shy・ashamed・embarrassedの違い!英語で恥ずかしいの使い方

shy・ashamed・embarrassedの違い

英語で「恥ずかしい」と似た意味を
持つshy・ashamed・embarrassedは、
以下のような違いがあります。

  • shy:「恥ずかしい」という性格
  • ashamed:罪悪感を感じて「恥ずかしい」
  • embarrassed:何かをして「恥ずかしい」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
shy・ashamed・embarrassedの違いと
使い方
について例文を用いて解説します。

shy・ashamed・embarrassedの違い

shyは「シャイ」という
意味で用いられるように、

性格が「恥ずかしい」
ことを表します。

shy・ashamed・embarrassedの違い

 

次に、ashamedは罪を犯したり、
道徳に反することを行ったりして、

罪悪感を感じて「恥ずかしい」
という意味になります。

 

そして、embarrassedは何かをして
間違えたり、失敗して「恥ずかしい」
という意味です。

 

ashamedは自分自身に対して
罪悪感を感じて恥ずかしい、

embarrassedは間違いや失敗をして
他人に対して恥ずかしい気持ちに
なっているという違いがあります。

 

shy・ashamed・embarrassedの発音は、
それぞれ以下になります。

・shy

・ashamed

・embarrassed

 

それでは、以下に例文を用いて
shy・ashamed・embarrassedの
違いと使い方をみていきます。

 

shyの例文と使い方

以下はshyを用いた例文ですが、

She is shy.
「彼女は、シャイです。」

彼女の性格が恥ずかしがり屋さん
であることを表しています。

 

以下の例文のように、

He’s not good at talking with other people
because he is so shy.
「彼はすごくシャイなので、
他の人と話すのが得意ではない。」

shyは恥ずかしがり屋で人と話す時に
緊張するという場合にも用いられます。

 

shyは形容詞なので、上の例文のように
文中で補語(C)として用いられます。

 

また、以下の例文のように名詞を
修飾することもあります。

Ken is a shy boy.
「ケンは、シャイな少年です。」

この例文のshyは、名詞のboyを
修飾しています。

 

ashamedの例文と使い方

以下はashamedを用いた例文ですが、

He’s ashamed of telling a lie to his friend.
「彼は、友達に嘘をついたことを恥じている。」

嘘をつくという非道徳的なことをして
彼が自分自身に対して「恥ずかしい」
と感じていることを表します。

 

以下で、「恥を知りなさい。」
という意味になります。

You should be ashamed of yourself.

 

ashamedは形容詞で、この2つの例文では
補語(C)として用いられています。

 

ahamedは第2文型の補語に入ることが多く、
「恥ずかしいと感じている」という場合には
以下の例文のようにfeelの後ろに置かれます。

I feel ashamed.
「私は、恥ずかしいと感じている。」

 

そして、ashamedは形容詞なので
名詞を修飾することもできますが、

文中でashamed manのような名詞を
修飾する使い方はあまり見かけません。

 

画像を検索する時などに
ashamed manと入力すると、

自分のことを「恥じている男性」
の画像がたくさん出てきます。

 

embarrassedの例文と使い方

以下はembarrassedを用いた例文ですが、

I was embarrassed when I made a mistake in class.
「私は授業で間違えた時、恥ずかしかった。」

間違いをしてクラスメイト(他人)
に対して恥ずかしい気持ちになった
ということを表しています。

 

embarrassedは形容詞と考えてもいいですが、
embarrass「恥ずかしい思いをさせる」という
動詞の過去分詞と考えることもできます。

 

そして、be embrrassedという受動態の形で
直訳は「恥ずかしい思いをさせられた」となり、

「恥ずかしい思いをさせられた」はくどいので
「恥ずかしい」という意味で用いられます。

 

embarrassedをembarrassの過去分詞と捉えて
受動態を作ると考えると難しいと感じる場合は、
embarrassedは形容詞と捉えて使えば大丈夫です。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っている
shy・ashamed・embarrassedの違いと
使い分け方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。