adopt・adapt・adeptの違いと覚え方!例文を用いて解説

adopt・adapt・adeptの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは英単語のスペルが似ている
adopt・adapt・adeptの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

adopt・adapt・adeptの違い

adopt・adapt・adeptは、
スペルは1文字違いですが、
表す意味は異なります。

 

まず、adoptは動詞で、
意味は以下の通りです。

1.意見や方針などを「採用する」

2.人を「養子(養女)にする」

 

adoptの発音は、以下になります。

 

次に、adaptは動詞で、
意味は以下の通りです。

1.新しい環境などに「順応する」

2.風習などを変えて「適合させる」

 

adaptの発音は、以下になります。

 

最後に、adeptは形容詞で、
意味は以下の通りです。

1.「熟達した」「熟練した」

adeptには、名詞として
以下の意味もあります。

2.「熟練者」「達人」

 

adeptの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
adopt・adapt・adeptの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

adoptの例文と使い方

以下はadoptを用いた例文ですが、

My idea was adopted at the meeting.
「私のアイデアは、その会議で採用された。」

adoptには意見や方針などを
「採用する」という意味があり、

この場合はwas adoptedと受動態の形で
「採用された」という意味になります。

 

また、以下の例文のように、

They will adopt the child.
「彼らは、その子供を養子にするだろう。」

adoptには「~を養子にする」
という意味もあります。

 

以下では、adoptに関連した意味を持つ、
adopter・adoption・adoptive・adoptively
の意味と使い方について解説しています。

 

adaptの例文と使い方

以下はadaptを用いた例文ですが、

He will adapt himself to the new environment soon.
「彼は、すぐにその新しい環境に慣れるだろう。」

S adapt oneself to ~ という形で
「Sは~に順応する(慣れる)」
という意味になります。

 

また、以下の例文のように、

I must adapt my behavior to the environment.
「私は、行動をその環境に適合させなければならない。」

adaptには「順応する」という意味の他、
風習などを変えて「適合させる」という
意味もあります。

 

電圧が違う電化製品を接続するために
用いられるadapter(アダプター)は
「適合させるもの」という意味で、

「適合させる」という意味のadaptから
派生した英単語になります。

 

adeptの例文と使い方

以下はadeptを用いた例文ですが、

He has adept skills as a carpenter.
「彼は、大工として熟練した技術を持っている。」

adoptとadaptが動詞であるのに対し、
adeptは形容詞で名詞を修飾します。

 

この例文のadeptは、
「熟練した」→「技術」と
名詞のskillsを修飾しています。

 

そして、前置詞のasには
「~として」という意味があり、

as a carpenterで「大工として」
という意味になります。

 

また、以下の例文のように

She is an adept of cooking.
「彼女は、料理の達人です。」

adeptには「熟練者」や「達人」
という名詞の意味もあります。

 

ただ、「達人」という意味では、
以下のようにmasterを用いられる
ことが多いと思います。

She is a master of cooking.

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、adopt・adapt・adeptの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート