find・notice・realize・recognizeの違いを例文を用いて解説

find・notice・realize・recognizeの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
find・notice・realize・recognizeの
意味の違いと使い方を解説します。

findの意味

findは、努力して、
あるいは偶然に「気づく」
という意味です。

findには、努力して
見つけたかったものを
「見つける」、「発見する」
という意味もあります。

 

noticeの意味

noticeは、(意識せずにふと)
「~に気づく」、「~が目に留まる」、
「~を認める」という意味です。

 

realizeの意味

realizeは、頭で考えて
状況を認識するという
意味での「気づく」です。

よって、realizeには「理解する」
という意味もあります。

 

recognize の意味

recognizeは知っているものを
認識するというニュアンスから、

見覚えや聞き覚えがあって分かる
という意味での「気づく」です。

 

findとnoticeの違い

意識せず偶然に
「気づく」という意味では、
noticeとfindは同じように
用いられるようです。

努力して「気づく」という場合には、
findを用います。

 

それでは以下の例文を用い、

「私は、彼がここを去ったことに気づいた。」

findとnoticeの違いについて
解説していきます。

 

この日本語を英語にする場合、
偶然「気づいた」という意味では
以下のようにfindかnoticeを用います。

I found (that)he left here.

I noticed(that)he left here.

 

両方とも気づいたという意味ですが、

noticeのほうがハッと偶然
気づいたという意味が強くなり、

findは辺りを見回している間に
偶然気づいたという感じになります。

 

ただ、会話ではどちらを用いても
さほど変わりないと思って大丈夫です。

 

次に、以下の場合は、

「私は、(私の)財布を見つけた。」

失くした財布を(努力して)探して
「見つけた」という意味になるので、
findを用いて以下のようになります。

I found my wallet.

 

realizeとrecognizeの違い

realizeは頭で考えて状況を認識した
という意味での「気づく」なので、

「私は、彼がここを去ったことに気づいた。」

と偶然気づいたいうより

「私は、彼がここにいないことに気づいた。」

というように、

彼がいないという状況を認識したという
意味で用いられ以下のようになります。

I realized(that)he wasn’t here.

 

recognizeは知っている情報から
認識して「気づく」という意味なので、
以前出会ったことがある何かや誰かに
「気づく」という場合に用いられます。

よって、初めて会う時には使われません。

 

小学校の友達に大人になってから
久しぶりに街で偶然出会った時に、

「私は、彼に気づいた。」

という場合、
以下のようにrecognizeを用います。

I recognized him.

 

何によって「気づいた」のかを表す時は、
以下のようにby「~によって」を用います。

I recognized him by his clothes.
「私は、服装で彼に気づいた。」

 

まとめ

微妙なニュアンスの違いなので
すぐに理解できないかもしれませんが、

noticeが「(偶然ハッと)気づく」、

findは「(偶然または努力して)気づく」、
「(偶然または努力して)見つける」、

realizeは「(頭で考えて認識するという
意味での)気づく」=「理解する」

recognizeは「(知っている情報を元に)
気づく」と覚えるとよいと思います。

 

脳は関連した情報をセットで覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、
類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶できるのでお勧めです。

fire・dismiss・lay off・discharge
の意味の違いと使い方