envyとjealousの違い!英語で妬ましいの言い方を解説

envyとjealousの違いと使い方

envyは「妬む」という動詞で、
jealousは「妬んで」「嫉妬して」
という形容詞で使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは、似た意味を持っている
envyとjealousの違いと使い方について
例文を用いて解説します。

envyとjealousの違い

envyとjealousの違いですが、

envyは「妬む」という
意味の動詞なので基本的に
主語の後ろに置かれ、

jealousは「妬んで」「嫉妬して」
という意味の形容詞なので
名詞を修飾したり補語になります。

envyとjealousの違い

 

名詞を修飾?、補語って何?と
思われた方もいるかもしれないので、

envyとjealousの違いと使い方について
以下に例文を用いて詳しく解説します。

 

envyとjealousの使い方

envyは動詞なので、
以下の例文のように

I envy you.
「(あなたのことが)羨ましい。」

envyは「妬む」という意味なので
この英文の直訳は以下になりますが、

「私は、あなたを妬んでいる。」

 

I envy youは、

自分にない他人の境遇や

他人が所有していて自分が
持っていない物に対して、

「羨ましい」と言う時に
よく用いられます。

 

jealousは、形容詞なので
名詞を修飾します。

 

例えば、以下の例文の

I have a jealous boyfriend.
「私には、嫉妬深い彼氏がいます。」

jealousはboyfriendという
名詞を修飾しています。

 

形容詞は、補語にもなります。

 

例えば、以下の例文は、

I’m jealous.
「羨ましい。」

以下のようにSVCの第2文型で、

S:I
V:am
C:jealous

C(補語)のjealousは
I=jealous(「私」=「妬んで」)と
主語とイコール関係になっています。

 

そして、envyとjealousの発音は、
それぞれ以下になります。

・envy

・jealous

 

I envy youとI’m jealousの違い

I envy youとI’m jealousは
共に「羨ましい」という意味で、
同じように用いることができます。

 

ただ、アメリカ英語でI envy youは
フォーマルなニュアンスになるので、

年齢が高くなるほどI envy youを用い、
若い世代はI’m jealousを用いる傾向が
あるとのことです。

 

ただ、友達と話をしている時など、
カジュアルな会話では年齢に関係なく
I’m jealousが使われているとのことです。

 

そして、日本語に「ジェラシー」
という言葉があるように、

jealousは自分が好意をよせる人が
他の人に対して好意を抱いたことに
嫉妬するという意味があります。

 

なので、恋愛の話をしている時に
I’m jealousを用いると誤解される
ことがあるので気をつけましょう。

 

envyとjealousの違いまとめ

ここでは、envyとjealousの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。