職場を英語で!office・workplace・workshop・studioの違い

office・workplace・workshop・studioの違い

英語で「職場」や「仕事場」を表す
office・workplace・workshop・studioは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っているoffice・
workplace・workshop・studioの違いと
使い方について例文を用いて解説します。

officeとworkplaceの違い

officeとworkplaceの違い

 

officeは、事務的な仕事が行われる
「職場」「事務所」という意味で
用いられます。

 

workplaceは、work「仕事」の
place「場所」という意味から、
どのような「職場」にも用いる
ことができます。

 

それでは、以下に例文を用いて
officeとworkplaceの違いや使い方
について詳しくみていきます。

 

officeの例文と使い方

以下はofficeを用いた例文ですが、

Our office is in Shinagawa.
「私達の職場は、品川にあります。」

officeは事務的な仕事をする職場
という時に用いられます。

 

そして、 head officeで「本社」、
branch officeで「支社」という
意味になります。

He was moved to the head office.
「彼は、本社に移動になった。」

She works at  a branch office of the company.
「彼女は、その会社の支社で働いている。」

 

officeの発音は、以下になります。

 

workplaceの例文と使い方

以下はworkplaceを用いた例文ですが、

My workplace is my house.
「私達の職場は、自宅です。」

workplaceは事務的な仕事以外にも
様々な仕事をする職場という意味で
用いられます。

 

workplaceは色々な職場に使えるので、
以下のように次に働く職種が決まって
いない時にも用います。

I’ll look for the next workplace.
「私は、次の職場を探すつもりです。」

 

workplaceの発音は、以下になります。

 

studioとworkshopの違い

studioとworkshopの違い

 

studioとworkshopは、
物作りを行う「仕事場」「作業場」
という意味になります。

 

そして、studioは芸術家が
作品を作る「工房」を表し、

workshopは工作や物作りをする
「工作室」や「作業場」を表します。

 

それでは、以下に例文を用いて、
studioとworkshopの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

studioの例文と使い方

以下はstudioを用いた例文ですが、

The painter draws a picture at the studio everyday.
「その画家は、毎日その作業場で絵を描いている。」

studioは画家が絵を描いたり、
彫刻家が彫刻を彫ったりする
作業場・工房を表します。

 

studioの発音は、以下になります。

 

workshopの例文と使い方

以下はworkshopを用いた例文ですが、

They make various things in the workshop.
「彼らは、その作業場で色々な物を作る。」

workshopは工作や物作りをする場所
という意味で用いられます。

 

workshopの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、office・workplace・
workshop・studioの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート