real・true・factの違いと使い方を例文を用いて解説

realとtrueの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
real・true・factの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

realとtrueの違い

realもtrueも辞書を引くと、

「真実の」「本当の」 

という意味が記載されています。

 

よって、以下のように、
realとtrueは同じ意味で
用いられることもあります。

Tell me the real reason he didn’t come here.
Tell me the true reason he didn’t come here.
「彼が、ここに来なかった本当の理由を教えて下さい。」

 

しかし、

realには「(物理的に)存在する」
「実在する」という意味があり、

trueには「偽りのない」「真実の」
という意味があります。

 

これより、realは想像ではなく
実在するかしないかの観点から、

trueは偽りか真実かという観点から、

「真実の」「本当の」という意味で
用いられるようです。

 

また、英英辞典を引くとrealは
以下のように解説されており、

not imaginary:
actually existing and not just imagined

想像上のものではなく
実際に存在するとあります。

 

英英辞典を引くとtrueは
以下のように解説されており、

not false:based on facts, 
and not imagined or invented

偽りではない、事実に基づいている、
想像されたり発明されたものではない
ということを意味します。

 

このように英英辞典を引いてみると、
細かい意味の違いが分かります。

 

realとtrueの使い方

ここまでの解説をまとめると、

realは本物という意味で
物体に用いられることが多く、

trueは真実という意味で
一般的に人の気持ちなど、
目に見えない物に用いられます。

 

以下では実際に例文を用いて、
realとtrueの違いと使い方を
解説していきます。

 

realの例文

以下のようにrealを用いると、

They are real.
「それらは、実在します。」

これは想像上のことではなく、
実際に存在することを表します。

 

また、realを用いた以下の文は、

The animal is real.
「その動物は、本物です。」

その動物が想像上のものではなく
実在することを表します。

 

trueの例文

以下のようにtrueを用いると、

What I’m saying is true.
「私が言っていることは、本当です。」

これは嘘ではなく真実である
ということを表します。

 

また、trueを用いた以下の文は、

The story is true.
「その話は、本当です。」

その話が嘘ではなく真実である
ことを表します。

 

reality・truth・factの違い

realityはrealの名詞で
実際にある・存在することを表し、

「現実」「事実」「実在」

といった意味があります。

 

以下は、realityを用いた例文です。

It will be a reality someday.
「それは、いつか現実になるでしょう。」

 

realityが「現実」や「事実」
という意味で用いられる時は、
数えられる可算名詞になるので、
この場合は冠詞のaが付きます。

 

truthはtrueの名詞形で
本当にあることを表し、

「真実」「事実」「真相」

といった意味があります。

 

以下は、truthを用いた例文です。

What he said is truth.
「彼が言ったことは、真実です。」

 

factは実際に起こったことを表し、
「事実」という意味になります。

 

以下はfactを用いた例文ですが、

He denied the fact.
「彼は、その事実を否定しました。」

彼が実際に起こったこと(事実)を
否定していることを表しています。

 

まとめ

real・true・factの意味の違いと
使い方についてを解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では「習慣」と似た意味を持つ
habit・custom・routineの違いを
例文を用いて解説していますので、
参考にして頂ければと思います。