say・tell・talk・speakの違いと使い方を例文を用いて解説

say・tell・talk・speakの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
say・tell・talk・speakの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

say・tell・talk・speakの違い

say・tell・talk・speakの違い

 

sayは内容に焦点を当て何かを「言う」、
speakは言語など、単に何かを「話す」
という意味で相手は不要です。

tellは誰かに何かを「言う(伝える)」、
talkは何かについて「話す(会話をする)」
という意味で相手が必要です。

 

say・tell・talk・speakについて、
1つずつ例文を用いて意味と使い方を
以下に解説していきます。

 

sayの意味と使い方&例文

sayは何かを「言う」という意味で、
話す内容に焦点が当てられます。

また、聞き手を必要としません。

 

以下はsayを用いた例文ですが、

He said “I’ll do my best”.
「彼は、”ベストを尽くします”と言った。」

“I’ll do my best”という彼が言った
内容に焦点が当てられています。

sayの意味と使い方&例文

 

このI’ll do my bestのように、
sayの後ろに話された内容が
そのまま置かれます。

 

sayは聞き手がいなくても使えますが、
聞き手を表したい場合は以下のように
「to+人」をsayの後ろに付けます。

He said to me, “I’ll do my best”.
「彼は、”ベストを尽くします”と私に言った。」

 

tellの意味と使い方&例文

tellもsayと同様に話す
内容に焦点が置かれますが、
聞き手を必要とします。

そして、tellは誰かに何かを「言う」、
「伝える」という意味になります。

 

以下はtellを用いた例文ですが、
tellの後ろに”誰に”と”何を”を置いて
SVOOという第4文型になります。

I will tell him the truth.
「私は、彼に真実を伝えるつもりです。」

tellの意味と使い方&例文

 

この例文ではwill tellの後ろに、
him「彼に」とthe truth「真実を」
という目的語が置かれています。

 

また、「伝える」という意味から
派生して「教える」という意味で
用いられることもあります。

She told me the way to the station.
「彼女は、私に駅へ行く道を教えてくれた。」

 

talkの意味と使い方&例文

talkは「話す」という意味ですが、
誰か相手がいて「会話をする」
という時に用います。

 

talkは話し相手がいるので、
話している相手を表す場合は、
以下のようにwithを用います。

I talked with my friend.
「私は、友達と話しました(会話しました)。」

 

talk with ~ で「~と話しをする」と
覚えておくと使いやすいと思います。

 

talk to ~ は、「~に話しかける」
という意味になります。

He talked to her.
「彼は、彼女に話しかけた。」

talkの意味と使い方&例文

 

そして、「~について話す」と話す
内容を表す場合はtalk about ~ を用い、

「私達は、(私達の)趣味について
話をしました。」と言いたい場合は、
以下のようになります。

We talked about our hobbies.

 

話す内容はabout our hobbiesのように
about「について」を用いて表しますが、

「あなたは、何について話しましたか。」

と話している内容を質問する場合は
talk aboutを用いて以下のようになります。

What did you talk about?

 

相手が一方的に話しているのではなく、
会話をしているのでtalkを用います。

 

speakの意味と使い方&例文

speakは言葉を発するという
ニュアンスでの「話す」という意味で、
聞き手がいなくても使えます。

speaker「スピーカー」は
speakが名詞になった形ですが、
まさに相手がいなくても一方的に音や
言葉を発する機会や人とを表します。

speakの意味と使い方&例文

 

例えば、「彼は、流暢に英語を話す。」は
単に彼は英語を話すということを表すので
以下のようにspeakを用います。

He speaks English fluently.

 

以下のように、

「彼は、流暢に英語を話すことができる。」

「~できる」と能力を表す場合は
speakの前に助動詞のcanを付けて、
以下のようになります。

He can speak English fluently.

 

sayと同様に話す相手を表す場合は、
「to+人」という形を付けます。

He spoke to her.
「彼は、彼女に話しかけました。」

 

speak to ~ で「~に話しかける」と
覚えておくと使いやすいと思います。

 

talk to ~ も「~に話しかける」と
日本語に訳すと同じになりますが、

He talked to her.
「彼は、彼女に話しかけた。」

talkの本来の意味は会話をするなので
talk toは話しかけて会話をするという
ニュアンスになります。

 

talk toに対してspeak toは
単に話しかけたということを表し、
会話したかは分かりません。

talk toは親密な人との会話を表し、
speak toは親密な関係ではない相手に
話しかけるという違いもあるようです。

 

効率の良い英単語の覚え方

say・tell・talk・speakの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。