luggageとbaggageの違い!pacageなど英語で荷物の使い方

英語で「荷物」を表す
luggageとbaggageですが、
以下の違いがあります。

  • luggage:イギリス英語で用いられることが多い
  • baggage:アメリカ英語で用いられることが多い

 

luggageとbaggageは不可算名詞
(数えられない名詞)なので、

「たくさんの」荷物と言う時は
a  lot ofやmuchを付けます。

 

脳に複数の関連した情報をセットで
インプットすると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
luggageとbaggageの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

 

そして、英語で「荷物」を表す英単語、
package、percel、load、cargo、freight
の使い分けについてもご説明します。

luggageとbaggageの違い

luggageはイギリス英語、
baggageはアメリカ英語
という違いがありますが、

luggageがアメリカ英語で、
baggageがイギリス英語で
用いられることもあり、

国による使用頻度の差はわずかです。

luggageとbaggageの違い

 

そして、luggageのほうが
高級なイメージを与える
ので
広告などに用いられるようです。

よって、かばん売り場などでは
luggageがよく用いられます。

 

これに対し、容量を測ったり、
荷物取り扱いの場面などでは
baggage
が用いられます。

 

luggageとbaggageは
共に不可算名詞なので、

luggagesやbaggagesと
複数形にはなりません

 

「たくさんの」と言う時は、
a lot ofやmuchを用います。

muchは主に疑問文や否定文で使われ、
肯定文で用いるとフォーマルな感じで
公式文書などで使われます。

 

なので、会話ではa lot ofが
良く用いられます。

 

luggageとbaggageの発音は、
それぞれ以下になります。

・luggage

・baggage

 

luggageとbaggageの使い方

ここからは、以下に例文を用いて
luggageとbaggageの違いと使い方
について詳しくみていきます。

luggageとbaggageの使い方

 

luggageの例文と使い方

以下はluggageを用いた例文ですが、

I finished arranging my luggage.
「私は、自分の荷物の整理を終えた。」

イギリスで荷物と言う場合は
baggageよりlaggageがやや多く
用いられます。

 

「荷物を預ける」と言う場合は、
以下の例文のようにleave luggage
を用います。

They left a lot of luggage at the reception.
「彼らは、たくさんの荷物を受付に預けた。」

 

また、肯定文で「たくさんの」荷物と
言う場合はa lot ofが用いられます。

 

muchは疑問文や否定文でフォーマル
な感じになり公式文書などで用いられ、

疑問文や肯定文では一般的にmuchが
用いられます。

 

また、luggageはbaggageより
高級なイメージを表します。

Her luggage was stolen.
「彼女の荷物は、盗まれた。」

この例文は、高級そうな荷物が
盗まれたという感じになります。

 

baggageの例文と使い方

以下はbaggageを用いた例文ですが、

I picked up my baggage at the reception.
「私は、受付で自分の荷物を受け取った。」

アメリカで荷物と言う場合は
laggageよりがbaggageやや多く
用いられます。

 

そして、容量を測ったり、
荷物受け取りの場面では
baggageが用いられます。

 

例えば、以下の英文は、

Can I check your baggage?
「あなたの荷物を確認してもいいですか。」

荷物の重さを測ったりする
場合などに用いられます。

 

また、「機内持ち込み荷物」は、
carry-on baggageと言います。

 

以下の例文のように、

I’d like to carry on this baggage.
「私は、このカバンを機内に持ち込みたい。」

「機内に荷物を持ち込む」は
carry on baggageを用います。

 

疑問文や肯定文で「たくさんの」
荷物と言う場合は、以下の例文
のようにmuchが用いられます。

Do you have much baggage?
「あなたは、たくさんの荷物を持っていますか。」

 

muchは疑問文や否定文でフォーマル
な感じになり公式文書などで用いられ、
肯定文では通常a lot ofが用いられます。

 

その他の荷物を表す英単語

laggageとbaggage以外にも、
英語で「荷物」を表す英単語は
たくさんあります。

そこで、ここでは英語で荷物を表す
package、percel、load、cargo、freight
の意味と使い方について解説します。

荷物を表す英単語

 

loadの意味と使い方

loadは具体的な荷物の量や
重さに焦点を当てた言葉で、

トラックの積み荷などの荷物
を表す時に用いられます。

 

loadの発音は、以下になります。

 

以下はloadを用いた例文ですが、 

The driver carefully checked the load before starting the journey.
「そのの運転手は、旅行を始める前に積み荷を注意深く確認した。」

この英文でloadはトラックの積み荷を表し、
運転手が旅行を始める前に荷物を注意深く
確認したことを表わしています。

 

cargoの意味と使い方

cargoは、船や飛行機などの
運送手段によって輸送される
大量の「荷物」を表します。

よって、cargoは「貨物」や「積み荷」
という意味でよく用いられます。

 

cargoの発音は、以下になります。

 

以下はcargoを用いた例文ですが、

The ship was carrying a valuable cargo of electronic goods.
「その船は、電子製品の貴重な荷物を運んでいた。」

この英文cargoは船が運んでいた電子製品
の貴重な貨物(荷物)を指しています。

 

freightの意味と使い方

freightも大量の「荷物」や「貨物」を表しますが、
主に輸送や運送に関連する文脈で使用されます。

 

freightの発音は、以下になります。

 

以下はfreightを用いた例文ですが、

The freight train transported goods across the country.
「その貨物列車は、国中に商品を輸送した。」

この英文でfreightは貨物列車が国中の商品を
輸送したということを表わしています。

 

packageの意味と使い方

packageは小さな荷物や包みを表し、
アメリカ英語で用いられます。

 

packageの発音は、以下になります。

 

以下はpackageを用いた例文ですが、

The postman delivered a package to my doorstep this morning.
「郵便局員は今朝、玄関先に荷物を届けた。」

この英文でpackage小包のような
小さい荷物を表わしています。

 

packageは、アメリカで商品の箱や袋
についても使われることがあります。

 

percelの意味と使い方

parcelもpackageと同様に
小さな荷物や包みを表しますが、
イギリス英語で用いられます。

そして、percelはややフォーマルで
包装された荷物を強調します。

 

percelの発音は、以下になります。

 

以下はparcelを用いた例文ですが、

She received a beautifully wrapped parcel for her birthday.
「彼女は、誕生日に綺麗にラッピングされた小包を受け取った。」

この英文でparcelは包装された小包を表し、
誕生日に贈るために綺麗に美しく包まれた
荷物ということを表しています。

 

packageやparcelは小さな包みを表し、
loadは物を運ぶ量や重さに焦点を当て、

cargoとfreightは大量の荷物や貨物を
輸送する文脈で用いられます。

 

luggageとbaggageの覚え方

ここでは、似た意味を持っている
luggageとbaggageの違いとpercel、
package、load、cargo、freightの
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

大人の効率的な英単語の覚え方

 

以下では、trunk「トランク」と
suitcase「スーツケース」の違いと
使い方について解説しています。

e-book 無料プレゼント