rob・deprive・strip・stealの違い!英語で奪うの使い方と覚え方

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは「奪う」「盗む」と
似た意味を持つrob・deprive・
strip・stealの違いと使い方
について
例文を用いて解説します。

robとdepriveの違い

robとdepriveは共に「奪う」
という意味を持っていますが、

robは「強奪する」「略奪する」
という意味もあるように何かを
強引に「奪う」ことを表し、

depriveは権利や地位などを
「取り上げる」「剥奪する」
という意味で用いられます。

 

それでは、以下に例文を用いて
robとdepriveの違いと使い方について
詳しくみていきます。

 

robとdepriveの例文と使い方

以下はrobを用いた例文ですが、

The man robbed me of my money.
「その男が、(私から)私のお金を奪った。」

robを用いるとお金が強奪または
略奪されたことを表します。

robとdepriveの例文と使い方

 

そして、“rob 人 of 物”という形で
「人から物を奪う」という意味になり、

この前置詞ofはmeからmy moneyが
分離するイメージを表します。

 

robの過去形と過去分詞はrobbedで、
それぞれ発音は以下になります。

以下のようにdepriveは、

The man deprived me of my position.
「その男は、(私から)私の地位を奪った。」

権利や地位を取り上げる、剥奪する
という場合に用いられます。

 

depriveの過去形と過去分詞はdeprivedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

stripとrob・depriveの違い

robやdepriveと同じくstripにも、
「奪う」という意味があります。

ただ、stripは外皮や衣類を「はぐ」
という意味でよく用いられます。

 

よって、「奪う」という場合は
robとdepriveを使えば大丈夫です。

以下に、一応「奪う」という意味での
stripの使い方についてご紹介します。

 

stripの例文と使い方

以下はstripを用いた例文ですが、

The government stripped her of his citizenship.
「政府は、(彼から)彼の市民権を奪った。」

 

権利を奪うという意味では
以下のようにdepriveを用いる
こともできます。

The government deprived her of his citizenship.
「政府は、(彼から)彼の市民権を奪った。」

 

stripの過去形と過去分詞はstrippedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

stealとrob・depriveの違い

robやdepriveが「奪う」
という意味であるのに対し、
stealは「盗む」という意味です。

 

それでは、以下に例文を用いて
stealの使い方についてみてみます。

 

stealの例文と使い方

以下はstealを用いた例文ですが、

The man stole my money.
「その男が、私のお金を盗んだ。」

「盗む」という場合には
この英文のようにstealを用い、

強引に「奪う」という場合は
以下のようにrobを用います。

The man robbed me of my money.
「その男が、(私から)私のお金を奪った。」

 

stealの過去形はstole、
過去分詞はstolenで、
それぞれ発音は以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似ている意味を持つ
rob・deprive・strip・stealの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート