立ち寄るを英語で!drop in・drop by・stop in・stop byの違い

drop in・drop byとstop in・stop byの違い

英語で「立ち寄る」を表す
drop in・drop by・stop in・stop byは、
それぞれ使い方が異なります。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
drop in・drop by・stop in・stop byの
違いと使い方について例文を用いて
詳しく解説します。

drop inとdrop byの違い

drop inとdrop byの意味は共に
ひょいと「立ち寄る」ですが、

drop inのほうがdrop byより少し
丁寧なニュアンスになります。

drop inとdrop byの違い

 

そして、drop inは自動詞なので

場所に立ち寄る場合はdrop in at、
人の所に立ち寄る場合はdrop in onと

後ろに前置詞のatやonが付きます。

 

drop byは自動詞としてだけでなく
他動詞としても用いることができ、

短時間の訪問や近くに立ち寄る時に
用いることが多いとのことです。

 

それでは、以下に例文を用いて、
drop inとdrop byの意味と使い方
について詳しくみていきます。

 

drop inの意味と使い方

drop inは「立ち寄る」
という意味の自動詞で、

後ろに場所や人がなくても
以下のように使えます。

You can drop in anytime.
「あなたは、いつでも立ち寄ることができる。」
=「いつでも寄っていいですよ。」

 

この例文のanytimeは
「いつでも」という意味で、
動詞のdrop inを修飾している副詞です。

 

そして、drop inは自動詞なので、
どこかに「立ち寄る」と言う時は
前置詞のatやonが後ろに付きます。

このatとonの使い分けについて、
以下に例文を用いて解説します。

 

drop in at+場所

例えば、以下のように
ある場所に立ち寄ると言う時は、
前置詞atを用います。

I dropped in at the store.
「私は、そのお店に立ち寄った。」

drop inの意味と使い方

 

drop in on+人

場所に立ち寄る場合は
drop in atを用いるのに対し、

人の所に立ち寄ると言う時は、
以下のように前置詞onを用います。

I dropped in on him.
「私は、彼の所に立ち寄った。」

 

drop in on himは、彼の家に
立ち寄るともとれます。

 

ただ、his house「彼の家」を
drop inの後ろに置きたい時は、
his houseは“場所”になるので
以下のようにdrop in atを用います。

I dropped in at his house.
「私は、彼の家に立ち寄った。」

 

drop byの意味と使い方

drop byも「立ち寄る」と意味で、
drop inと同じく以下の例文のように
自動詞として用いられます。

You can drop by anytime.
「あなたは、いつでも立ち寄ることができる。」
=「いつでも寄っていいですよ。」

 

そして、drop byは他動詞でもあるので、
どこか場所に立ち寄ると言いたい場合は
以下のように後ろに目的語として場所を
そのまま置くことができます。

I dropped by the store.
「私は、そのお店に立ち寄った。」

 

drop inは自動詞なので、
場所に立ち寄ると言う時は
以下のようにdrop in atと後ろに
前置詞のatが必要になります。

I dropped in at the store.
「私は、そのお店に立ち寄った。」

drop byの意味と使い方

 

また、細かい違いを言うと、
drop byはdrop in atより近くのお店や
短い時間立ち寄った時に用いられます。

これは、前置詞のbyに「~のそばに」
という意味があるからだと思われます。

 

人の所に立ち寄ると言う時は、
以下のようにdrop in onを用います。

I dropped in on him.
「私は、彼の所に立ち寄った。」

 

「彼の家に立ち寄った」と、
場所に立ち寄ったという時は
以下のようにdrop in atを用いるか、

I dropped in at his house.
「私は、彼の家に立ち寄った。」

 

以下のようにdrop byを用います。

I dropped by his house.
「私は、彼の家に立ち寄った。」

他動詞として用いることができるので、
drop byは後ろに目的語をそのまま置く
ことができます。

 

stop inとstop byの違い

stop inとstop byも「立ち寄る」
という意味を持っていますが、

drop inとdrop byの違いと同じで、

stop inは自動詞のみで用いられ、
stop byは自動詞と他動詞のどちら
としても用いられます。

 

そして、stop byは場所に
立ち寄ると言う時は他動詞扱いで、
後ろに目的語をそのまま置きます。

stop inとstop byの違い

 

場所に立ち寄ると言う場合に、
stop inを用いると自動詞なので
stop in atと後ろにatを付けます。

人の所に立ち寄ると言う場合には、
stop in onとonを付けます。

 

それでは、以下に例文を用いて
drop inとdrop byとの違いも含め、
stop inとstop byの使い方について
詳しく解説していきます。

 

drop inとstop inの違い

drop inは「ふらりと立ち寄る」
「不意に訪問する」という場合、

stop inは何かの「途中で立ち寄る」
という場合に用いられます。

 

例えば以下のようにdrop inを用いると、
突然訪問したという意味になります。

He dropped in at his friend’s house yesterday.
「彼は昨日、突然友達の家を訪問した。」

 

これに対し、stop inを用いると
家に帰る“途中”書店に立ち寄った
という意味になります。

He stopped in at a book store on his way home.
「彼は家に帰る途中、書店に立ち寄った。」

 

drop byとstop byの違い

stop byは場所に「立ち寄る」と
drop byと同じ意味で用いられ、

他動詞なのでstop byの使い方も
drop byと同じで後ろにそのまま
目的語を置くことができます。

drop byとstop byの違い

 

そして、意味に違いはないので、
以下のようにstop byをdrop byに
置き換えることができます。

He stopped by a book store on his way home.
「彼は家に帰る途中、書店に立ち寄った。」

He dropped by a book store on his way home.
「彼は家に帰る途中、書店に立ち寄った。」

 

ただ、アメリカ英語ではstop byが
よく用いられるとのことです。

 

また、以下のようにstop byの代わりに
stop in atを用いることもできますが、

He stopped in at a book store on his way home.

stop byのほうがstop inより短い時間
立ち寄ったニュアンスになります。

 

効率の良い英単語の覚え方

脳に複数の情報を関連付けて
インプットすると記憶しやすい
ということが分かっているので、

drop in・drop by・stop in・stop by
のように似た意味を持つ単語を一緒に
覚えることは効率の良い覚え方です。

 

以下では、脳の特性に沿って
効率よく英単語を覚える方法を
さらに詳しく解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ