occur・happen・break out・take placeの違い!起こるを英語で

occur・happen・break out・take placeの違い

英語で「起こる」を表すoccur・
happen・break out・take placeは、
以下のような違いがあります。

occur

先が分かっている場合、
分からない場合に使え、
幅広く何かが「起こる」

happen

予想していないことが、
前ぶれなく「起こる」

break out

良くないことが突然「起こる」

take place

予定されていたことや
計画していたことが「起こる」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
occur・happen・break out・
take placeの違いと使い方
について
例文を用いて解説します。

occurとhappenの違い

occurとhappenはどちらも
「起こる」という意味ですが、

occurは起こることが予想できる場合
予想できない場合に何かが「起こる」
という意味で広く用いられます。

 

そして、occurに対してhappenは、
予想していないことが前ぶれなく
「起こる」という意味です。

happenは意外性や感情が入る感じで、
日常会話で「起こる」という場合は
一般的にhappenがよく用いられます。

 

occurは、起こる・起きたと
単に事実を表す感じになり、

occurはフォーマルな感じで、
ニュースなどで用いられます。

happenとoccurの違い

 

occurとhappenの発音は、
それぞれ以下になります。

・occur

・happen

 

それでは、以下に例文を用いて
occurとhappenの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

occurとhappenの使い方

以下はoccurを用いた例文ですが、

The earthquake occurred yesterday.
「昨日、地震が起きた。」

何の前ぶれもなく地震が起きて
それを事実として伝える感じに
なります。

 

occurはフォーマルな感じになり、
ニュースなどで用いられます。

そして、occurに対してhappenは、
日常会話でよく用いられます。

 

以下のようにhappenを用いると、

The earthquake happened yesterday.
「昨日、地震が起きた。」

何の前触れもなく地震が起きて、
意外性や怖かったなど感情も表す
感じなります。

 

また、以下の例文のように、

Traffic accidents often occur on rainy days.
「交通事故は、雨の日によく起こる。」

occerは起こることが予想できる場合に
用いることもできます。

occurとhappenの使い方

 

これに対し、happnは予想できない
ことにのみ用いられるので、

「何が起きているの。」と聞く場合は
以下のようにhappenを用います。

What’s happening?

 

happen toとoccur toの違い

以下はhappen toを用いた例文ですが、

I happened to meet her at the station.
「私は、駅でたまたま彼女に会った。」

happen to+動詞の原形で、
「たまたま(偶然)~する」
という意味になります。

 

もう一つ、以下のように、

Earthquakes often happen to Japan.
「地震は、日本に(対して)よく起こる。」

happen to+名詞という形で、
「~に対して起こる」という
意味になります。

 

そして、occur toは以下のように、

A good idea occurred to my mind.
「良いアイデアが、頭に浮かんだ。」 

「~の心に浮かぶ」という意味で、
アイデアなどが思い浮かんだ時に
用いられます。

 

break outとtake placeの違い

break outは良くないことが
突然「起こる」という意味、

take placeは計画や予定を
していたことが「起こる」
という意味で用いられます。

take placeとbreak outの違い

 

break outとtake placeの発音は、
それぞれ以下になります。

・break out

・take place

 

それでは、以下に例文を用いて
break outとtake placeの違いと
使い方についてみていきます。

 

break outの例文と使い方

以下はbrake outを用いた例文ですが、

A fire broke out at that place yesterday.
「昨日、その場所で火事が起きた。」 

火事という良くないことが昨日
突然起きたことを表します。

 

以下のように、予期せぬことが
前ぶれなく起きたことを表す
happenを用いることもできますが、

A fire happened out at that place yesterday.

brake outのほうが良くないことが
突然起きた感じを表します。

 

また、以下のようにoccurを用いると、

A fire occurred out at that place yesterday.

ニュースなどで報道されているような
フォーマルな感じになります。

 

take placeの例文と使い方

以下はtake placeを用いた例文ですが、

The event took place last month.
「そのイベントは、先月行われた。」 

予定されていたイベントが起こった
という意味からイベントが行われた、
開催されたという意味になります。

 

take placeは「起こる」という意味より、
計画されていた事が予定通り「行われる」
という意味で用いられることが多いです。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持つoccur・
happen・break out・take placeの違い
と使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

英検・TOEICなど、英語の読み書きに必要な英文法を