出来事を英語で!event・incident・accident・happeningの違い

event・incident・accident・happeningの違い

英語で「出来事」や「事件」を表す
event・incident・accident・happeningは、
それぞれニュアンスが違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
event・incident・accident・happeningの
違いと使い方を例文を用いて解説します。

eventの意味

eventは「出来事」という意味ですが、
心に残るような大きな出来事を表します。

eventは良い出来事から悪い出来事まで、
幅広く用いられます。

eventの例文と使い方

 

また、日本語のイベントと同じで、
英語のeventも事前に計画して開催する
「イベント」という意味もあります。

eventの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
eventの使い方を解説します。

 

eventの例文と使い方

以下はeventを用いた例文ですが、

He will never forget this event.
「彼は、その出来事を決して忘れないだろう。」

心に残る出来事が行ったので
彼はそのことを忘れないだろう
ということを表しています。

 

このように、eventは普段起こる
日常のありきたりな出来事ではなく、
印象や記憶に残るような出来事を
表す時に用いられます。

 

また、以下の例文のように、

The event was successful.
「そのイベントは、成功した。」

eventは事前に計画して行う
「イベント」という意味でも
用いられます。

 

イベントという言葉を用いる時も、
心に残るような出来事になることが
多いと思います。

 

incidentの意味

incidentは、1回だけの「出来事」や
偶発的な「事件」という意味です。

incidentの例文と使い方

 

ただし、辞書には偶発的な
事件と記載されていますが、
テロのように人が計画して起こす
事件にも用いられるようです。

そして、これから先重大な事件に
発展しそうな出来事という意味合いが
強いとのことです。

 

incidentの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
incidentの使い方を解説します。

 

incidentの例文と使い方

以下はincidentを用いた例文ですが、

The incident changed my life.
「その出来事が、私の人生を変えた。」

その“1回だけ”の出来事が
私の人生を変えるだけの影響があった
ということを表しています。

 

以下の例文のように、

We were surprised the incident.
「私達は、その事件に驚いた。」

incidentには偶発的に起きた
「事件」という意味もあります。

 

ただ、この例文の場合は、
前後の文脈から計画的に行われた
事件という意味になることもあります。

 

accidentの意味

accidentは、予期せず起こる
どちらかというと好ましくない
「出来事」という意味です。

好ましくない出来事という意味から、
「事故」という意味もあります。

accidentの例文と使い方

 

accidentの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
accidentの使い方を解説します。

 

accidentの例文と使い方

以下はaccidentを用いた例文ですが、

I don’t want to remember the accident.
「私は、その出来事を思い出したくない。」

このaccidentは思い出したくないような
好ましくない出来事を表しています。

 

また、以下のように「事故」という
意味で用いられることもあります。

There was a traffic accident in my town yesterday.
「昨日、私の街で交通事故があった。」

 

一般的に交通事故は予期せず起こり、
好ましくない出来事という意味から
この場合のaccidentは「事故」という
意味で用いられています。

 

accidentは以下のように、
by accidentで「偶然に」という
意味になります。

I saw my friend at the station by accident.
「私は偶然、駅で友達を見かけた。」

 

incidentとaccidentの違い

incidentとaccidentには
予期せずに起きる偶発的な
出来事という意味がありますが、

incidentは比較的に小規模な事件、
accidentのほうが大規模な事故に
用いられることが多いようです。

 

そして、incidentは人が計画して
引き起こす事件に用いられますが、

accidentは交通事故のように人が
引き起こすものではない偶発的な
事故に用いられます。

 

また、incidentは良いことと
悪いこと両方に用いられますが、
どちらかというと悪いことに
用いられます。

incidentに対してaccidentは、
悪いことにのみ用いられます。

 

happeningの意味

happeningにも「出来事」や
「事件」という意味がありますが、

日本語の「ハプニング」のように
出来事や事件という名詞としては
頻繁に用いられないようです。

happeningの例文と使い方

 

happeningの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
happeningの使い方を解説します。

 

happeningの例文と使い方

以下はhappeningを用いた例文ですが、

It’s a historical happening.
「それは、歴史的な出来事です。」

 

心に残るような大きな出来事には
以下のようにeventが用いられます。

It’s a historical event.
「それは、歴史的な出来事です。」

 

そして、1回だけの出来事の場合は
以下のようにincidentを用います。

It’s a historical incident.
「それは、歴史的な出来事です。」

 

予期せず起きた悪い出来事の場合は、
以下のようにaccidentを用います。

It’s a historical accident.
「それは、歴史的な出来事です。」

 

効率の良い英単語の覚え方

event・incident・accident・happening
の違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ