wearとput onの違い!英語で着る・着ているの使い方を解説

wearとput onの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは「着る」「着ている」と
似た意味を持つwearとput onの違いと
使い方
について例文を用いて解説します。

wearとput onの違い

まず、wearは服を「着ている」、
何かを「身につけている」状態
を表します。

そして、put onは服を「着る」、
何かを「身につける」という動作
を表します。

wearとput onの違い

 

具体的に、以下に例文を用いて
wearとput onの違いと使い方を
詳しくみていきます。

 

wearとput onの例文と使い方

まず、「着る」「着ている」という
意味での使い方について解説します。

 

「着る」と「着ている」

以下はwearを用いた例文ですが、

I’ wearing a coat.
「私は、コートを着ています。」

今コートを身につけているという
状態を表します。

 

これに対し、以下のように
put onを用いると動作を表し、

I put on a coat before I went out.
「私は、出かける前にコートを着た。」

コートを着ていない状態から
コートを着ている状態に変化した
ことを表します。

wearとput onの例文と使い方

 

「身につける」と「身につけている」

wearとput onは「着る」
「着ている」という意味の他、

何かを「身につける」
「身につけている」という意味があり、

帽子を「かぶる」や「かぶっている」、
靴を「履く」や「履いている」という
意味でも用いられます。

 

以下は、wearを用いた例文です。

He was wearing a nice hat.
「彼は、素敵な帽子をかぶっていた。」

She always wears a nice shoes.
「彼女は、いつも素敵な靴を履いている。」

 

上の英文は「帽子をかぶっていた」、
下の英文は「素敵な靴を履いている」
という状態を表します。

 

以下は、put onを用いた例文です。

He always puts on a hat before going out.
「彼は、出かける前にいつも帽子をかぶる。」

She was putting on shoes when I saw her.
「私が彼女を見た時、彼女は靴を履いていた。」

 

上の英文は、彼は出かける前に、
帽子をかぶっていない状態から
帽子をかぶっている状態へ変化する
“動作”をすることを表します。

 

そして、下の英文は、私が見た時、
彼女が靴を履いていない状態から
靴を履いている状態へ変化する”動作”
をしていたということを表します。

 

wearとput onの発音は、
それぞれ以下になります。

・wear

・put on

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、「着る」「着ている」と
似た意味を持っているwearとput onの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート