join・attend・take part in・participate inの違いを例文を用いて解説

join・attend・take part in・participate inの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
join・attend・take part in・participate in
の違いと使い方を例文を用いて解説します。

joinとattendの違い

joinは「参加する」という意味ですが、
日常的な活動に対して用いられます。

何か参加することで人と人が繋がったり、
活動を通して仲間になるようなイベント、
催しなどに参加する時によく用いられます。

 

attendも「参加する」という意味で、
会議などに「出席する」という意味での
参加するという意味になります。

それでは、joinとattendの違いと使い方を
例文を用いて以下で詳しくみていきます。

 

joinの例文と使い方

以下はjoinを用いた例文ですが、

I joined the festival.
「私は、そのお祭りに参加した。」

参加することで人と繋がったり
お祭りを通して参加した人達と
仲間になるのでjoinを用います。

joinの例文と使い方

 

他に、以下のようにイベントや
パーティーに参加する場合にも
joinが用いられます。

She will join the event.
「彼女は、そのイベントに参加するでしょう。」

He’s going to join the party.
「彼は、そのパーティーに参加する予定です。」

 

joinにinを付けてjoin inとなると、
活動に参加して協力するという
意味になります。

 

以下はjoin inを用いた例文ですが、

I joined in the election.
「私は、その選挙活動に参加した。」

楽しむために参加するというより
選挙活動に協力するために参加する
ということを表します。

 

attendの例文と使い方

以下はattendを用いた例文ですが、
attendは「出席する」という意味での
参加するということを表します。

He attended the meeting.
「彼は、その会議に出席しました。」

I will attend the class today.
「私は、今日その授業に出席するつもりです。」

 

この後で解説するtake part inは、

参加してその中で何らかの役割を
果たすというニュアンスがありますが、

attendは出席するだけの時に用いられます。

attendの例文と使い方

 

joinとtake part inの違い

joinの「参加する」は、

人との繋がりを持つイベントや
活動を通して仲間になる催し物に
参加するということを表しますが、

 

take part inの「参加する」は、

会議や運動会などに誰かと参加して
その中で何かの役割を果たすという
意味があります。

 

joinは楽しむために参加する感じで、
take part inはjoinよりフォーマルな
感じになります。

参加するために書類などで
正式な申し込みが必要な場合は、
take part inがよく用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
joinとtake part inの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

take part inの例文と使い方

以下はtake part inを用いた例文ですが、

I took part in a marathon race.
「私は、マラソン大会に参加した。」

この場合は書類などの書いて提出し
正式に申し込みをして参加したという
ようにフォーマルな感じになります。

take part inの例文と使い方

 

take part inに対して
以下のようにjoinを用いると、

I joined a marathon race.
「私は、マラソン大会に参加した。」

参加者が一緒に楽しみながら走って
仲良くなるマラソンイベント(大会)
に参加したという感じになります。

 

また、以下の例文は、

I will take part in the meeting.
「私は、その会議に参加するつもりです。」

会議に参加してその中で何かの
役割を果たすことを表しますが、

 

ただ会議に出席するだけの場合は
以下のようにattendを持ちます。

I will attended the meeting.
「私は、その会議に出席するつもりです。」

joinとtake part inの違い

 

take part inとparticipate inの違い

participate inにも「参加する」
という意味がありますが、

何かの活動に参加して具体的に
その活動で何かの役割を果たす
というニュアンスがあります。

 

そして、participate inは、
take part inと同じような意味で、
置き換えが可能です。

 

ただ、participate inのほうが
take part inよりフォーマルで、

文語で(書く時)はparticipate in
が用いられることが多いようです。

 

participate inの例文と使い方

以下はparticipate inを用いた例文ですが、

I will participate in the marathon race.
「私は、そのマラソン大会に参加するつもりです。」

マラソン大会に参加して
その中で何かの役割を果たすつもり
であることを表します。

participate inの例文と使い方

 

スタッフでサポートするだけでなく
選手も走るという役割を果たすので、
スタッフ兼選手として参加する場合も
participate inを用いることができます。

 

ただ、participate inはtake part inより、
過程を意識した活動への参加を表す時に
好まれて使われるようです。

また、participate inのほうが硬い表現で、
文語で用いられることが多いです。

 

マラソン大会に参加すると言う時は、
通常、以下のようにjoinやtake part in
を用いることが多いです。

I will join the marathon race.
「私は、そのマラソン大会に参加するつもりです。」

I will take part in the marathon race.
「私は、そのマラソン大会に参加するつもりです。」

 

joinとtake part inの違いは、
上で解説した通りです。

 

また、フォーマルな会議に参加した場合、
以下のようにtake part inとparticipate in
を用いることができます。

He took part in the meeting.
「彼は、その会議に参加しました。」

He participated in the meeting.
「彼は、その会議に参加しました。」

 

効率の良い英単語の覚え方

join・attend・take part in・
participate inの意味の違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。