want toとwould like toの違い!ビジネス英語での使い方も解説

want toとwould like toの違いと使い方

wantとwould likeの後ろには、
名詞が置かれて「~が欲しい」
という意味になります。

want toとwould like toの後ろには、
動詞の原形が置かれ「~をしたい」
という意味になります。

 

そして、wantとwant toは直接的
ストレートで感情的な表現であり、

would likeとwould like toは丁寧
控えめな表現という違いがあります。

 

脳に複数の関連した情報をセットで
インプットすると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
wantとwould like・want toとwould like toの
違いと使い方
について例文を用いて解説します。

wantとwould likeの違い

want toとwould like toの違いの前に、
そのベースとなるwantとwould like
の違いからみていきましょう。

wantとwould likeの違い

 

wantとwould likeは「~が
欲しい」という意味ですが、

wantはストレートで直接的、
感情的な表現になります。

 

そして、wantよりwould likeのほうが
丁寧で控えめな表現になります。

 

wantとwould likeの発音は、
それぞれ以下になります。

・want

・would like

 

それでは、以下で例文を用いて
wantとwould likeの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

wantの例文と使い方

例えば、以下のように言うと、

I want a new car.
「私は、新しい車が欲しい。」

ストレートで感情的な感じに
なります。

 

日常英会話のカジュアルな場面では、
wantはよく用いられます。

 

そして、子供が「これが欲しい」と
感情を表してストレートに言う場合、
以下のようにwantを用います。

I want this!
「これが欲しい!」

 

もちろん、大人でも以下のように
wantを用いることはあります。

I want this.

 

この場合、子供が言うほど
感情的でないかもしれませんが、

wantを用いるとwould likeより
直接的なニュアンスになります。

 

would likeの例文と使い方

以下はwould likeを用いた例文ですが、

I would like a new car.
「私は、新しい車が欲しい。」

would likeを用いると丁寧で控えめな
ニュアンスになります。

 

以下の例文のように、

I would like a hamburger.
「私は、ハンバーガーが欲しいです。」
「ハンバーガーをいただけますか。」

レストランなどのお店で注文する時は
丁寧なwould likeが用いられます。

 

want toとwould like toの違い

ここでは、want toとwould like to
の違いと使い方を解説します。

want toとwould like toの違い

 

want toとwould like toは「~
をしたい」という意味ですが、

want toはストレートで直接的、
感情的な表現になります。

 

そして、would like toは丁寧で
控えめな表現になります。

 

want toとwould like toの発音は、
それぞれ以下になります。

・want to

・would like to

 

それでは、以下に例文を用いて
want toとwould like toの違いと
使い方についてみていきます。

 

want toの例文と使い方

以下はwant toを用いた英文ですが、

I want to go abroad.
「私は、海外に行きたい。」

ストレートで感情的な感じになり、
日常英会話のカジュアルな場面では
want toがよく用いられます。

 

そして、子供が「これ買いたい」と
感情を表してストレートに言う場合、
以下のようにwant toを使います。

I want to buy this!
「これが欲しい!」

 

もちろん、大人でも以下のように
want toを用いることはあります。

I want to buy this.

 

この場合、子供が言うほど
感情的でないかもしれませんが、

want toを用いるとwould like toより
ストレートで直接的なニュアンスに
なります。

 

would like toの例文と使い方

以下はwould like toを用いた例文ですが、

I would like to go abroad.
「私は、海外に行きたい。」

want toより丁寧で控えめな感じになり、
フォーマルな場面ではwould like toが
用いられます。

 

ビジネスシーンではwould like to

ビジネスシーンでは基本的に
丁寧な表現が好まれるので、
would like toが用いられます。

 

仲のいい同僚と休憩時間や
プライベートな時間にする

カジュアルな会話ではwant to
を用いても問題ありませんが、

上司との会話など、通常のビジネス
シーンでwant toを用いると失礼になる
ことがあるので気をつけましょう。

 

want toとwould like toのまとめ

wantとwould likeは「~が欲しい」、
want toとwould like toは「~をしたい」
という意味です。

 

そして、wantとwant toは直接的で
ストレートで感情的なニュアンス、

want toとwould like toは控えめで
丁寧なニュアンスになります。

 

ここでは、wantとwould like・
want toとwould like toの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

大人の効率的な英単語の覚え方

 

would you likeとwould you like toの違い
と使い方について解説していますので、
以下も合わせて参考にしてください。

e-book 無料プレゼント