say・tell・talk・speakの違いと使い方を例文を用いて解説

say・tell・talk・speakの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
say・tell・talk・speakの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

sayの意味と使い方

sayは何かを「言う」という意味で、
話す内容に焦点が当てられます。

また、聞き手を必要としません。

 

以下はsayを用いた例文ですが、

He said “I’ll do my best”.
「彼は、”ベストを尽くします”と言った。」

“I’ll do my best”という彼が話した
内容に焦点が当てられています。

 

sayは聞き手がいなくても使えますが、
聞き手を表したい場合は「to+人」
という形をsayの後ろに付けます。

He said to me, “I’ll do my best”.
「彼は、”ベストを尽くします”と私に言った。」

 

tellの意味と使い方

tellもsayと同様に話す
内容に焦点が置かれますが、
聞き手を必要とします。

そして、誰かに何かを「伝える」
という意味になります。

 

以下はtellを用いた例文ですが、

I told him the truth.
「私は、彼に真実を伝えました。」

tellの後ろに”誰に”と”何を”を置いて
SVOOという第4文型になります。

 

また、「伝える」という意味から
派生して「教える」という意味で
用いられることもあります。

She told me how to cook.
「彼女は、私に料理の方法を教えてくれた。」

 

talkの意味と使い方

talkは「話す」という意味ですが、
誰か相手がいて「会話をする」
という時に用います。

 

「私達は、(私達の)趣味について
話をしました。」と言いたい場合は、

相手と会話をするという意味になるので
以下のようにtalkを用います。

We talked about our hobbies.

 

話す内容はabout our hobbiesのように、
about「~について」を用いて表します。

 

「あなたは何について話しているの。」

と質問して話しかける場合は、
talkを用いて以下のようになります。

What are you talking about?

 

相手が一方的に話している訳ではなく、
会話中の質問になるのでtalkを用います。

 

話す相手を表す場合は、
以下のようにwithを用います。

I talked with my friend.
「私は、友達と話しました(会話しました)。」

 

speakの意味と使い方

speakは「声に出して言う」という意味で、
聞き手がいなくても使えます。

例えば、「彼は、流暢に英語を話す。」は
単に彼は英語を話すということを表すので
以下のようにspeakを用います。

He speaks English fluently.

 

「彼は、流暢に英語を話すことができる。」

と、能力を強調したい場合は、
以下のように助動詞のcanを
speakの前に付けます。

He can speak English fluently.

 

sayと同様に話す相手を表す場合は、
「to+人」という形を付けます。

He spoke to her.
「彼は、彼女に話しかけました。」

 

speak to ~ で「~に話しかける」と
覚えておくと使いやすいと思います。

 

say・tell・talk・speakの違い

sayは内容に焦点を当て何かを「言う」、
speakは言語など、単に何かを「話す」
という意味で相手は不要です。

tellは誰かに何かを「伝える(言う)」、
talkは何かについて「会話をする(話す)」
という意味で相手が必要です。

 

まとめ

say・tell・talk・speakの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

trip・tour・travel・journey
の違いを例文を用いて解説