TOEICに単語帳はいらない!英単語の覚え方&おすすめアプリ

TOEICの英単語の覚え方&おすすめアプリ

TOEICのスコアアップのために、
英単語帳で英単語を覚えようと
しても覚えられない
という方は
多いのではないでしょうか?

 

ネットで口コミ評価が高かったり、
人気の英単語帳を使っても英単語
を覚えられないのには理由があり、

それを知らないと英単語を覚えるのに
ずっと苦労し続けることになります

 

そこで、以下では脳科学的な観点から
TOEICでも効果的な単語帳を使わない
英単語の覚え方
について紹介します。

この覚え方に英単語帳は必要なく、
TOEIC900点以上の取得も可能
です。

TOEICに英単語帳がいらない理由

英単語帳を使わずに効率よく
英単語を覚える方法をお伝えする前に、

ここではTOEICで高得点を取るのに
英単語がいらない3つの理由について
ご説明します。

 

これを知らないと単語帳を使い続けて
いつになっても英単語を覚えられない

ということが起こってしまうので、

以下を読んで大人が単語帳を使っても
英単語を覚えられない理由について
まずは知ってください。

 

大人は単語帳で覚えられない

中学生の時、英単語テストで
苦労した経験のある方は多い
のではないでしょうか?

 

それは、左脳が発達しきる13才
くらいから丸覚えができなくなる
ことが原因です。

丸覚えができる12才くらいまでは
単語帳で英単語を丸覚えできますが、
中学生からはそれが難しくなります。

 

大人になってからTOEICテストのために、
英単語帳で英単語を覚えようとしても
なかなか覚えられない
のも同じ理由です。

英単語帳を使った効果的な英単語の覚え方

 

このように、大人が単語帳で
英単語を覚えしようとしても、

脳の特性に沿っていないので
なかなか覚えられないのです。

 

関連のない情報は記憶しにくい

単語帳だと英単語をなかなか
覚えられない理由の2つ目は、

英単語帳には関連性のない
英単語が並んでいるから
です。

 

人間の脳は、複数の関連した情報を
一緒にインプットすると記憶しやすい

という特性を持っています。

 

しかし、英単語帳は関連性のない
英単語がランダムにならんでいるので、

繰り返し読んでも覚えられないという
ことが起きてしまうのです。

 

脳のパフォーマンスが下がるから

英単語帳がいらない理由の3つ目は、
脳のパフォーマンスが下がるからです。

 

脳は、楽しいや気持ちいといった
快の状態の時にパフォーマンスが
上がります

逆に、つまらない、面白くないなど、
不快の状態の時はパフォーマンスが
悪くなります

 

英単語帳で英単語を覚えると、
そもそも大人は覚えられないですし、

脳がつまらない、面白くないという
不快になってパフォーマンスが落ち、

余計、英単語が覚えられないという
負のスパイラルに陥ります。

 

このような3つの理由から、
TOEICに英単語はいらないという
ことが言えるのです。

 

そこで、中学生から大人の方が
TOEICのために英単語を覚えたい場合、

英単語帳で英単語を覚えるのではなく、
TOEICテストのスコアアップにつながる
英単語の覚え方があるのでご紹介します。

 

TOIECにおすすめの英単語の覚え方

TOIECで高得点を取るのに、
単語帳は必要ありません

英単語帳なしで900点以上を
取ることも可能
です。

 

そこで、ここでは英単語帳がいらない
TOEICのスコアがアップするおすすめの
英単語の覚え方
を紹介します。

TOIECにおすすめの英単語の覚え方

 

人間の脳は複数のことを関連づけて
インプットすると記憶しやすいので、

TOEICテストの問題を使って試験対策を
しながら英単語を覚えるのがおすすめの
覚え方になります。

 

TOEICの試験対策の英単語帳だと、
関連性のない英単語が並んでいる
だけなので覚えにくいですが、

TOEICの問題なら英単語だけでなく
パート1なら写真と英文、音声と、

英単語以外の色々な情報を関連づけて
インプットできます。

 

また、パート2は質問に対する回答、
パート3とパート4は会話形式なので、

英単語に会話表現やストーリーなどを
関連づけてインプットできます。

 

TOEICのリーディングパートも同様に、
英単語と文章を関連づけてインプット
できるのでおすすめです。

まず、以下では英単語を覚えられる
TOEICのリーディングパートの勉強法
について解説します。

 

英単語を覚えられるTOEICの勉強法

TOEICのリーディングパートは、

公式問題集を自分で1回解いてみて、
間違った問題を1週間繰り返し読んで
復習するようにしましょう。

 

これは、新しい情報を記憶するのに
1ヵ月に7回(7日)のインプットが
必要なことが分かっているからです。

 

脳は翌日には7割から8割のことを
忘れてしまうようにできているので、

1日に何度も繰り返して1回で覚え
ようとしても無理があります。

 

一定期間に繰り返し入ってきた情報を
脳は記憶するようにできているので、

1日に何度も繰り返すより少しでも
毎日繰り返しインプットしたほうが
効率よく記憶することができます。

 

また、緊張している時より
リラックスしている時のほうが
脳のパフォーマンスは高いので、

肩に力を入れて覚えようとするより
リラックスして繰り返しているうちに
脳が覚えてくれるだろうという感じで
気楽に繰り返すことがコツです。

 

1週間、毎日繰り返す学習の量も、

強いストレスを感じるほど多いと
リラックスして取り組めないので、

余力を残してもう少しやりたいなと思う
くらいの量にすることをおすすめします。

 

リラックスして毎日できる量にし、

同じ問題を7日間繰り返すことで
脳の特性に沿ってムリなく自然に
英単語も覚えられるようになり、

この学習法なら同時に試験問題に
慣れることもできます。

 

ここまではTOEICのリーディング
パートの英単語の覚え方でしたが、

以下では、英単語を覚えられる
TOEICのリスニングパートの勉強法
について解説しています。

 

英単語の記憶におすすめのアプリ

ここまでに解説してきた、

TOEICの英単語の覚え方を行っても、
覚えられない英単語を覚えるために
おすすめのアプリをご紹介します。

 

このアプリは、入力した英単語を
指定した日時に送信してくれるので、

単語帳を開いたりしなくても自然に
復習して覚えることができます。

 

以下から、無料でダウンロードして
使えるので、ぜひお試しください☆

AnkiDroid Flashcards

 

TOEICで600点を取りたい場合は、
以下も参考にしてください。

主要英文法を27ページにまとめた