英語でコロナワクチンを打つ・接種するの言い方を解説

コロナワクチンを打つ・接種するを英語で

コロナワクチンを打つ
コロナワクチンを接種する

英語でどのように言ったらいいのか?
迷う方も多いと思います。

 

そこで、ここではコロナワクチンを打つ・
コロナワクチンを接種するの英語での
言い方
について例文を用いて解説します。

ワクチンを打つ・接種するを英語で

コロナワクチンを打つ・接種するを
英語でそのように言うのか?の前に、

まずは英語で「ワクチンを打つ」や
「ワクチンを接種する」の言い方から
解説します。

ワクチンを打つ・接種するを英語で

 

まず、英語で「ワクチンを打つ」や
「ワクチンを接種する」の言い方は、
get a vaccineやget vaccinatedです。

 

vaccineは「ワクチン」という意味で、

get a vaccineを直訳すると「ワクチン
をゲットする」で「ワクチンを受ける」
という意味になります。

 

vaccinateは「ワクチンを接種する」
という意味ですが、

自分でワクチンを接種するのではなく
接種されるのでvaccinatedと過去分詞
の形になります。

 

そして、以下のように受動態の形で、
be vaccinated「ワクチンを接種される」
という意味になります。

 

そこから、beを「~してもらう」
という意味を持つgetに置き換えて、

get vaccinatedとすることで直訳は
「ワクチンを接種してもらう」となり、

「ワクチンを打つ」や「ワクチンを
接種する」という意味で用いられます。

 

vaccineは「ワクチン」という意味で、

get vaccinatedを直訳すると「ワクチン
をゲットする」で「ワクチンを受ける」
という意味になります。

 

get a vaccineとget vaccinatedの発音は、
それぞれ以下になります。

・get a vaccine

・get vaccinated

 

英語でワクチンを打ったの言い方

英語で「私は、ワクチンを打った」、
「私は、ワクチンを接種した」は、

get a vaccineとget vaccinatedのgetを
過去形にして以下のようになります。

I got a vaccine.

I got vaccinated.

 

英語で明日ワクチンを打つの言い方

英語で「明日ワクチンを打つ」や
「明日ワクチンを接種する」は、

get a vaccineとget vaccinatedに
未来の予定を表すbe going toを
付けて以下のようになります。

I’m going to get a vaccine tomorrow.

I’m going to get vaccinated tomorrow.

 

willではなくbe going toを用いる理由は、
ワクチンを接種する時は予約をしたり
ワクチンを打つと決めているからです。

willとbe going toの違いについて詳しい
解説が必要な場合、以下をご覧ください。

willとbe going toの違い

 

それでは、「コロナワクチンを打つ」や
「コロナワクチンを接種する」について
英語での言い方を以下で解説します。

 

コロナワクチンを打つ・接種するを英語で

英語で「コロナワクチンを打つ」や
「コロナワクチンを接種する」は、

「ワクチンを打つ(接種する)」の
get a vaccineのvaccineの前にcovidや
coronaを付けて以下になります。

get a covid vaccine

get a corona vaccine

 

英語で「コロナワクチン」は
以下の言い方もありますが、

COVID-19 vaccine(vaccination)
vaccine(vaccination)for COVID-19

covid vaccineやcorona vaccine
と簡単に言っても大丈夫です。

 

そして、英語で「私は、コロナワクチン
を接種した」は以下のようになります。

I got a corona vaccine(covid vaccine).
「私は、コロナワクチンを打った。」

コロナワクチンを打つ・接種するを英語で

 

2回目のコロナワクチンを打つ

「2回目のコロナワクチンを打つ」は、
英語で以下になります。

get the second corona vaccine(covid vaccine)

 

よって、「私は、2回目のコロナ
ワクチンを打った」や「私は、2回目
のコロナワクチンを打つ予定です」は、

それぞれ以下のようになります。

I got the second corona vaccine.
「私は、2回目のコロナワクチンを打った。」

I’m going to get the second corona vaccine.
「私は、2回目のコロナワクチンを打つ予定です。」

 

3回目のコロナワクチンを打つ

「3回目のコロナワクチンを打つ」は、
英語で以下になります。

get the third corona vaccine(covid vaccine)

 

よって、「私は、3回目のコロナ
ワクチンを打った」や「私は、3回目
のコロナワクチンを打つ予定です」は、

それぞれ以下のようになります。

I got the third corona vaccine.
「私は、3回目のコロナワクチンを打った。」

I’m going to get the third corona vaccine.
「私は、3回目のコロナワクチンを打つ予定です。」

 

コロナワクチンを打っていない

英語で「コロナワクチンを打っていない」は、
現在完了形を用いて以下のようになります。

I haven’t got a corona vaccine(covid vaccine).
「私は、コロナワクチンを打っていません。」

 

「まだ、コロナワクチンを打ってない」と
言いたい場合は、文末にyetを付けます。

I haven’t got a corona vaccine(covid vaccine)yet.
「私は、まだコロナワクチンを打っていません。」

 

コロナワクチンを打つ・接種するまとめ

大人の脳は丸覚えが苦手で、
論理的に物事を理解してから
覚えるようにできています。

 

そこで、ここでは英語で
「コロナワクチンを打つ(接種する)」
をどのように言うのか?

例文を用いてできるだけ論理的に
使い方について解説しました。

 

あと、学習して身につける知識記憶より、
実際に使って身につける経験記憶のほうが
圧倒的に早く覚えることができます。

なので、英語を話す練習をする時に、
使える時があったら実際に使ってみると
早く覚えて使えるようになります。

 

以下で、外国人と話す機会がない方でも、
自分で好きな時にできる英語を話す練習法
を紹介しているので参考にしてください。

主要英文法を27ページにまとめた

無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


《e-bookプレゼント》

英語のスピーキング上達のコツ

↓e-bookのダウンロードはこちら↓

※メールが届かなくなることがありますので、
@icloud.com以外のアドレスでご登録下さい。