accuracyとprecisionの違い!英語で正確さの使い方を解説

accuracyとprecisionの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは「正確さ」と似た意味を持つ
accuracyとprecisionの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

accuracyとprecisionの違い

accuracyとprecisionは共に
「正確さ」という意味ですが、
科学などで用いられる場合は
表す意味に違いがあります。

 

まず、accuracyは基準や真値から
ずれのない「正確さ」を表します。

そして、precisionは複数回行っても
ずれが少ない「精度」を表します。

accuracyとprecisionの違い

 

accuracyとprecisionの発音は、
それぞれ以下になります。

・accuracy

・precision

 

それでは、以下に例文を用いて
accuracyとprecisionの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

accuracyの例文と使い方

以下はaccuracyを用いた例文ですが、

I doubt the accuracy of the information.
「私は、その情報の正確さを疑っている。」

このaccuracyは情報の「正確さ」と
一般的な使い方になります。

 

そして、以下の例文のように、

The accuracy of the research data is wonderful.
「その研究データの精度は、素晴らしい。」

科学などで用いられる場合は、
基準や真値からずれのないという
意味での「正確さ」を表します。

 

precisionの例文と使い方

以下はprecisionを用いた例文ですが、

The precision of this machine is pretty good.
「この機械の精度は、すごく良い。」

この機械は作業を複数回行っても
ずれが少ない「精度」を持っている
ことを表します。

 

科学などで用いられる場合、

accuracyは基準や真値から
ずれのない「正確さ」を表し、

precisionは複数回行ってもずれが
少ない「精度」という意味ですが、

その他のシチュエーションでは
同じように用いることができます。

 

ただ、一般的に「正確さ」という時は、
馴染みのあるaccuracyを使っておけば
良いと思います。

科学などで用いる場合のみ、
accuracyとprecisionの使い分けを
意識するようにしましょう。

 

以下では、precisionに関連した意味を持つ、
precise・precisely・preciseness・precisionism
の意味と使い方について解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、「正確さ」「精度」と
似た意味を持つaccuracyとprecisionの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート