hear・listen・soundの違いと使い方を例文を用いて解説

hear・listen・soundの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
hear・listen・soundの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

hearの意味と使い方

hearを「聞く」という意味で
覚えている方は多いと思いますが、

意識して聞くのではなく音や声が
「聞こえてくる」という意味です。

 

例えば、以下の例文は、

I heard your voice.
「私は、あなたの声を聞いた。」

あなたの声が聞こえてきた
ということを表します。

 

次に、以下の場合も、

「(私は)誰かが私の名前を呼ぶのを聞いた。」

hear「聞こえる」を用いて
以下のようになります。

I heard someone call my name.

 

これらは集中して聴いたのではなく、
「聞こえてきた」という状況なので
hearを用います。

 

ちなみに、この例文は、

「誰かが私の名前を呼ぶ」の
someone call my nameは

someone=call my nameの
関係が成り立っているので、

SVOCの第5文型になります。

 

listenの意味と使い方

hearの「聞こえてくる」に対し、

listenは「注意して聞く」という
意味があります。

 

よって、以下のように言う時は、

「私の言うことを聞いて!」

listen to me.となります。

 

hear meとは言いません。

 

このお願に対して
以下のように答える時も、

「(私は、)聞いてるよ!」

以下のようにlistenを用います。

I’m listening to you.

 

これは、あなたの言っていることを
集中して聞いているからです。

 

hearとlistenの違い

以下の例文を比べてみましょう。

 

Did you hear me?と質問すると、

「私の声が聞こえましたか。」と、

声が耳から入ってきたかを
確認する疑問文になります。

 

Did you listen to me?と質問すると、

「私の言ったことを
ちゃんと聞きましたか。」と、

話の内容を集中して聞いたかを
確認する疑問文になります。

 

また、I heard music.と言うと
音楽が聞こえてきたという意味で、

I listened to musicと言うと
集中して音楽を聴いたという
意味になります。

 

昔は聞き取りテストのことを
hearing text「ヒアリングテスト」
と言うこともありましたが、

これだと聞き流しテストという
ニュアンスになってしまいます。

 

テストの場合は集中して聴くので、
listening test「リスニングテスト」
と最近は言われることが多いです。

 

soundの意味と使い方

soundは、
「~のように聞こえる」
という意味です。

 

以下はsoundを用いた例文ですが、

That sounds good.

「それは、よさそうに聞こえる」
という意味から以下のような意味
になることが多いです。

「それはよさそうだね。」

 

これは、何かいいアイデアを
聞いた時などに用いる表現です。

 

soundを使う時の注意点ですが、

後ろに名詞が置かれる場合は
soundの後ろに「~のような」
という意味のlikeが付きます。

 

例えば、以下のように言う場合、

「それは、鳥の鳴き声のように聞こえた。」

birds chirping「鳥の鳴き声」は名詞なので、
以下のようにsoundの後ろにlikeが付きます。

That sounded like birds chirping.

 

まとめ

hear・listen・soundの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

vast・wide・broadの意味
の違いを例文を用いて解説