約1年聴いて練習したことで、

教材から流れてくるスロースピードの
英語は理解できるようになりましたが、

ネイティブが話すナチュラルスピードの
英語に慣れるまでに時間がかかりました。

 

日本語が話されるスピードより
英語のスピードが圧倒的に速いことが、

多くの日本人が英語の聞き取り
を苦手とする理由の一つなので、

スロースピードで英語を聴く練習をしても
聞き取りの本物の力は身につきにくいです。

 

それでは、英語がなかなか聞き取れない
初心者の方はどうしたらよいかというと、

最初は短い英文をナチュラルスピードで
聴く練習をするということです。

 

そして、ネイティブスピードで聴いて、

短い英文を理解できるようになったら
少しずつ長い英文を聴く練習をしていく、

というようにステップアップしていきます。

 

英語はスピード以外にリズムや
周波数も日本語と異なるので、

短い英文からリスニングをすることで
初心者の方も英語のスピード、リズム、
周波数に耳が慣れていきます。

 

脳には安定化指向という特性があり、

スロースピードに脳が慣れてしまうと
脳はその状態に安定しようとするので、

ネイティブスピードが聞き取れるように
ならないということが起こりやすいです。

 

無理して急激に変化したとしても、
安定化指向により脳は急激な変化を嫌い、

ダイエットで短期間で急激に痩せた時の
リバウンドのように元に戻してしまいます。

 

逆に、脳には少しずつなら変化できる
可塑性(かそせい)という特性もあります。

 

最初は、英語と異なる日本語のスピード、
リズム、周波数に脳が安定しているので、

可塑性に沿って短い英文から少しずつ
ネイティブスピードに脳を慣らしていくと
結果としてよい効果を得るコツです。

 

聞き取りに加えて書き取る

英語の聞き取りの練習をする時に
英文を聞いた後で書き取りをすると
早く短期記憶から長期記憶にできます。

理由は、書き取りをすると右脳と
左脳を繋いでいる脳梁(のうりょう)
という部位が使われるからです。

 

書き取りをすると脳梁を通って
右脳と左脳の間で情報が伝達され、

これにより聴いているだけの時と比べて
学習効果が5倍から10倍になります。

 

小学校の時、ノートに毎日1ページ
漢字の書き取りの宿題をしていたのは、

漢字を覚えるのにすごく理にかなった
勉強方法だったのです。

 

よって、英語の聞き取りも英文を聴き、
その後で聴いた英文の書き取りをすると
英単語や英語表現を覚えやすくなります。

一見手間がかかって遠回りに感じますが、
聞き取りに加えて書き取りをすることは
リスニング上達の近道です。

 

聞いた内容を書く時間がない場合は、
聞いた後に英文を音読しましょう。

 

正しい発音で音読し効果倍増

書く時と同様、声に出して音読すると、

右脳と左脳の間で情報の伝達が行われて
脳梁が使われるので学習や練習の効果が
5~10倍アップします。

 

そこで、英文を集中して聞き、書き取り、
音読するという3つを入れて練習すると、

英語が聞き取れるようになるスピードが
聞くだけの練習と比べて速くなります。

 

さらに、正しい発音で言える言葉は
聞き取れるようになると言われており、

英語の正しい発音を意識して音読すると
英語を聞き取る力は早く向上します。

 

具体的なリスニングの練習方法は
についてはあとでご説明しますが、

以下ではまず英語の発音を改善できる
簡単な練習法が解説されたおすすめの
無料動画を紹介しています。

 

ここまでお伝えしてきたポイントを
押さえてリスニングの練習をすると、

たくさん練習しなくてもスムーズに
英語を聞き取れるようになることが
可能になります。

 

そして、以下では自然に英単語を覚えながら、
スムーズに英語が聞こえて話せるようになる
トレーニング方法について解説しています。

 

英語のリスニングにおすすめの動画

ここでは、リスニングの練習をする
題材や教材を選ぶ時のポイントと、

無料で1万本動画が観れるyoutubeより
おすすめの動画サイトをご紹介します。

English Centralの無料動画

 

楽しいと感じることが大事

まず、脳は楽しいと感じる快の状態の時に
パフォーマンスが良いことが分かっており、

自分が楽しいと感じる動画で練習をすると
さらに学習効果を上げることができます。

 

大手の英会話学校や企業のサービスでも、
楽しくないと脳のパフォーマンスは下がり
継続できず、効果も得られません。

 

逆に、楽しければ自然に毎日続けられ、

脳のパフォーマンスが上がるので
英語が聞き取れるようになるまでの期間
を短くすることが可能になります。

 

レベルに合った動画を選ぶ

私達には「痛みを避けて快楽を得る」
という行動原理が備わっているので、

快に感じることを得ようとするので
楽しいと感じる動画で練習することで
自然に続けられるようになります。

 

しかし、痛みを避けようとするので、

いくら楽しいと感じる動画を選んでも
その動画が難しすぎると痛みに感じて
続けることが苦痛になります。

 

練習を継続できないと上達しないので、

楽しいと感じるということと合わせて
自分のレベルに合った動画を選ぶことが
英語が聞き取れるようになるコツです。

 

また、脳には安定化指向といって
急激な変化を嫌うという特性があり、

レベルに合っていて楽しい動画でも
いきなり30分~1時間観てしまうと
ストレスを感じます。

 

脳には可塑性(かそせい)といって
少しずつなら変化できる特性もあり、

30分の動画でも5分くらいに分けて
少しずつ練習することも、早く英語を
聞きとれるようになるコツです。

 

音声より動画がおすすめの理由

そして、脳は複数の物事が関連づいて
入ってきた情報を重要視し記憶するので、

映像、物語、英単語が一緒に入ってくる
動画のほうが音声だけのpodcastなどより
英単語や英語表現も覚えやすいのです。

 

1万本の動画を観れる無料サイト

最後に、自分のレベルに合った
楽しいと感じる動画が見つかる、

1万本以上の動画を無料で観れる
おすすめのサイトをご紹介します。

 

このサイトは、スポーツなどの日常から、
旅行、文法、英語の発音、会話表現まで
9つのジャンルから動画を選べます。

また、ジャンル毎に初級、中級、上級と
レベル分けされているので自分に最適な
動画を見つけやすくなっています。

主要英文法を27ページにまとめた