clothes・clothing・garment・costumeの違い!衣類を英語で

clothes・clothing・garment・costumeの違い

英語で「服」や「衣類」を表す
clothes・clothing・garment・costumeは、
以下のような違いがあります。

  • clothes:服や着物など一般的な「衣類」
  • clothing:clothesよりフォーマルな「衣類」
  • garment:メーカーで「衣類」を表す言葉
  • costume:髪型や装飾品などを含んだ「衣装」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
clothes・clothing・garment・
costumeの違いと使い方
について
例文を用いて解説します。

clothesとclothingの違い

clothesは、一般的な「服装」から
「着物」まで「衣類」全般を表す
英単語です。

 

clothingは「衣類」という意味で
clothesと同じ意味になりますが、

clothesは着る「服」を表すのに対し、

clothingは「帽子」や「靴」など
身につける物全てを含みます。

clothesとclothingの違い

 

そして、clothesは「服」や「服装」
という意味で用いられることが多く、

clothingは「衣類」や「衣料品」
という意味で用いられることが多く

clothingはclothesよりフォーマルな
ニュアンスになります。

 

clothesとclothingの発音は、
それぞれ以下になります。

・clothes

・clothing

 

それでは、以下に例文を用いて
clothesとclothingの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

clothesの例文と使い方

以下はclothesを用いた例文ですが、

I like your clothes.
「私は、あなたの服装が好きです。」

clothesは一般的な「服装」という
意味で用いられています。

 

clothingの例文と使い方

以下はclothingを用いた例文ですが、

She has a lot of clothing.
「彼女は、たくさん衣類を持っている。」

着るための服だけでなく、
帽子や靴など身につけるものを
たくさん持っていることを表します。

 

clothingは不可算名詞なので、
「たくさんの~」と言う時は
a lot ofを付けます。

clothesとclothingの違い

 

clothesの「衣類」はいわゆる
着るための「服」を表しますが、

clothingの「衣類」は帽子や靴まで
身につけるもの全てを含みます。

 

また、clothingのほうがclothesより
フォーマルな感じになります。

 

よって、着る服だけを売っている
洋服屋さんと言う場合は以下のように
clothes storeを用います。

I went to the clothes store.
「私は、その洋服屋さんへ行った。」

 

これに対し、服以外に帽子や靴など、
身につける物を全般的に販売している
お店は以下のようにclothing storeを用い、
「衣料品店」という意味になります。

Many people like the clothing store.
「多くの人が、その衣料品店を好きです。」

 

ユニクロは、clothing storeになります。

 

garmentとcostumeの違い

garmentは一着の「衣服」を表し、
衣料品メーカーで用いられます。

よって、一般の人が日常会話で
用いることはあまりありません。

 

そして、costumeには「服装」
という意味がありますが、

日本語でコスチュームというように
髪型や装飾品などを含んだ「衣装」
という意味でよく用いられます。

 

時代・地域・階層などに固有の服装や
特定の活動のための衣服、仕事の制服
などにも用いられます。

costumeとgarmentの違い

 

garmentとcostumeの発音は、
それぞれ以下になります。

・garment

・costume

 

それでは、以下に例文を用いて
garmentとcostumeの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

garmentの例文と使い方

以下はgarmentを用いた例文ですが、

The garment is made of leather.
「その衣服は、皮で作られています。」

その“一着”の服が皮で作られている
ということを表しています。

 

garmentは衣料品メーカーで用いられ、
以下のような言葉があります。

garment factory「衣料品工場」

garment design「衣類のデザイン」

garment industry「衣料産業」

garment business「衣料品販売業」

 

garment bag「ガーメントバッグ」は、
スーツやドレスなどの衣服をハンガーに
吊るした状態で持ち運べる折り畳み式の
バッグのことです。

 

costumeの例文と使い方

以下はcostumeを用いた例文ですが、

Her costume was nice at the party.
「そのパーティーで、彼女の衣装は素敵でした。」

costumeは髪型や装飾品を含む
彼女がパーティーに着てきた衣装が
素敵だったことを表します。

 

以下の例文のように、
costumeは仕事の制服も表します。

We have to wear the costume
when we work.
「私達は仕事をする時
制服を着なければならない。」

 

以下では、「着る」「着ている」と
似た意味を持つwearとput onの違い
について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つclothes・
clothing・garment・costumeの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート